• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

噂の真相!お肌のお手入れにはコットンは使わない方が良い!?

Date:2012.11.22

ところでみなさん、化粧品を肌につける時、どうしていますか?手でつけていますか?それともコットンでつけていますか?

ちなみに今までの筆者は、洗顔の後に化粧品を使うとき、なるべく成分を肌に浸透させたいがあまり、コットンでパタパタたたきき込んでいました。

ですが、浸透どころか乾燥感があり、肌荒れも続いていたので悩んだ挙句、行きつけの美容部員さんに色々と訊いてきました。そしたら意外な回答が。

コットンは使わなくていいのでは

「それはもしかして化粧品や美容液の問題ではなく、どうやらコットンで肌に浸透させる方法をいっその事やめた方が良いのでは?」とアドバイスをいただいたのです。

そう、コットンでパタパタとたたいても肌に十分な栄養がいき渡らないので、むしろほとんど意味がないとの事。ガーン。「今までの努力は一体何だったの!」と落ち込む筆者でした。

何がそうさせたのか・・どうやら「たたく」という行為が肌に相当な負担をかけていたようです。それでは「たたく刺激」は肌にどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

柔らかいフワフワコットンとは言っても・・

どんなにフワフワなコットンでも、濡れればみな固くなります。固いものでたたく事は、肌表面に見えない小さな傷をつけてしまい、肌荒れを招きます。

傷ついた角質層から肌の潤い成分が流れ出てしまいますし、反対に外からの刺激が中に入ってくるのです。肌の敏感な人や乾燥しやすい人は、コットンはいっその事使わず、お手入れはすべて手で行いましょう。

肌ではなく、コットンが栄養を吸い取る?

化粧品を手のひらにのせると、手に化粧品の成分が吸い取られてしまうとイメージがありますが、それは誤解だったのです!むしろコットンの方が化粧品を吸ってしまいます。

正しい浸透のさせ方

化粧水や美容液、乳液は手に取った後、肌を押さえるようにしながら、手のひらや指の腹でつけていきましょう。この時に、肌を引き締めようとして、パシパシとたたきたくなるのも分かります!ですがちょっと待った!これも良くない事が判明!

たたく刺激は赤ら顔やシミの原因になるのです。また、化粧品はそっとのせるようにつけて、あとはそのまま放置します。始めはベタついていても、自然に吸収されてなじんでいきますよ。

手でつける方が時間がかかりません。化粧水から美容液まで約1分くらいで終了しちゃいます。また、コットン代もかからないし、その分ゴミも出なくなったので、お財布にも優しいし、肌にも優しいので一石二鳥です。

この記事をシェアする

関連記事