• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼の両親と食事をする前に知っておきたい好印象の食事マナー

Date:2015.07.18

shutterstock_86431750 - コピー

初めて彼の両親と食事に行くことになったのはいいけど、初めてだから緊張する…でも好印象に思われたいですよね!だって自分の大好きな彼の両親ですから。

食事に行った後に「あの子は食事のマナーがなっていない!お下品だわ!」なんて彼の両親に思われたらショックですよね…

そうならないためにも、彼の両親と食事に行く前にまず「どうしたら好印象の食事マナーなのか」を知っておくことが必要です。

彼の両親と、どこで食べるにしても気をつけること!

高級レストラン、アットホームなお店、居酒屋、彼の両親の家など、どこで食事をするにしても共通している「食事のマナー」があります。

この共通している食事のマナーは、食事の食べ方のマナーのことではなくて食事に行くときのマナーです。まずはここからきっちりと押さえておきましょう。

ミニスカートや派手な服装で行かない

友達同士の食事会ではないので、ミニスカートや派手な服装を着ていくのはやめましょう。

例えばお座敷の飲食店にミニスカートで来られたら、彼の両親はとっても嫌がるでしょうし軽い女性にどうしても見られてしまいますし、派手な服装だと、落ち着きのない女性だとも思われてしまいます。

服装で彼の両親からの印象を自分で下げてしまうことは悲しいことです。第一印象はとても重要なので派手な服装やミニスカートが好きな女性は、友達同士のときまで我慢してください。

だからといって、すごいカッチリとした服装だと動きづらいので普段着ているストレッチ素材の服で、露出が少ない格好がベストです。

裸足は避けてストッキングなどを履いててください。そしてジーンズとかジャージなどはやめてくださいね!

食事なんですから香水はNGです!

最近は香水を常につけている女性も多いとは思いますが、食事に行くのに香水をつけていくことはマナー違反です。

香水の香りは人によって良い香り、そうでない香りとハッキリわかれますし何よりも食事の香りを邪魔してしまいます。

せっかく美味しい食事を食べたいのにもかかわらず、香水の香りが邪魔をしてしまい台無しに。彼の両親だけではなくお店にも失礼です。

スマホばかりをいじらない!

急用の電話は仕方ありませんので、一言彼の両親に伝えてから外に出て対応してください。

それ以外にカメラをカシャカシャと撮影したり、彼の両親が話しているのにスマホをいじっていたりすることは行儀が悪いし一緒にいる彼の両親や彼に失礼です。

スマホをいじることに専念するのではなく、彼の両親との会話に専念してください。そうすることで緊張はしますが彼の両親は何が好きでどういう人なのかなどを知ることができて後々自分自身が対応しやすくもなります。

食事が終わった後に一緒に食事をした思い出として彼の両親が承諾をしてくれた場合は、みんなで写真を1枚撮影することはいいですが、料理が出る度にスマホで写真撮ってブログなどにアップするなどは控えましょう。

意外と見ている!座り方

座敷の場合はやはり正座で座るように心がけましょう。正座は足がしびれますが、背筋を伸ばして重心を軽く前にして座ると足がしびれにくくなります。

イスの場合は、足を組んでしまいがちですがここは我慢。なるべく足は組まず、両足をそろえて両足の裏は床につけておきましょう。

足を組んで座ることは骨盤のゆがみにも繋がりますし食事中にはふさわしくありません。そして座っているときに足が思いっきり開いているとみっともないので普段から気をつけるようにしましょう。

声が極端に小さい、大きい

声が小さいと、彼の両親は何を言っているのかがわかりません。でも声が大きすぎると彼の両親は恥ずかしい思いをしてしまいます。

緊張していても自分が話すときは相手に伝わるようにハッキリと喋りつつ、笑うときなどは大声にならないようにボリュームを少し落としましょう。

食べるときに気をつけたい最低限の食事マナー

次は食事を食べるときに気をつけたい食事マナーについてですが、どこで食事するかでマナーは変わっていきます。例えばフレンチレストランなのか、イタリアンなのか和食なのか…

なので今回は彼の両親と食事をするのならば、こういう食べ方はしない方が良い、こういう食べ方をしたほうが好印象など最低限のことは知っておきましょう。

大皿料理の時は取り分けましょう

大皿で料理が提供されたとき、店員さんがやってくれたらそのままやってもらえばいいのですが、自分たちで取り分けなければいけない時は彼の両親と彼に取り分けてあげましょう。

この時自分の使っているお箸をさかさまにして取り分けることはやってはいけません。新しいお箸をもらうなど、取り分ける専用のお箸を一膳置いておくのも便利です。

クチャクチャと口を開けて食べない

彼の両親だけではなく、彼にも嫌われてしまう食べ方ですね!口を閉じで食べ物を噛みましょう。

それだけではなく口に食べ物が入っているときはなるべく喋らないようにしましょう。そのためには一気に食べ物を口に入れるのではなく、いつ話しかけられても答えれるように少しづつ口に入れていきましょう。

いただきます、ごちそうさまでしたは必ず言う!

食事がスタートするときには必ずいただきますと言い、食べ終わったときはごちそうさまでしたといってください。

彼の両親はこういうところをしっかりと見ています。

肘をついて食べない

ついつい楽だから肘をついて食べてしまう女性も多いと思いますが、これは行儀が悪いことなので普段から気をつけることが必要です。

お箸やフォークなどを持っていない手がどこにあるのかがポイントになります。肘をつくのではなくお皿を持ったりして食べたり、食べていない時は膝の上に手を添えておくなどしてください。

特に行儀に関して厳しい彼の両親でしたら、食べ方は必ずと言っていいほど見ます。

お箸の持ち方は最低限覚えておく

お箸を上手に持てない女性が増えてきています。その中でしっかりとお箸が上手に持てることによって、それだけで彼の両親からの印象が良かったりします。

フレンチやイタリアンの食べ方が分からなくても、その場で素直に教えてくださいと言っても恥ずかしいことではありませんが、お箸はそうとも言えません。今のうちに正しい持ち方を練習しておきましょう。

彼の両親は息子の彼女がどんな人か興味津々!

shutterstock_248930812 - コピー
自分の息子ですから、彼女がどんな女性なのか最初の食事のときは興味津々なんです。だからこそ第一印象がとても大事なんです。

「この女性なら息子を支えてくれそうだわ」と安心感、信頼関係が彼の両親は欲しいと思っています。その安心感を得るためには最低限のマナーを見て判断している部分もあります。

しっかりしている女性か、だらしない女性かで選ぶのならばもちろんしっかりしている女性と一緒になってほしいと彼の両親の立場なら思います。

彼の両親と仲良く、楽しい会話が食事中にできる関係にまで発展したら、女性側もストレスを感じることなく居心地の良い場所にもなりますので、最低限の食事マナーには気をつけましょうね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント