• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

超NG!ドラックストアのコスメコーナーでの迷惑行動ランキング

Date:2014.05.11

女性ならドラックストアに行くこと、多いと思います。お薬を買いに行くこともあるでしょうし、生活用品を買うこともあるでしょう。中でも格安でコスメ関係、メイク用品を買い足しに行くという女性が一番多いのではないでしょうか。

ドラックストアのコスメコーナーには、必ずと言っていいほどテスターと呼ばれるお試し用の商品が置いてあります。買う前に気に入るような商品であるかどうか確かめるためにパウダーをちょっと肌につけてみたり、チークを試してみたり。そうして試してみて、しっくりこなかった場合には買わないで別の商品を探せばいいわけですから、テスターは本当に便利ですよね。

でも、その便利さを利用しようとするあまり、知らず知らずのうちに迷惑行動をとってしまっていることがあるのです。女性なら誰しもがこの行動をとってしまう可能性がありますので、さっそく慎重にチェックしていきましょう。

迷惑行動5位・香水を片っ端から試そうとする

ドラックストアにおける迷惑行動。数ある行為の中から香水に関する行動がランクイン。

香水はテスターが必ず陳列されていますから、試しやすい商品であることは確かです。しかし、並べられているすべての香水を片っ端から自分の体に吹きかけ、香りをチェックする。これはかなりの迷惑行動です。匂いが店内に漂ってしまいますし、別のお客さんが香水やミストのテスターを試したとき、どれがどの香りだか、さっぱりわからなくなり、混乱を招きます。

でも、香水を試す人って、後から来る人のことをあまり考えず何種類もシュッシュッとしていく人が多いようで、次の人に迷惑をかけてしまうことがあるようです。

迷惑行動4位・試し用のスポンジをいくつも持って帰ろうとする

さて、ドラックストアのコスメコーナーにはメイク用品のテスターだけでなく、スポンジが置いてあることが多いです。「ご自由にお使いください」というやつですね。このスポンジは配布用ではなく、あくまでも商品を試す際に使うスポンジです。そのスポンジのすぐ横に捨てる用の箱も設置されていることが多いでしょう。

しかし、このスポンジを自宅用に持って帰ってしまう人が中にはいるのです。スポンジもただではないですし、顔に直接触れるものですからけっこうこまめに取り替えて清潔さを保たなければならないものであることは確かです。ですが、だからといって「たくさん置いてある、ラッキー」というふうに持って帰ってしまうのは、かなりのNG行為です。友人などがもしその行動を取っていたら、勇気がいるかもしれませんが注意してあげることも大事かもしれませんね。

迷惑行動3位・チークや化粧品が付着した手で別の商品に触る

これは意識しないうちにとってしまっている行動かもしれません。メイク用品をあれこれ試して汚れてしまった手で別の商品に触る…。これはかなりの迷惑行動です。

メイク用品などはただでさえ、油分も含まれていますし、何より色が付着してしまいます。そして別のものに色が付着したらなかなか取れません。気をつけましょう。ドラックストアに行くときには、ティッシュかハンドタオルを持参することをおすすめします。きちんと手を拭いてから次の商品に触れるようにしましょう。

迷惑行動2位・ずっとその商品の棚の前に陣取る

これ、大変な迷惑行動です。商品の棚の前にずっと陣取り、テスターをずっと試し続け、ほかのお客さんが通りかかっても絶対にどかない。

これはお店の側からも迷惑であることはもちろんのこと、ほかのお客さんが商品を手に取れない、という状況を生み出してしまいます。たくさんの商品が陳列されていて、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまうこともあると思いますし、そういうたくさんの商品の中から自分の気にいったものを選ぶのもドラックストアでの楽しみ方のひとつでもあります。だから夢中になる気持ちもわかりますが、常に周囲に対する意識だけは失わないようにしたいものです。

迷惑行動1位・メイクをテスターだけで済ませ、買わない

迷惑行動第一位は、これ。メイクをテスターだけで済ませて、商品を買わない。これ、本当にお店の人からすると迷惑です。

棚の前に長いこと陣取るだけではなく、テスターを大量に使い、スポンジも使いたい放題。そしてほかのお客さんからの白い目などまったく気に留めず、メイクし続ける…。そして顔を完成させる…。びっくりですよね。

でも実際に、アイライナーも店内で済ませたい、チークも店内のテスターで…という女性、いるんです。メイク用品代を節約したい気持ちはよくわかります。ひとつひとつの商品はいくら格安なものが多いといっても、全部そろえるとまとまった額になりますからね。でも、誰がどこで見ているかわかりません。今度ドラックストアに立ち寄ったら、ちょっと意識してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事