• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

交際直前の駆け引き期間を失敗させないコツ

Date:2013.06.12

好きな男性ができて、どうやら相手も自分に気があるみたいで、でも告白はされていなくて、やっぱり彼は私のことなんて好きじゃないのかも、なんて堂々巡りの恋心を抱いているときが、恋愛で一番楽しい時期かもしれないですね。

全くの片思いではなくて、脈アリだと感じているときはとても幸せだったりします。早くそこから進展させて恋人に昇格したいもの。

でも、その期間に意識しすぎて相手を傷つけてしまったり、駆け引きをし過ぎて相手を幻滅させてしまったりすると、恋人への昇格はなくなってしまいます。

そんなことにならないように、恋人未満のその時期を上手に乗り切って、見事恋人同士になりましょう!

恋人のような振る舞いはしない

彼も私のことを好きに違いない、と思っても人の気持ちはうつろいやすく、また、分からないものでもあります。彼もあなたのことを気にしてはいるかもしれませんが、まだ恋人としては考えていないかもしれません。

そんな彼に、恋人のような振る舞いをすると、引かれてしまうかもしれません。

必要以上に友達の前でベタベタしたり、メールの返事がないと怒ったり、休日の予定をしつこく聞いたり、他の女性に対して嫉妬したり、といった態度で接していると、彼は「恋人でもないのに」と思い、また、恋人になったら面倒かな?と思始めてしまうかもしれません。気をつけましょう。

他の男性とイチャつく

早く告白してほしいからと言って、嫉妬心を利用するというのも一つの手段ではありますが、あまりやりすぎると彼の気持ちにブレーキがかかってしまうかもしれません。気持ちの弱い彼だったらなおのこと。

他の男性と楽しげにしているあなたを見たら、自分に自信がなくなってしまうかも。恋人になっても、こんなつらい思いをするのはごめんだ、などと思ってしまうかもしれません。他の男性とのコミュニケーションはほどほどに。

恋人になることを意識しない

あなりにも、彼はどう思っているのか?ということを意識し過ぎると、彼の前では素のままの自分を出せなくなってしまいます。

彼に嫌われたくないという思いから、変なことをしゃべらないようにしよう、とか、こんなこと言ったら嫌われるかも、などと気にしていては楽しいおしゃべりもできなくなってしまいます。

二人で過ごす時間は楽しいからこそ、恋人になるのです。好きとか、嫌いとかをあまり気にせずに、素直な気持ちで彼と一緒にいることが大事ですよ。

彼のピンチはチャンス

彼が仕事のことなどで落ち込んでいたり、疲れているときにはそっとそばにいてあげましょう。彼がつらいときこそ、「こんな女性がそばにいてくれたらうれしいな」と思わせるチャンスです。

落ち込んでいたり、疲れているときは彼が話すまでは根ほり葉ほり聞かず、気分転換になるような話をもちかけてみるのもいいでしょう。

彼が話したそうだったら、きっかけを作ってあげて、あとはあまり口をはさまずに、彼の話に同調しながらしっかりと聞いてあげましょう。彼の癒しになることで、恋人に一歩近づけると思いますよ。

できるだけ彼と顔を合わせる

人は会う頻度の高い人に好感を持つ、と言われています。確かによく顔を合わせる人とは親しくなりますよね。なので、彼とはできるだけ顔を合わせて、話をするようにしましょう。でも、彼にまとわりついてはいけませんよ。

女性を意識させる

時には女性だということを意識させましょう。髪をかきあげたり、チラッと胸や太ももを見せたり、女性の色気を出してみましょう。

または、彼の顔を覗き込んでみたり、ボディタッチをしてみるのも効果的。こういったことはさりげなくやりましょうね。ミエミエだと引かれてしまいますよ。

また、時には落ち込んだ姿も見せましょう。悩み事を相談したりして彼を頼ってあげましょう。彼は自分が守ってあげなければ、と男心をくすぐられるに違いありません。

自分の趣味をアピール

男性は放っておかれるのは嫌いますが、彼に依存してしまう女性は重荷と感じてしまいます。自分の趣味や熱中できるものを持っている女性なら、彼だけに依存することはないですよね。

彼と会えなくても、楽しい時間を過ごすことのできる女性は素敵です。また、そんな女性なら安心して恋人にできる、と思うでしょう。

さらに友達など彼以外の人とも飲みに行ったりすることも必要。恋人ではないのですから、彼に遠慮することもありません。そんなあなたを束縛したいと思うようになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事