• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新幸福論:女性だけしか作用しない幸福の遺伝子が発見された!

Date:2013.01.08

女性だけが影響を受ける新たな遺伝子が発見されたとアメリカで発表されました。その遺伝子は“幸福の遺伝子”と呼ばれています。そう、幸せを感じる女性が持っていると言われる遺伝子です。

「うそでしょ?」とつぶやく私はどうも納得がいかないのですがトピックとしては興味深い研究だなあと思いました。そもそも幸福感とはなんなのでしょうか?その遺伝子をもっていなければ幸福になれないのでしょうか?第一にこんな疑問を持っている私は幸福なのでしょうか?

アメリカで発見された女性の幸福の遺伝子MAOA

アメリカのコロンビア大学、南フロリダ大学、国立衛生研究所、ニューヨーク州精神医学研究所の最先端の研究者たちがこのたび「幸福の遺伝子」を発見したといいます。研究チームは、女性193人、男性152人の計345人のグループに対して、実験を行いました。幸福度アンケート調査と唾液のDNA調査です。

今回発見されたモノアミン酸化酵素(MAOA)が人間の脳内の幸せを感じさせる重要な働きをすることがわかりました。もちろんこの遺伝子は男性も持っているのですがどういうわけか女性しか作用しないらしいのです。

難しい話になりますがMAOA遺伝子によって脳内に分泌される快感をよぶ物質で有名なドーパミンやセロトニンを破壊する酵素を調整する役目らしいのです。また、この遺伝子を持たない人もいるらしく、また2つ持っている人もいるとか…。

ないよりあったほうがいいし、1個より2個あったほうがそりゃ気分はいいでしょうー。という回答なのです。でも、面白いことにこの遺伝子の低発現型というものを持っている女性は酒飲みになりアルコール依存症になりやすい、また反社会的行動など攻撃的になり周りの人を悩ませる存在になるらしい。

幸福の遺伝子の持っている種類によって、他人を不幸のどん底におとしいれるともとれるような研究発表に驚きました!

私なりの新幸福論

むずかしい医学的なお話でしたが、そもそも幸福感とは何だと思いますか?おいしいものを食べられる、おしゃれができる、イケメンの彼氏またはやさしい彼氏がいる、やさしい旦那と可愛い子供に囲まれて暮らしている、キャリアを持っている…、お金持ち…等々。

「もー最高の毎日!幸せ!」そんな女性がいらしたらお会いしたいぐらいです。もちろん現在、「幸せ!」と思っていらっしゃる方は多いと思います。ですが一生幸せ感だけを感じて生きている人は皆無だと思います。

あなたが今、幸せに感じていることはあなたが作りだした欲を満たしている時、それを感じることを幸福感と言っているのだと思います。ですが時がたてば次の欲が出てくるのが人間の性(さが)です。次の欲が満たされない時、あなたは不幸に感じるかもしれません。

アメリカの大学で発見された幸福の遺伝子の作用があるかもしれませんが、私はこの欲をコントロールできる人が本当の幸福感を得られるように思えます。自分が成長した時、はじめて本当の幸福感が身につくのだと思います。そしてその時幸福感を得たときには感謝の言葉しか出ないはずです。

この記事をシェアする

関連記事