• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「愛する」ことの男性と女性の考え方の違い、行動の違いを知って大人女性になる

Date:2013.03.17

男性と女性は体はもちろん、考え方も違うものです。理解できないことも多いものです。特に「愛する」ということについても男性と女性の考え方も、それに基づく行動も違ってきます。

だからケンカにもなるし、不安になったり、悲しくなったりするのですね。でもそれは仕方のないこと、男性とは考え方が違うのだからそう思うしかないのです。

女性が男性の「愛してる」の考え方を理解できないのは仕方のないことなのです。それを理解すれば焼かなくていいヤキモチも焼かずにすむかもしれません。あらぬ疑いをかけずにすむかもしれませんよ。

では、男性と女性とでは「愛する」ということに対してどのような違いがあるのでしょうか?

女性は愛の言葉を求め、男性は言葉にしない

「何で愛してるって言ってくれないの?」と彼に攻め寄ることは多いと思います。しかし男性は「愛してる」なんて言えば言うほど嘘くさくなる、と思っているのでそうそう言葉にはしません。

思いを口にして、確認して安心したいのが女性。言葉にしなくても分かってくれる、と思っているのが男性です。

何も言ってくれないのは愛していないから、ではないので安心しましょう。でも、時には彼にも愛を言葉にしてもらいましょうね。

真剣に悩むとき男性は一人で悩む

「何でそんな大切なこと黙ってたの?」と女性は怒ることがあります。自分の家族のことや人生のおける大事なことなどで悩んでいたり決断をするとき、男性は一人で悩み決断をすることが多いです。

女性は一人で悩む前にも彼に相談したり、友達に悩みを聞いてもらうことが多いですよね。男性は違います。でも、それは恋人を二の次にしているわけでも、信頼していないわけでもありません。男性だからです。

男性は自分の力で結論を導き出したいと思うもののようです。

愛していてもべったりではないのが男性

愛しているなら24時間いつも一緒にいたいもの、と思うは女性。愛していても、自分の時間や友達と会う時間は別、と考えるのが男性。

女性はどんなに仕事が忙しくても、彼のことや子どものことなどが頭から離れることはありません。しかし男性は仕事に熱中すると恋人のことも家族のことも思い出さないのです。この考え方の違いはよくケンカの原因になりますよね。

仕事で忙しいから会えない、という男性に対して、女性はいくら仕事で忙しくても少しぐらいは時間が取れるはず、と思うもの。しかし男性側からしればそんな時間もない、と考えるのです。

男性の心理の中では仕事という言い訳をして彼女に会わないのではなく、本当に仕事で時間が取れないから会えない、のです。

男性にとって仕事をして家族を養うのが愛

男性は仕事をしてお給料をもらってそのお金で家族を養います。それが旦那さんの勤めで、それを毎日していることが家族への愛だと思っています。

しかし女性は、もっと夫婦としての会話がしたい、もっと一緒に家族のことに悩んで、楽しんで暮らしたい、もっと寄り添ってほしい、と思うものです。どちらも本能でそう思っているのですから、いちいち口に出しては言いません。

旦那さまは仕方なく仕事をして家族を養っているのではなく、愛があるから家族のために働いているのです。しかし、それが奥さんに伝わっていないと熟年離婚なんてことにも。時にはお互いの愛情を確かめることも必要ですね。

一緒にいれば愛してるってこと?

女性が男性から愛されていると感じるのは、愛していると言葉で言われたり、思い切り抱きしめてくれたり、見つめてくれたり、またはプレゼントをもらったときですよね。

男性はその女性と一緒にいることが愛してることだと思っています。愛しているから一緒にいる、愛していないなら一緒にいない、というのが男性の考え方。

それでは女性は物足りませんね。でも、それが男性にとっても精一杯の愛情表現なのです。そうなのか、と理解するか、もしくはそれで満足できないのであれば、自分が満足する愛され方を彼に伝えることが必要ですよ。

この記事をシェアする

関連記事