• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏にデート場所のおねだり?アメリカの高級仕様の映画館に行ってみた!

Date:2013.11.15

みなさん、彼氏とのデートはどこへ行きますか?デート場所に必ず候補にあがる先は映画館です。映画はよくても肝心なデート先の映画館がゴミだらけ、または30分も座っているとお尻が痛くなる…となっては幻滅!

映画館内は上映時間と共に暗くなりますが、劇場自体がどんより暗ーい感じでしたらデートには興ざめですよね!

http://gyao.yahoo.co.jp/player/03000/v00054/v0000000000000001198/?list_id=1958638

日本ではアメリカからのシネコン式映画館が今ではたくさんあり、昔の汚い映画館というイメージから払拭した感はありますが、実はアメリカでは綺麗な映画館を通り越して高級感漂うラグジュアリー・シネマ・シアターが軒並み建ちはじめています。

今回はそのひとつのCinepolis(シネポリス)に潜入取材してきましたのでご覧ください。

今までにない映画館がアメリカに登場!

アメリカでもデートに映画はつきものです。ですがどこへ行っても同じ形の映画館、シネコンタイプなので女性としてはマンネリ感満載だと思います。

そこへ初めてのデートで彼氏がこんな映画館に連れて行ってくれたらいいなと思える、デート気分が一気に盛り上がること確実の映画館があることを知りました。

なんと映画館のシートが飛行機のファーストクラスのシート並みの居心地の良さ、そしてワインやアパタイザーなどのおつまみをオーダーすると、席まで持ってきてくれるという至れり尽くせりのサービス。これは今までにない映画館の形を作っているのだなと感じます。

※シネコン(シネマコンプレックス)とは複合型映画館の意味で、1つの建物の中に複数の映画が上映できる劇場がある映画館のこと。

Cinepolis LUXURY CINEMAS(シネポリス・ラグジュアリーシネマズ)の正面

高級映画館は実はメキシコ産

Cinepolis(シネポリス)はもともとメキシコ最大の映画館チェーン。1999年に初めてラグジュアリー・シネマ・シアター(高級仕様の映画館)をオープンさせました。

南米をメインに今ではグアテマラ、エルサルバドル、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ブラジル、ペルー、インドに230カ所以上の劇場、3000スクリーン、13,000人以上の従業人をかかえる映画館、大興行会社です。

それが2~3年前に意外なことにやっと映画の国アメリカに進出してきました(まずはメキシコと隣接しているサンディエゴに高級映画館をオープンさせました)。

今回、米国に進出した記念すべき第1号劇場の取材をしにさっそく行ってきましたので、セレブ気分を一緒に味わってみてください。

ラグジュアリーシネマ シネポリスへ行ってきました!

サンディエゴのデルマーという町に第1号のラグジュアリーシネマ映画館があります。ファッショナブルなモールの中の一画にあるこの映画館はおしゃれに敏感な女性にとって注目のスポットとなりました。

映画館に入るとすぐにロビーラウンジですが、おしゃなBARとCAFEが仕切りなしで通じています。映画を見なくてもここに立ち寄ることができます。

映画を見る前に彼とワイングラスを傾けるもよし!ワインやカクテルなどのアルコールの種類の多さにびっくりです!

CAFEカウンターの所には映画館おなじみのポップコーンが売られています(この映画館のお勧め品らしいです!)

通常の塩味、バター味、そしてスパイシーなチリ味、キャラメル味、そしてグルメポップコーンとしてブラック&ホワイトチョコ味、シナモンロール味があります。

チケットを購入する時もユニーク、大型スマートフォン画面が目の前に現れた感じです。

画面をタッチして上映している見たい映画を選択、席もどこがいいのか座席図を見ながら買うことができます(ロビーにはチケット販売ブースはちゃんとありますので機械が苦手な人は安心して下さい)。

映画館の中にある革張りのシートがロビーにありましたので座ってみました。写真向かって左側にはいろんなスイッチがありました。

このスイッチは食事やドリンクのオーダーをする時に係の人を呼び出すボタンです。

席の真横にはリクライニング式のボタンです。これを押すと後ろにシートが倒れます。

シートが倒れたところ。気持ちよすぎる!!

映画館の中です。2人ずつ座る感じですのでデートにぴったりです。

高級映画館の料金は?

気になる値段ですが基本は平日では大人17ドル50セント(約1,660円)。子供&シニア15ドル50セント(約1,470円)。土日はすべて19ドル50セント(約1,850円)均一。

3D映画の場合はこの料金に3ドル(約280円)追加となる そうです。通常のアメリカの映画館は7~8ドルぐらいなので高めの料金設定となっています。

日本でもシネポリスのような映画館が登場しているようで、東京・新宿の新宿ピカデリーの高級アベック席プラチナルームが2人で3万円なんていうのも登場して5年も経っているそうですね。

日本でも探してみると、このように差別化を図るための工夫がなされていると聞きます。高級仕様映画館は探せばあるということですね!

私の場合はリクライニング式のシートにワインを飲みながら映画鑑賞なんてしたら爆睡してしまいそうで怖くてできません(笑)。でも一度は経験してみたい気持ちもあります。みなさん、是非彼氏にせがんで行ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事