• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋は積極的にしよう!女性らしい言葉や仕草で好意を伝える方法

Date:2014.09.20

職場やコンビニなどで出逢った男性に片想い中の方は居ませんか?「好き」と伝えたい気持ちがあっても恥ずかしさや緊張などで、なかなか想いを口にすることが難しいのではないでしょうか。

そんな時には、「好き」とは言わずに女性らしい言動で好意を伝えることをお勧めします。今回は、女性らしい言葉や仕草で好きな人に好意を伝える方法を6つご紹介します。

1 好きな人を優しく見つめて好意を伝える

好きな人に想いを伝える方法は、言葉以外にもあります。それは、目を使うことです。目を使うと言っても眼力で相手を自分に惚れさせるというような方法ではなく、優しい視線を送ることです。

目が合った時に優しい表情を浮かべていれば、相手に好意が伝わりやすくなりますから、『僕に何か用?』と話しかけてもらえるかもしれません。「無意識で見ていました」と意味深な返事で好きな人にもあなたを意識させてみてはいかがでしょうか。

ただし、ストーカーのように張り付いて四六時中見ていると怖がられますので、相手に不快感を与えない程度に見ることをお勧めします。

2 好きな人と居る時は常に笑顔で好意を伝える

好きな人が近くに居る時には笑顔で好意を伝える方法もあります。好きな人の近くですから緊張してしまうかもしれませんが、緊張した時には真顔になりやすいので不機嫌な印象を与えるので注意しましょう。

好きな人の視界に笑顔で楽しげに過ごすあなたが入れば、「この子はいつも笑顔で可愛いな」と意識してもらえるようになるかもしれません。直接話す機会があれば、「○○さんのお話っていつも面白いですね。すごく楽しいです」と笑顔で褒めてみてはいかがでしょうか。

3 悩みを打ち明けて好意を伝える

何か悩みがある場合は、好きな人に打ち明けて好意を伝えるという方法もあります。例えば、会社でのミスや家族の問題など困ったことや悩んでいることを好きな人に打ち明ければ、秘密の共有によって心が近づきやすくなります。

片想い中であまり話したことがない相手の場合は、二人きりで話す良いきっかけになるでしょう。また、「こんなこと話せる人は○○さんしか居ません」と頼ることで好意を伝えることにもなります。

打ち明けた後は、「○○さんに聞いてもらっただけで楽になりました」とお礼を言うことも忘ないようにしましょう。

4 困っている時にはすぐに駆け寄って好意を伝える

好きな人に好意を伝えたい時には、困っている時にすぐに駆け寄るという方法もあります。一緒に働いている場合は、書類を落としたときに一緒に拾ってあげる、忙しそうな時にお茶を淹れて「手伝えることはないですか?」と聞いて好きな人を手助けしましょう。

コンビニ店員や美容師、宅配業者など困っている機会に出くわすことがない相手の場合は、服についているごみを取ってあげる、「いつもありがとうございます」と労をねぎらって差し入れするなどして好意を伝えてみてはいかがでしょうか。

5 前に聞いた話を会話に盛り込んで好意を伝える

好きな人に意識していて好意を持っているということを伝える場合には、過去の言葉を利用する方法もあります。会話の中で、好きな人が言った過去の言葉を使って、「あなたの話す言葉はしっかり覚えていますよ」と伝えるのです。

好きな食べ物やどこかへ出かけた話など何でも構いません。

「以前○○さんがお勧めしてくれたショッピングモールへ行ってみたらすごく楽しかったです」、「○○さん、以前チョコ好きって言っていましたよね。最近ハマっているお勧めチョコありますか?」というように過去に好きな人が話したことを引用するのです。

そうすることで、「僕の話をちゃんと聞いてくれているんだ。もしかして、意識しているのかな?」と相手に好意を伝えることができるかもしれません。

6 機会があれば傍に寄り添って好意を伝える

好きな人が居る時には傍に寄り添って好意を伝える方法もお勧めです。食事会や飲み会の時には真正面か真横に座って、料理を取り分ける、グラスが空になる前に注文するなど気配りをして好きな人に好意を伝えるのです。

好きな人が男友達や同僚ではない場合には、接するときになるべく近づいて徐々に距離を縮めることをお勧めします。近くに居ることが当たり前になれば、好意に気づくだけではなく居ない時間に寂しさを感じてくれるのではないでしょうか。

あなたなりの方法で好意を伝えて

ご紹介した方法以外に、物を贈ることも好意を伝える一つです。好きな人の誕生日やバレンタインデー、クリスマスなどにイベントを利用して、お菓子やお酒などの好物をプレゼントしてみましょう。

手渡す時に勇気がいるでしょうが、ハートのカードを同封すれば告白しなくても好意を伝えることができるでしょう。

片想いから両想いにするためには行動を起こすことがポイントですから、あなたなりの方法で好きな人へアプローチして好意を伝えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事