• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

更年期前の「プレ更年期」を迎えるために気を付けたいこと

Date:2013.07.08

40代後半から始まると言われている更年期、この更年期の前に実は“プレ更年期”というものがあるそうです。

このプレ更年期、症状はほぼ更年期障害と同じものなのですが、本来の更年期障害より早めに来ることでプレ更年期と名前がついているそうです。このプレ更年期を迎えるために気をつけたり、どういう方法で乗り切るのが体にいいのでしょうか。

もしかしてこれがプレ更年期?

更年期障害にはまだまだそんな年齢ではないし、でも体調がちょっと優れないという時はありませんか。そういう症状が続いた場合、もしかするとプレ更年期に入っているのかもしれません。

特に気になる症状が「疲れ」です。今までと同じようなことをしてもすごく疲れたり、休憩をしないと次の作業に取りかかれないということがある場合は既にプレ更年期に入っている可能性が高いと言われています。

この疲れから肩こり、頭痛、不眠などといった他の症状を引き起こすこともあります。もし「最近疲れが酷い」「疲れて眠れない」という時は注意が必要です。

30代後半から起こるのはどうして?

どうしてプレ更年期は30代後半から発症するのでしょうか。更年期障害は早い人の場合、40代に入るとすぐに発症するという人がいます。それは女性ホルモンの減少が原因といわれています。

特にここ近年、初潮が早まったのと同じように更年期障害になる年齢も早くなっているそうです。

30代から女性ホルモンが激減的に低下するとも言われており、それが徐々に体調として出てきます。これがプレ更年期・更年期障害といったものにつながるんだそうです。

このプレ更年期を乗り切るには…

プレ更年期というものは更年期障害が発症する前5年程度のことを言います。なので症状は更年期障害とほとんど一緒です。

このプレ更年期で体の不調を乗り切るための解決策を身につけておくだけで更年期障害の時期の乗り切り方が変わってくるとも言われています。

まずこの時期、どうしても体調が優れないので家にこもってずっと寝ていたりすることがあります。それは余計に症状を深刻にしてしまうかも。

こういう時期だからこそ適度な運動、毎日の規則正しい生活が大切になってきます。きちんとした規則正しい生活をすることで体内時計が正しく働くようになります。

そしてこの規則正しい生活と一緒に、バランスの取れた食事を取るようになると、更年期特有の便秘や冷えなども改善されていくようになります。

そして1番大事なのがストレスと溜めないということです。更年期の時期は気分的に不安定になり何もしなくてもストレスが溜まってしまいます。そこへ自分でストレスを作るようなことをしてしまうと精神的にまいってしまいこの時期を乗り切れなくなってしまいます。

自分の趣味、好きなもの、好きな香りなどで生活の中でリラックスをする時間というのを作りその日のうちにストレスを解消しておくのが大切です。

どうしても無理な時はサプリメントや病院へ

最近は更年期で苦しむ女性が増えているので病院などで専門的に治療をしているところもあります。どうしても自分では解決が難しいという場合は病院などで相談をし、処方箋を出してもらうこともできます。

「病院に行くほどはないけれど」という場合もドラッグストアなどでサプリメントが売られているので、そういうものを併用するといいかもしれません。

特に冷え・疲れが取れないという場合は、サプリメントの力を借りると精神的にも楽になるので無理をせずにこういうものも上手に使っていきましょう。

更年期・プレ更年期は女性には他人事ではありません。いつ自分に起こるか分からないからこそきちんと知ってきちんと対策をしていく必要があります。

この記事をシェアする

関連記事