• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供たちとの週末レク。お金をかけずに「近隣の工場見学で思い出作り」

Date:2014.01.08

子供たちでも忙しい時代。掛け持ちの習い事や塾で忙しいのは子供たちだけでなく親も送迎やサポートで忙しいものです。サッカーやダンス、野球にバレーボールといったクラブチームに入っていれば、休日もお休みはないものです。

しかし家族でゆっくり一緒に過ごせる子供時代というのは子供が学齢期に入れば、6、7年しかありません。小学1年から6年そして中学に入って部活動そして受験。中学受験が入れば、さらに短くなります。

子供のころの思い出は大人になって大切な記憶なだけではなく、人生を形作る大切なものであるため極力一緒に過ごせられるうちに思い出を作ってあげたいものです。

お金をかけずして子育てを楽しむ!

といっても、共働きで将来の学費も貯めておきたい…となるとお金はかけられないのが一般家庭です。しかし、お金をかければかけるほど、よい思い出作りができるというのも的を外れていると思われませんか?

大切なのは子供たちが経験を通して、学び取っていけること。お金がかからなくて楽しく学べることもあるレクリエーショーンが身近にあるものなんです!それが工場見学!お菓子から文房具に至るまで幅広い職種の工場があります。

工場見学では、ガイド役の方がお世話してくれるため、安心して見学でき質問にも答えてくださいます。どんな風に物が作られていくのかを知ることは、子供にとっても興味をひくものです。はじめは子供たちが好きそうなものを扱う工場が良いかもしれません。

うれしいお土産つき!お菓子の工場見学

お菓子の工場見学はたいてい30分から1時間弱ですから、子供たちの忍耐も移動しながらのものですから、ついていきやすいでしょう。しかも最後にはお土産が渡されるものですから、話をよく聞いていられるように良いしつけにもなります。

お菓子の工場によっては体験コースを行っている会社もありますから、ぜひ試してみると良いでしょう。無料体験なところが主ですが、有料であっても数百円程度ですから一緒に行うと良いかもしれません。

楽しい!びっくり!文房具用品の工場見学

子供たちが学校生活で親しみのある文房具用品の工場見学もおススメです。身近なものではあるものの製造工程は意外と知られていないものです。材料となる素材の説明も丁寧にガイド役の方がしてくれます。

また化学反応をうまく利用して開発されて作られているものが多いため、大人もそれらの製造工程を知って、驚きと共に感心してしまう事も。理科の苦手なお子さんにはうってつけの工場見学です。

大人数の見学を受け入れるところが多くないのもあり、学校からの社会見学ではなかなか訪れる事が難しいため、家族でぜひ行って見られることをおススメします。

レアもの!?記念写真入りの新聞がもらえる!

新聞社の見学も興味深いです。見学者には大人のグループも多いという人気の見学の1つです。編集局にある記者の方たちのデスクから、印刷部門まで一通りの工程を見学することができます。

またリアルタイムで動いていて、記事の差し替えの苦労などの話もガイド役の方から聞くこともできます。体験コーナーではパソコンを使って記事を編集したり写真の挿入など教えていただきながら新聞を作っていきます。

最初か半ばに記念撮影をしてもらえるのですが、新聞の一面記事に載せた感じの写真を見学終了までに作ってもらえ頂いて帰ることができます。

工場見学の探し方と予約の仕方

工場見学を探すのには、工場見学をまとめてあるサイトから探すことができます。もし地元で探したい場合は住んでいる都道府県の公式サイトで「工場見学」を検索するといくつか探せます。

さらに活用できるのが地元の商工会などのサイトなどを調べる事もできます。商工会などのように地元で立ち上がっているサイトを覗くと、見学の際見せると得するクーポンなどお得な情報を見つける事も出来るので、要チェックです!

また予約の仕方は会社によって異なりますが、会社の公式サイトからも申し込みができる会社や電話での予約のみという会社もあります。人数はもちろん日にちも決めてから連絡するのですが、2、3候補の日にちを決めておき連絡した方が良いでしょう。

ママさん、パパさんにとっても大切な時となるもの

最初にもふれましたが子供と過ごせる時間は限られていて、中学校にもなれば部活に塾…と過ごす時間は少なくなっていきます。一緒にいたくてもいられなくなる時はくるので一緒に過ごせる時間があるうちに思い出作りをしてください。

子供たちにとって家族で何かしたり、出かけたりするという思い出は人生の糧となります。知恵を働かしてお金をかけずにして成長に寄与するような思い出を作ることはママさんやパパさんにとっても年を重ねていったとき二人の大切な思い出にもなるものです。

たっぷり愛情を注いで、楽しい子育てをして下さい♪

この記事をシェアする

関連記事