• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「骨盤枕」2枚のタオルで、ポッコリお腹やズッシリ太ももをスリムにしてしまう方法

Date:2012.05.10

代謝の決め手は骨盤だった!

現代社会では、社内や家でも、PCやゲームの普及で前かがみの姿勢をとることが多いですね。しかし、この前かがみの姿勢を取り続けることで、骨盤が開き、内臓が下に下がり、代謝が悪くなってしまうのです。

この姿勢を正しく整えて、内臓をあげることが大切。なぜなら、内臓内の酸素や血液の循環をよくすることで、脂肪が燃えやすくなる「痩せ体質」がゲットできるからです。骨盤枕を当てて仰向けになることで、骨盤が閉まり、内臓が上がるという仕組み。

この骨盤枕。用意するものは、どこの家庭にあるバスタオル2枚。たったそれだけです。2枚を重ねて、くるくるとロールケーキのように巻きます。ビニールテープや布紐などでぐるぐる巻きに縛ります。

この時にタオルに食い込むようにしっかり縛ってください。型崩れを防ぎます。高さ(巻き口の直径)としては10cmほどが最適です。

骨盤枕ダイエットの方法とは

骨盤枕ダイエットで重要なのは、どこに骨盤枕をあてるかと寝る姿勢がポイントです。まず、骨盤枕の位置は、おへそが枕の中心にくるように、腰にあてて仰向けに寝ます。

寝る姿勢は、足を肩幅にのばして両足の親指同士をくっつけます。足がハの字になるイメージです。手は頭の上にまっすぐにのばし、手の平を床側に両手の小指同市がくっつくように。

息は止めたりしないでください。鼻呼吸で自然に続けます。この姿勢で5分。ここでなんと、平均3cmウエストがくびれるといいます。

というのは、内臓の位置が枕によって矯正されているためです。これでポッコリお腹も解消。正味たった5分です。ただし、これは一時的なもので、また元にもどります。

しかし、毎日続けることで、体が本来あるべきいい状態を覚え、代謝があがり、お通じもよくなります。こうして、「痩せやすい体」ができあがります。

ズッシリ太ももにも

夏に向かって気になる「太もも」。お風呂での、脂肪もみ出しマッサージにも精が入っていると思います。しかし、なかなか痩せにくい部分。この太ももに、てきめんに効くのが「骨盤枕」。

枕の中心がおへその中心にくるように、腰の部分にあてて、両手を横に広げます。足を肩幅にのばし、ひざを床につけたまま、片足ずつ、内側に曲げます。

曲げた状態で3分間キープしてください。太ももに効いているのが、実感できますよ。これも、継続して続けることが大切です。

ついでにヒップアップ

上手な下半身痩せができる「骨盤枕」。ヒップアップにも効果的です。方法は、今度はうつ伏せに寝ます。枕の位置は恥骨の中央に。手は重ねて顎の下においてください。

足は肩幅に開き、まず片足を曲げて、かかとを太ももに近づけます。そのまま3分ほどキープしてください。その後に足をできるだけ高くあげ、10秒キープします。もう片方の足も同様にします。たった、これを続けるだけで、ヒップアップができます。

この記事をシェアする

関連記事