• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

より効果的な入浴方法!目的別に見る入浴レシピ集

Date:2012.12.01

あなたの悩みや目的に合わせて、お湯の温度や全身浴や半身浴にするかを変えれば、より効果的なバスタイムが可能になります。ここでは目的別の入浴レシピをご紹介します。

ストレスを解消したい時は

ストレスを感じている時には、リラックスしやすく体に負担が少ない半身浴をしましょう。好きな香りの入浴剤を使うのも効果的です。また、ぬるめのお湯の半身浴の方が、ストレスがより減少するといったデータも確認されています。

ストレスで寝付きが悪い方は入るタイミングも大切です。人は温度が下がり始めると眠くなります。入浴をすると一時的に体温が上がるので、寝る1時間前までには入浴をするのが理想的です。

美肌になりたい時は

実はお風呂につかる事自体、美肌効果があるのです!

2週間浴槽入浴と、シャワーだけの人の肌の状態を比較した調査では、浴槽入浴を続けた人の肌の水分量が増加している事が判明したのです。弾力やキメの状態もすこぶる良くなる事も分かったのです。

これは、全身の血行が促進される事で、肌のすみずみまで栄養が行きわたりやすくなったのが理由だとか。なるほど納得です!美肌にも良い浴槽入浴!シャワーで毎日済ませていたらソンしますよ!

むくんだ脚をどうにかしたい時は

仕事後って脚がパンパンになっている事が多い筆者です。

脚のむくみは長時間立ちっぱなしだったり、逆に座りっぱなしで体をほとんど動かさなかったした為に、脚に流れた血液が心臓に戻らずに、滞ってしまうのが原因とされています。ですのでお風呂で温まることにより、血行が促進されるので、一石二鳥です!

1日を元気にスタートしたい時は

朝風呂の時のレシピです。目覚めの効果を最大限に引き上げたいですよね!その為にも朝のシャワーは効果的です。オススメは41℃~42℃くらいの熱めのお湯です。

シャワーの水流の刺激と相まって交感神経の働きが活発になる為、すっきりと爽快な目覚めになります。実はこれ、シャワーはコーヒーに比べても、目覚め効果が高いという結果が。驚きです!

朝だけでもシャキッと気分転換したい時にもオススメです。そういえば筆者の尊敬する職場の先輩は朝にシャワーを浴びていると言っていました。

仕事もデキルし、眠そうにしている姿を実は4年目にして1度も見たことがないのです。もしかしたら朝シャワーの効果なのではと納得した筆者であります。

つらい冷え性をケアしたい時は

血行を良くするのが冷え性の対策の基本です。お風呂で体を温める習慣をつけることは、冷えの解消に最も効果的なのです。体を芯から温めてほぐす為には、20分を目安に半身浴をしましょう。

それには浴室の温度も大切です。浴室が寒いと、血流量が上がりにくくなります。寒い季節は浴室暖房がオススメですが、ない場合はバスタブに向けてシャワーを給湯し、浴室を温めましょう!

つらい肩こりを何とかしたい時には

温めて血行を良くすれば、肩こりは緩和されます。その場合は、全身浴で肩までお湯につかる方が、直接温められるのでより効果的です。温度は40℃くらいで10分を目安にしましょう。

熱いお風呂や全身浴が苦手な人は、半身浴した後で、熱めのシャワーを肩に当てる方法もあります。

この記事をシェアする

関連記事