• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

高齢出産の現実。みなさん、高齢出産の育児はどうですか?

Date:2012.10.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
高齢出産の現実。みなさん、高齢出産の育児はどうですか?|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/koureishussan16436/

日本人女性の初産年齢は上昇傾向にあり、最近では53歳の著名人の方が妊娠を発表されていました。著名人では最高齢の妊娠だそうです。

そこまで高齢は少ないですが、高齢出産ママは、さほど珍しくない世の中になってきています。私も、現在乳幼児を育児している高齢出産ママのひとりです。実際のところ、高齢育児はどうなのでしょうか?

厚生労働省が発表した「平成22年度 出生に関する統計の概況」を見ますと、20代の累計出生率は下がっていっており、30代は上昇傾向にあり、晩産化が進んでいます。

特に35~39歳は1970年には5%弱だったものが2009年には20%になっています。いわゆる高齢出産をする方が全体の20%も占めているんですね。そして、増えている高齢出産はそのまま高齢育児へと移行していきます。

高齢出産はいろんなリスクを伴いますが、個人の差が大きいと思います。特に出産に関しては、何が起きるかはわからず、年齢問わず妊婦さん全員がリスクを背負っていると思います。しかし、高齢育児となりますと、20代・30代前半ママとは明らかに違いがあります。

体力がない!?

妊娠出産も体力がいりますが、その後の育児は途方もなく体力を使います。35歳以降出産すると、一番体力的に手がかかり、一緒にいる時間も長い0歳~幼稚園児までは、ママは30代後半から40代を過ごしていることになります。

体力は、若い人たちとのそれとは明らかに違います。まず、無理が効きません。特に乳児を育てていると夜中の授乳や夜泣きで寝不足は当たり前ですが、悲しいことに体の回復が遅いです。

いつも疲れているという状態です。寝なくても元気というのは遠い昔の事です。

親ももれなく高齢化!?

当たり前のことですが、高齢出産の場合、孫の顔を見て目を細める自分の親も高齢です。親が20歳で自分を産んでいたとしても、55歳です。多分親世代は60代という方が多いのではないでしょうか。

20代ママの親は40代だったりすることもあるので、おじいちゃんおばあちゃんの体力にも差が出てきます。高齢の親に孫の世話をまかせるのはキツイでしょう。

実際、20代で産んだ友人は保育園や習い事の送り迎え、病院のつきそい、小学校にあがってからの放課後のお世話を母親にお願いして、自分は働いていました。祖父母が若いからこそできる孫の世話です。

「あと10歳若ければ、見てあげるんだけどね~」が高齢育児ママの親の口癖でしょう。

自分の体調管理は?

35歳以降、女性の体も大きく変わっていく時期ではないでしょうか?しかし、乳幼児を育児しているとなかなか自分の体調まで気をまわすことができません。まず、小さい子を連れて病院に行くのが一苦労なので、よっぽどでないと行かなくなるでしょう。

私事ですが、妊娠時に歯科検診に行ったきり4年以上歯医者に行ってませんでした。先日銀歯がはずれたことにより、やっと歯医者に行くことができました。

妊娠時は妊婦健診もあり、高齢出産を控えてるので、体調管理はお医者さんも見ていてくれます。しかし、出産後育児に突入すると、ママの体調管理に気を配ってくれる人はいません。

また、体調不良の時でも、子供は待ってくれません。若いママに比べてもっと自分の健康を気をつけないといけない年代だと思います。

二人目って!?

高齢出産をして1~2年たつと、2人目妊娠するママ友が周りにどんどん出てきます。高齢出産のママは、2人目(または3人目)についてもきちんと夫婦で話し合いをして、決めておく必要があります。

若いママのように、「しばらく一人目の育児に専念するわ~」という「しばらく」はありません。

子供を一人と決めたら、ひとりっ子育児に専念し、二人目を希望するなら、早めに子作りし、「幾つまでに」といろんな事を加味して計画していきましょう。2人目については、先延ばしにする余裕はありません。

見た目が…

女性の35歳以降といえば、よっぽどお手入れしていないと一気におばちゃん化してしまう年代です。最近は美魔女など、年齢不詳の美女が出てきていますが、何もしていないけどキレイを保っているアラフォーはいないと思います。

どれだけお手入れしているかで、おばちゃん化するかどうかに分かれていくと思います。しかし、高齢育児中のママ達は、その手間暇かける時間がありません…。

育児に追われて自分のことを後回しにしていると、ある時一気におばちゃんになった自分がいるかも!?

また、ファッションも何を着たらいいのか、高齢育児ママにも似合うママファッションってどんなのでしょうか?変に若作りすると明らかに似合わないし、落ち着きすぎると周りのママから浮いてしまうし。私も悩み中です!

実際「あと5歳若ければなぁ」と思わないこともないですが、若いママにはないものもあると思います。精神的にも落ち着いているので、慣れない育児の中にも「ゆとり」があり、自分を追い詰めすぎることはありません。

今まで自分の時間を楽しんできた後での出産なので、残りの人生として子育てを楽しむこともできます。経済的にも若い夫婦に比べると余裕があるでしょう。高齢育児には旦那様の協力は不可欠なので、夫婦の絆も強くなります。

子供の将来についても、親は普通より早く亡くなるでしょうから子供を自立させる意識は強くなり、そのように子供を育てていくと思います。高齢出産の現実、みなさんの高齢育児はどうですか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
高齢出産の現実。みなさん、高齢出産の育児はどうですか?|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/koureishussan16436/

この記事をシェアする

関連記事

コメント