• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

口内炎はストレスがたまっている証拠?口内炎の治療方法と予防法

Date:2012.10.15

口の中にポツンとできる口内炎。食べ物はしみるし、口の中を動かすと痛いし、けっこうなストレスですよね。でも、口の中だけになかなか治らないし、いろんな薬を塗ることもできません。そんな口内炎を早く改善する方法と予防法につい紹介しましょう。

また、口内炎は疲れているかな?というときにできやすいものでもありますね。ストレスが原因とも言われることもあります。口内炎ができたときは体からのSOSだと思って、休息を取り体をいたわってあげることが大切ですよ。

口内炎の原因とは?

口内炎の原因もさまざまですが、一つは胃や腸が悪いことの現れです。胃腸が荒れていると、口の中の粘膜にも異常が出るそうです。疲労が原因というのもよく言われることですね。疲れがたまって体力が低下したり、不規則な生活や偏った食生活をしていると、口内炎ができやすくなります。

さらにストレスも口内炎の引き金になるのです。また、食べ物を噛んでいるときに、誤って口の中を噛んでしまったり、傷つけてしまうことがありますね。その傷がそのまま口内炎になってしまうこともあります。

口内炎を薬で治す

口内炎は痛いのを我慢していると1~2週間で治りますね。それを早く治すには病院に行って薬をもらうことです。塗り薬や内服液をもらうことができます。塗り薬は薬局でも売っています。

内服液はビタミンBが配合されたものです。口内炎予防にはチョコラBB、というのも一般的ですね。また、殺菌作用のあるうがい薬もあります。

休養する

口内炎ができたら、しっかりと体を休めることも大切です。疲労は口の中を乾燥させ、雑菌を増やし、口内炎を悪化させてしまいます。
口の中を清潔に保つことも、口内炎を早く治す方法です。

殺菌作用のあるうがい薬でうがいをし、歯磨きをこまめにして、口の中を乾燥させないようにしましょう。そして、睡眠を十分にとり、体を休めることが必要です。

口内炎に蜂蜜は本当に効く?

口内炎ができたら蜂蜜を塗ればいい、と言われていますね。蜂蜜には殺菌・消炎作用があるので、口内炎を鎮めてくれる働きがあるのです。さらに蜂蜜には栄養素がたくさん含まれています。疲労回復に効くと言われるのはそのためです。

蜂蜜は体内への吸収も早いので、効き目も早いのです。口内炎になったら蜂蜜を塗るのも、早く治す方法の一つですよ。

口内炎になってしまったら?

口内炎になったら、うがいをこまめにするようにしましょう。さらに、刺激物を食べないようにする、たばこやアルコールも控え、睡眠を十分にとり、体をゆっくりと休めるようにしましょう。

口内炎の予防方法は?

口内炎をできないようにするには、まず一つは口の中を清潔に保つことです。こまめに歯磨きをして、口の中を清潔にするとともに、乾燥させないことが大切。

また、規則正しい生活をすること。早寝早起きを心がけ、睡眠不足にならないようにしましょう。その日の疲れはその日のうちにとるように、入浴やストレッチなどをしっかりとして、体に疲れをためないようにすることが大事です。

さらに、ストレスも口内炎の原因になります。ストレスがたまらないように、休息をとりストレスを発散できる時間を取りましょう。

ビタミン不足にならないようにする

口内炎がビタミン不足からできるというのはよく知られていますね。ビタミン不足にならないためには、ビタミンBを多く含むホウレンソウや小松菜、うなぎ、レバー、納豆、アボカド、さらに、春菊やパセリ、ニラなどビタミンAを多く含む食べ物は、粘膜を健康にする働きがあります。

これらの食べ物を積極的に食べるようにしましょう。もし、食べ物で足りないようなら、サプリメントで補うようにするといいですよ。

この記事をシェアする

関連記事