• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出産太りから-11kgを達成!元よりスリムで魅力的になる骨盤ダイエット方!

Date:2012.05.08

人生の一大イベント!出産

女性にとって人生の一大イベント、出産。この前後はライフステージが目まぐるしく変化し、それまで自分にかけられていた時間を子供にかけることが必要になったりします。

自分よりも大切な存在ができる、という変化に戸惑ったりもします。また、環境が変わるだけでなく、身体の変化も大きく、この出産前後に気を付けるか否かで、見た目年齢が大きく変わることもある大切な時期なのです。

よく、「産後は太る」と言われます。多いタイプは妊娠中に増加した体重が、産後にあまりもとに戻らない場合。あなたの周囲にも、「産後、あの人太ったなー」という人が何人かはいると思います。

しかし、その逆の人はいませんか?「あれ、あの人赤ちゃん産んだ後痩せた?」。それが出産太りさんのかげに隠れた勝者、「出産痩せさん」なのです。

妊娠中の体重増加

妊娠中には10kg以上体重が増加する人も珍しくはありません。お腹の中にもう一つの命があるのですから、当然その子の体重分と、その子のベッドである羊水の分は増えます。

しかし通常だとお腹の子は5kg以上になることはありませんし、羊水も通常は800ml以下。つまり、それ以上の増加は母体の体重増加なのです。

以前は「妊娠中はしっかり栄養を取らないと!」と、体重の増加は今ほど気にされていませんでした。しかし最近では、太りすぎは妊娠高血圧症の原因になったりするので、体重の増やしすぎは産科でも制限されます。

でも、普段よりお腹が空き、食べたくなるのが妊娠中。「きっとお腹の子が欲しがってるの♪」なんていいながら、ついつい食べ過ぎてしまいます。

妊娠中は確かにたくさんの栄養素が必要ですが、注意したいのは、吸収率が普段よりずっと高くなっている点です。つまり同じだけ食べていても、その分しっかり吸収されて太りやすくなっているのです。

妊娠中から注意すればその後がラクに

もちろん妊娠中にはお腹の赤ちゃんにしっかりと大切な栄養素を送るため、バランスのとれた食事が必要。ですが摂取カロリーはある程度制限し、妊娠中から体重増加に気を付けていると、産後体重を戻すのもぐっと楽になります。

また体型だけでなく、体重が増えすぎると妊娠線ができてしまうことも。これは一度できると痩せても完全に消すことができないので、体重を増やしすぎないこととクリームなどで保湿して防ぎましょう。

しかし、うっかり体重を増やしすぎたあなたも、痩せる方法はあります。諦める必要はありません。

母乳で痩せよう!

赤ちゃんは産後すぐ、それまでへその緒からもらっていた栄養をおっぱいやミルクからもらわなければいけなくなります。

自分の胸に顔をうずめ、小さな手をぎゅっと握りしめて一心に母乳を飲む赤ちゃんはいじらしく、授乳はとても幸せな時間。しかもそれだけでなく、母乳を与えることで早く元の身体になることができるのです。

小さな赤ちゃんが大きくなるために使う大変な量の栄養をたっぷり含んだ母乳をあげることで、身体にため込んだ余分な脂肪は抜けていきます。また、膨らみきった子宮がもとに戻るための収縮を促す作用もあります。

一般的に母乳を与えれば、バランスよく栄養素をしっかりと取っていても、ミルクで育てる場合より痩せることが多いのです。「出産痩せさん」になりたいあなたは、可能であれば母乳育児に挑戦しましょう。

人生で最高に開く!骨盤

なぜ、出産後の体重はもとに戻りにくいのか。それには骨盤の開きやゆがみが大きく関係します。骨盤が開いていると、骨なのでもちろんそれより細くはなりませんし、ゆがんでいると血流やリンパの流れが悪くなります。

また、間違った位置にある骨盤を守ろうとその周囲には脂肪が溜まりやすく、太りやすくなります。その骨盤が、女性の一生で最も開くのが、出産の瞬間。

赤ちゃんの頭が通るのですから、当然です。自然分娩の人は、必ず通る道。この開いた骨盤をどうケアするかで、「出産痩せさん」になれるか否かが決まるといっても過言ではありません。

骨盤ケア用の下着

産後はすぐに、産院にいる間からニッパーで開いた骨盤を引き締める必要があります。

そして退院後も、骨盤ケア用のガードルなどで補整を続けます。産後何週間かによって、専用の適した下着が売っているので、時期に合ったものを使いましょう。

また、妊娠中の体重の増加量によってもわかれているので、しっかり自分に合ったものを使うとより高い効果が期待できます。産後の忙しい時期に毎日使うものなので、着脱が面倒でないことも大切なポイントです。

簡単体操で骨盤ケア

下着によるケアに加え、骨盤の位置を正し、緩んだ骨盤の周りの筋肉を引き締める体操も必要になります。

簡単にできるものの中でもアキレス腱伸ばしは、骨盤の引き締めに大変効果的です。両足のつま先が真っ直ぐ前に向いていることを意識しながら、毎日気づいた時に左右10秒ずつやりましょう。

また、自宅でくつろぎながらできる矯正方法に、「寝ころぶだけ」というものもあります。床の平らな所に、枕も何も使わず大の字に寝ころんでみましょう。

身体のあちこちの筋肉が伸び、それだけでものすごく気持ちがいいと思います。しかしゆがみがある人は、そのままだと少しずつしんどくなってきます。

無理して長時間はせず、「少ししんどいかも」というところでやめましょう。5分続けられるようになると、及第点です。

このほかにも骨盤をケアできる体操はたくさんありますが、産後の身体は筋肉が弱り、傷ついています。無理せず自分にあった、できるものを毎日続けることが大切です。

下着や体操を続けてしっかりケアすれば出産前より骨盤をよい状態に引き締めることも可能です。つまり、出産前より痩せることも夢ではないのです。

産後半年までに正しいケアをすれば、少しの手間でより効果が出やすくなるので、早めに取り掛かり、きれいなママになりましょう!

この記事をシェアする

関連記事