• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

効果が実感できない人向け!効果が得られるスキンケア法

Date:2016.01.02

悩む女性

毎日スキンケアをしても、思ったような効果を感じることができないことがあります。その都度、スキンケアを新しく変えている女性もいるのではないでしょうか。

スキンケアは、正しい使い方や効果を得る方法を知ると、誰でもしっかりとした効果を感じることができます。

効果をしっかりと感じることができるスキンケア法や、スキンケア法で間違っていることについて調べてみました。

高いスキンケア商品を買ったのに効果がない

今や、アンチエイジングや美白といった効果のあるスキンケア商品がたくさん販売されています。

そういうスキンケアを使っている女性も増えている人も多いようですが、「せっかく高いスキンケア商品を買って使っているのに、思ったような効果が感じられない」ということはありませんか?

高いスキンケア商品は、すぐに効果を感じることができると思ってしまいますが、肌が生まれ変わるには約4週間かかると言われています。

今使っているスキンケア商品が自分に合っているのか、効果を得ることはできるのかを判断するには、最低でも4週間は使わないと分かりません。

しかし多くの人が、1週間程度使って効果を判断し、途中でスキンケアを切り替えてしまうようです。高いから即効性があるわけではなく、どのスキンケアも4週間使ってから買い換えるかどうかを判断するようにしましょう。

オールインワンゲルを使っているのに肌が潤わない

手軽にスキンケアができると人気のオールインワンゲル。塗った時は肌が潤ったような感じがしても、時間が経ったら肌が元に戻ったように感じるという人もいるようです。オールインワンゲルには次のようなスキンケア効果があります。

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液

このようなスキンケア効果はあるのですが、オールインワンゲルに含まれる油分は極少量のものがほとんどで、乳液と全く同じ効果を得ることは難しいようです。

若い世代は皮脂の分泌が正常に行われているので、オールインワンゲルだけの油分でも十分に肌を潤して保護することができます。

しかし、乾燥肌の人や30代を過ぎた人は皮脂分泌が足りないこともあるので、オールインワンゲルだけでは油分が足りないと感じることもあります。

オールインワンゲルを使う場合、その後に乳液やクリームといった油分の強いものを使って肌を保護してあげる必要があります。

くすみや小じわはを解消したいけれどエイジングケア商品がない

くすみや小じわといった肌トラブルが出てくると、どうしても「エイジングケアしないと」と思い、いろいろなスキンケア商品を使ったり高価なものを使うという人がいます。

小じわの多くは乾燥から来るものが多く、保湿をしたらほとんどが解消されます。くすみも肌の水分量が足りずに起こることが多いので、これもいろんな美容成分をつける前にまずは保湿をしてあげるのが大事です。

肌トラブルが出たから、いろんなものをつけるのではなく、まずは化粧水と乳液でしっかりとスキンケアをしてあげましょう。

それでも乾燥する場所やしわが気になる場合は補足的に部分ケアをしてあげるだけでケアは十分です。化粧水と乳液は同じラインのものを使うのもポイントです。

肌が乾燥している時、化粧水をつけても潤わない

スキンケアの基本といえば、保湿です。肌が乾燥している時はこまめに化粧水をつけて保湿をするのが1番効果的とされています。しかし肌の状態によっては、この方法があまり良くない場合もあります。

肌が乾燥しすぎると、化粧水を付けた時に肌がヒリヒリして真っ赤になることがあります。こういう肌状態の場合、化粧水をつけても浸透せず、顔の表面で乾いてしまい更に肌が乾燥するという場合もあります。

こういう時のスキンケアは化粧水は付けず、乳液とクリームで肌をしっかりと油分で保護することが大事です。乳液は普段使っているもので、クリームや油分の高いものを選ぶと肌を外的刺激からも保護してくれます。

  • 馬油
  • ワセリン

こういうものは刺激も弱いですし、油分が高いので肌に馴染んで皮膚を柔らかくしてくれます。肌が柔らかくなれば化粧水をつけてもヒリヒリすることもなくなるので、まずは乳液とクリームを使って肌に油分を与えるところから始めましょう。

まつ毛美容液を使っているがあまり変化がない

今、自まつ毛を育ててメイクに活かすという女性が増えています。そのため、まつげ用美容液も数多く販売されるようになりました。

でも中にはまつ毛美容液を使っているのに、まつ毛に変化がないという人もいるようです。まつ毛美容液には2種類あります。

  • まつ毛に塗ってコシやハリを与えてくれるもの
  • まつ毛の育成を促すもの

この2つ、全く違うものになっています。コシやハリを与えてくれる美容液はまつ毛に塗るもので、生え際に塗って薬剤が目に入るとトラブルに繋がります。

育成を促すものは、生え際に塗ってまつ毛を育てるようになっています。この違いを分かって使わないと効果を感じることはできません。

毛穴美容液を使っても引き締まったような感じがしない

毛穴ケアのために毛穴美容液を使っている女性も多いのではないでしょうか。この美容液、多くの人が夜のスキンケアで使っていると思いますが、実は使うタイミングで効果が変わると言われています。

毛穴美容液は毛穴詰まりを防いで、毛穴に潤いを与えてくれます。それで毛穴が一時的に収縮することで毛穴が目立たなくなるというものです。

これを夜のスキンケアだけで行うと、寝ている間は毛穴が収縮するけれど朝のメイクの時にはまた毛穴が広がってしまうことがあります。日中、毛穴を目立たなくさせたい場合は、朝のスキンケアに毛穴美容液を使うのが効果的です。

シートパックを使っても思ったような潤い肌にならない

スキンケアの定番となりつつあるシートパック。とても便利なものですが、乾燥する季節は使い方に気をつけなければいけません。

シートパックの場合、肌にのせて乾き始めると同時に肌の水分も一緒に取ってしまうことがあります。これでは、せっかくシートパックをしても意味がありません。

乾燥する季節は、シートパックをする時にパックが乾燥しないようにする必要があります。パックをのせた後、サランラップや100円ショップで売られているシートパックの乾燥を予防するフェイスマスクをつけてあげるようにしましょう。

そうするとパックの乾燥も予防できますし、パックが肌に密着するので普通にパックをするよりも効果はアップします。

スキンケアの効果を最大に引き出して、綺麗な肌を目指そう

日頃しているスキンケア、効果が感じられない場合はどこか間違った使い方をしている場合があります。

まずは自分の肌状態を把握し、今行っているスキンケアが本当に自分の肌に合っているか見極めましょう。ちょっとした間違いでも効果は全く変わります。正しい使い方を知って、綺麗な肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント