• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いじめや孤立は男子の視線が原因!?女子校にならう女の生き方

Date:2013.08.29

女子校のイメージと実態は違う?

女子校と言えば、どうしても女同士のドロドロとした人間関係を想像してしまう方も多いのではないでしょうか。実際、筆者も共学育ちなので女性だけの空間というのには正直苦手意識があります。

なぜ女子同士の間は、複雑な人間関係を想像してしまうのでしょう。悪口や陰口をたたくのは女子に多いというイメージがあるのがその原因のひとつ。しかし、実際は男子の間でも悪口や陰口といった他人への批判は行われます。

イメージばかりが先行していますが、実際の女子校育ちの女性は「どんなタイプの女性とも交流できる」というスキルを持っていることが多いのだそう。最近の女子校育ちの人は、ほとんどメリットしか語らないという話も出てきています。

女子校にない「ヒエラルキー」といじめ・孤立

ヒエラルキーとは、段階的組織構造のことをさします。スクールカーストという言葉でも表現されていますが、クラスの生徒の間にあるレベル分けのようなもの。誰でもその意味がお分かりになるのではないでしょうか。

女子でも男子でも、大体クラスの中でグループができており、その位置関係には大きな差があります。ルックスが良く派手で、コミュニケーション能力の高い生徒は、カーストの中でも上に位置していることが多い。

また大人しくて服装も地味な生徒はどうしてもカーストの下位になってしまう。そんな段階的な構造は昔からどんな学校にも存在したはず。

やはり、カーストの上位にいる生徒が下位の生徒を見下したり、いじめの対象とするケースは多いです。小さなクラスの中にも権力のある生徒とそうでない者がいるのです。うまく輪に入れないと孤立し、孤立することで周囲から偏見の目を持たれる。

イコール、いじめに発展してしまうというケースは非常に多いでしょう。いじめや孤立を生み出しているのは、やはりこのカーストの格付けが大きく関係していることは間違いありません。

しかし、女子校にはそんな「ヒエラルキー」が存在しないことが多いのだそう。もちろん学校によっての差はあるでしょうが、どんな生徒とも沸け隔てなく接するのが女子校出身者の特徴になりつつあるようです。その理由はなぜなのでしょう。

ヒエラルキーの原因は「異性の目」

思春期の多感な時期、自分の服装から言動、趣味にいたるまでの全てに「異性の目」が加わることは確かです。異性の目を気にすると、自分とは違うグループの女子と関わることで「同類」と思われてしまうという心配をすることがあります。

「自分をこう見せたい」「こんな自分でありたい」というこだわりは、思春期にとても強くなるもの。異性からどう思われるか、というのは模索段階なので「自分は自分を持っていれば良い」という大人な考えができないことも多いです。

すると、どうしても関わる人で自分の価値をアピールするようになってしまうのです。

女子同士の場合、カーストのトップにいる女子は地味で大人しい女子たちと話をする機会は非常に少ないです。それは、「同類だと周囲に思われては困る」からなんです。カーストトップの女子が下位層の女子に関わりを持たない限り、クラスの関係は変わっていかない。

そのため、孤立する生徒が出てくるということにも繋がります。

しかし、女子校には異性の目を気にする必要がありません。そのため女子たちはどんなジャンルの生徒とも気軽に話をすることができるのだそう。もちろんクラスの生徒の中には派手な子もいれば地味な子もいる。

オシャレや流行に敏感な女子もいれば、オタク女子も腐女子いるのです。興味があれば誰でもお互いに情報交換でき、様々な種類の生徒と交流することができる。異性の目がないというだけで、ここまで違うのかと感心してしまうばかりです。

また、同じ学校に男子がいることで「彼氏のいる女子」「いない女子」という別れ方をしないのも特徴です。女子校の場合校外に彼氏ができても、それを目の当たりにする生徒の数は少ないでしょう。

目に見える差というものが減るだけでも、女子同士のカーストに差が出にくくなると言えます。

社会に出ても、女性だけの職場は多い!

共学出身者の場合、女性ばかりの職場で息が詰まると感じることも少なくないようです。それは親しくない女性に対してのコミュニケーションの取り方が分からないためです。

学生時代に共学のカーストに縛られていた場合、ごく親しい女子の友達としか交流をしてこなかった人が多いでしょう。。筆者の場合、職場だけの関係である女性にどこまで話していいのか、どんなことに気を使ったらいいのか分からず悩んだこともあります。

しかし、女子校出身者は様々なタイプの女子と対等に交流してきたケースが多いので、職場にも応用することができます。人間関係を円滑にするための極意を、自然と身に付けているのだそう。

お嬢様、というイメージの強い女子校出身者ですが、実はたくましくて頼れる女性であるのかもしれませんね。女性受けするトークを身に付けていることからも、話しやすく好印象に感じられることも多いようです。

この記事をシェアする

関連記事