• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう後悔したくない!彼氏と別れるか迷った時のチェックポイント5つ

Date:2014.01.09

出会いがあれば、別れも付き物なのが、恋愛の難しいところです。長年付き合った彼氏と「別れようかな」と、心に迷いがでるときもあるでしょう。

つらい恋愛を続けるくらいなら、きっぱり別れてしまった方がお互いのため、というケースも多々ありますが、一時の気の迷いで別れを選択してしまうと、後々後悔しないとも限りません。

今回は、「もう後悔したくない!彼氏と別れるか迷った時のチェックポイント5つ」をご紹介します。

彼と本当に別れていいのか、自分の気持ちを整理したいという方、過去に彼氏とお別れしてから、後悔した経験があるという方は、ぜひチェックしてほしい内容です。

1 まずは自分の心の声と向き合ってみる

彼との別れに踏み切る前に、まずは自分の気持ちと真っ正面から向き合う勇気が必要です。

彼と別れたいと考え始めた原因はどこにあるのか、自分が悪いのか彼が悪いのか、一時の気まぐれやマンネリから、そう感じているのではないか、など、自分の心の声に耳を傾けてみるといいでしょう。

少しでも「でも彼のここは好き」「彼がいなくなったらいやかもしれない」という気持ちが浮かんでくるようなら、別れを選べばきっと後悔するはず。

このプロセスを飛ばしてしまうと、何が原因で別れたのか、はっきりしなくて、次の恋愛でも同じ別れ方を繰り返してしまうリスクも。次の恋愛を成功させるためにも、避けては通れない工程です。

2 彼との幸せな未来は想像できるか?

彼のことがどんなに好きでも、2人の幸せな未来が想像できないようなら、一緒にいても意味がないと思います。

10代のお付き合いなら、ただ「好き」という気持ちだけで押し進めることもできるかと思いますが、私たちの年代になると、どうしてもお付き合いの先に結婚を考えてしまいますよね。

自分の努力だけではなんともならない、明確な不安要素が浮かぶなら、思い切って別れを選んだ方が幸せ、というケースも多々あります。

ここでも重要なのは、具体的な理由を見つけること、「なんとなく不安」というだけでは、相手も納得しない上、自分の中でも「これで良かったのか」という疑問が残ってしまいます。

自分の将来を決めるのは、自分自身、別れを見極めるときには、「彼と一緒にいた場合の将来的なメリットは」など、ある程度ドライな考え方も必要であると心得ましょう。

3 周囲の意見に流されて別れたいわけではないか?

友達から「あんな彼氏やめておきなよ」「もっとふさわしい人がいるんじゃない」など、交際に対してマイナスの意見を言われていると、「確かにそうかもしれない」と、洗脳されていくケースがあります。

自分の心の奥では「別れたくない」と思っているのに、友達の意見を気にして別れると、後々取り返しのつかない事態にもなりかねません。

迷ったときに、周囲の人に相談をしてみることも大切ですが、最終的な決定権は自分自身が持つべきもの、人に将来を決めてもらうなんて、受動的な生き方では幸せはつかめません。

友達の助言は、参考程度に受け止めつつも、最後は必ず自分の頭で判断する、主体性を持つべきであると考えてください。

4 彼に対してプラスとマイナス、どちらの感情が多いか考える

「別れたい」と思い始めた理由が、彼の言動にあるのなら、彼に対して「プラスの気持ち」「マイナスの気持ち」どちらが多いのか考えましょう。分かりやすい方法だと、好きなところ、嫌いなところを、それぞれ紙に書き出してみること。

好きなところの方がたくさん挙げられるようならば、プラスの感情が勝っている状態、嫌いなところの方が多い場合は、マイナスが勝っている状態です。

好きなところを1つも挙げられないようなら、彼に対してもう愛情がない状態、ここまで来ると別れを選んでも後悔することはないでしょう。

注意してほしいのが、書き出すときに、相手を減点法で見ない事、どんな人にもわるい所といい所があるものです。マイナスにばかり、気を取られると、彼とお別れしたい気持ちが強まるばかりで、あまりいい影響はありません。

プラスの気持ちを書いていくと、「やっぱり私、彼とお別れしたくないかも」と思う方も多いよう。手軽にできる、彼への気持ちの評価方法、迷ったときには、ぜひ実践してほしいテストです。

5 彼が他の女性とつきあったらどうか考えてみる

自分が彼と別れるということは、彼が他の女性と付き合うことを許可するということ、新しい彼女ができた彼の様子を想像してみて、どう感じるか確かめましょう。

なんだかもやもやした気持ちになったら要注意で、心の奥にはまだ彼を独占したい気持ちが残っている証拠だと思います。

「少しさみしい」程度の感情を持つのは当然のことですが、嫉妬の気持ちが生まれるようだと、別れた後に彼に新しい彼女ができたと知ったら、つらい想いをしてしまうかも。

海に放した魚を、自分の手中に戻すのは大変なこと、「あんな女にとられるのなら、別れなければ良かった」なんてことがないように、彼への未練の気持ちがないか、事前にしっかり見極めることが重要でしょう。

別れは新しい生活をスタートするチャンスと考えよう!

いろいろと述べてきましたが、「別れ」を悲観的にとらえるのではなく、前向きに新しい生活のスタートと考える気持ちも大切です。彼との別れを迷ったときには、別れた後に自分がしたいこと、挑戦したいことを考えてみるといいと思います。

難しいことばかり考えて、頭の中が堂々巡りになってしまってもつらいだけ、1人になったときの生活に明るい未来を見いだせるようであれば、別れも大きなチャンスになります。

自立した女性は美しい!彼のいる生活だけにとらわれず、1人でも多くの方が、前向きに自分のための人生を歩んでいけるよう、応援しています。

この記事をシェアする

関連記事