• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鮮やかな黄色だけでなく美容健康効果も期待できるカレーの香辛料とは

Date:2014.04.26

カレーは日本ではとっても人気のある料理です。なぜ人気があるのでしょうか?

美味しいだけではなかった

カレーとシチューがあったとします。シチューももちろんとっても美味しいのです。ですが、なぜカレーの方が人気があるのでしょうか?

カレーのスパイスに注目

カレーのスパイスには、食欲を増進させる漢方薬としての成分が入っているそうです。カレースパイスには食欲増進効果、発汗作用、胃腸増強作用が共通してあるそうです。ですから、自然にカレーを食べた後はスッキリするのです。ではどんなスパイスがあるのでしょうか?

着色のためのスパイス

ウコンというスパイスは、カレー色にするのに、大変効果があると言われています。ウコンの力でおなじみのウコンです。鮮やかな黄色です。ウコンはたくわんの着色にも使われているそうです。

ウコンに含まれているクルクミンという物質が胆汁を促進し、肝臓の機能が向上するので、お酒の前に飲むとよいとされています。漢方薬では止血剤としても使われているそうです。

そういうことから、ウコンのサプリメントが流行していますが、ウコンによって、重篤な副作用を発症してしまう恐れがあるそうです。

ウコンはミネラルが豊富

ミネラルといえば鉄分もミネラルです。そこで、C型肝炎や脂肪肝にかかっている人は、肝臓に鉄分が溜まっているそうです。そこへウコンによって鉄分がさらに追加されると、鉄分が過剰になって、肝硬変等で死亡してしまうというケースもあるそうです。

妊婦はウコンのサプリメントはNG

妊娠初期にウコンを飲むと、子宮が収縮する作用が、ウコンにはあるそうなので、流産を招くという危険をはらんでいます。ですから、妊婦の方は、ウコンは飲まないようにしましょう。

血液サラサラ剤を飲んでいる場合は要注意

ウコンに含まれているクルクミンという物質は、血液をサラサラにしてくれます。

ですから、毎日ウコンのサプリメントと、血液サラサラ成分を飲み続けると、ふとした擦り傷でも、流血してしまうという事態を招きますから、動脈硬化予防などで、血液サラサラ成分を飲んでいる人は、ウコンは厳禁ということになります。

いかがでしょうか?ウコンはカレーのスパイスとしては万能ですが、サプリメントとしては摂り過ぎには注意ですね。

この記事をシェアする

関連記事