• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

風邪も肌荒れもサヨナラ「手作り酵素シロップ」で免疫力を上げる

Date:2013.03.14

冬になると風邪を繰り返す、体が冷える、肌が荒れる・・・そんな症状は体全体の免疫力が弱っている証拠です。しかし、この免疫力、どのようにしたら上がるのかわかりにくいものです。

例えばお風呂の後に冷水のシャワー、寒風摩擦などもその方法です。しかし実際には「飲むだけ」の方が続けやすいはずです。

そもそも酵素って

酵素とは消化と代謝を促す栄養素です。人には潜在的に酵素がありますが、現代の乱れた食事やストレス、不規則な生活、そして加齢とともに酵素は減っていきます。減った分は外から食物酵素として補わなければなりません。

この酵素が不足すると慢性的に代謝が低い状態になり、冷え、肩こり、便秘、肌荒れ、髪がきしむ、倦怠感などさまざまな症状を引き起こします。

酵素の上手なとりかた

食事から食物酵素をとりいれましょう。しかし酵素は熱に弱く、60度以上の加熱で損なわれていまいます。基本は生でとるのが一番です。

しかし、そう生野菜や生の穀類ばかり食べても充実できないという時には酵素シロップを水や湯で割った「酵素ジュース」がおすすめです。

酵素シロップ

材料は季節の果物、野菜、豆類など、お好きなものをそろえます。無農薬、有機栽培の材料の方がいいのですが、手にはいらない場合は、少しの重曹をいれた水に1分ほどつけて、農薬を落とします。

そして、この材料は数種類用意いた方が飲みやすく仕上がります。さらに「白砂糖」が必要です。これはできれば体を温める「てんさい糖」がおすすめです。

この砂糖の浸透圧で果物などから酵素を抽出させます。材料と砂糖の割合ですが、砂糖は材料の1,1倍の重さを用意します。

透明な容器に皮ごと刻んだ材料をいれ、上から砂糖、また材料、砂糖と繰り返し、最後に多めの砂糖でふたをします。

容器のふたはきっちりしめすぎずに酸素の行き来ができるようにしておきます。そして温かめの部屋において(あるいはタオル等でくるみ)半日置きます。すると材料からじわ~っと酵素がしみでてきます。

半日後にかき回します。このまま毎日かき回し、1~2週間で飲み頃です。最後はザルにあげて、こしますが、この時には押さないで、自然の流れでこしてください。

温かい場所に置くとこのまま発酵が進んでしまうので、冷暗所に保管してください。この保管もふたをきつく締めすぎると発酵をしているのであふれてしまいますから、要注意です。

美容と健康に最適

このシロップをそのまま飲んでもいいですし、湯や炭酸水で割ってもおいしいです。酵素をそのまま体内にいれられますから、効果はすぐに表れます。

毎日コップに半量くらい飲むのが理想的です。免疫力をあげて風邪にも肌荒れにもサヨナラしましょう。

この記事をシェアする

関連記事