• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

映像が頭から離れない!そんな怖い映画を見てしまったあとの対処法

Date:2013.10.06

怖い映画を観るのは得意ですか?そしてその怖い映像を観たあとに、それをすぐに忘れることはできますか?ホラー物は得意な人にとってはいいかもしれませんが、苦手な人は本当に苦手ですよね。

ちょっとしか観ていないのに、いつまでも頭にその怖い映像がこびりついてしまって、なかなか忘れられなかったり…。観てしまった日に限って夜中に何回もトイレに行きたくなってしまったり…。

とくに最近ではCG技術も発達していますから、作り物だとわかっていても本当に怖いと思ってしまうんですよね。

では、そんな怖い映画を観てしまったとき、一体どうしたらいいのでしょうか。頭からいつまでも追い出せない怖いシーン。忘れれば忘れようとするほど鮮明によみがえってしまう数々のホラーシーン。そういったものを無理に忘れるのはおそらく不可能です。

ですので、上手な対処法を見つけなければならないのです。この記事では、怖い映画を観てしまったときに効果的な対処法をご紹介したいと思います。夏はホラー映画も多く上演される時期ですから、ぜひこの記事をご覧になって気持ちを安らげてくださいね。

その映画の裏話をネットで検索してみる

眠れないほど怖い映画を観てしまったら、まず、その映画をネットで検索してみましょう。すると、その映画の情報がたくさん出てくるとは思いますが、その中からその映画に関する「裏話」を載せてあるサイトなどを見てみましょう。

あくまでもその映画に出ているキャスト、スタッフ、撮影現場に関する「裏話」です。できれば、「作品はこんなに怖いですが、実際の撮影現場はこんなに楽しく、明るく、ギャグに満ちたチームでした」というような明るい話題を載せているサイトを読みましょう。

「撮影中にこんなことがありました」、「撮影メンバーでご飯食べに行きました」など、ホラー映画本体とはまったく関係のない話題を見ることによって、「あの怖い映画は作り物なのだ」ということを頭の中にインプットするのです。

案外、その検索をするうちに出ていたキャストさんの素顔や他の出演作品が気になって、ホラー映画のこと自体は考えなくて済むようになるかもしれません。

電話で友人に感想を述べる

どうしても忘れられないときには、友人に電話をして、話を聞いてもらうのもいいかもしれません。映画の感想を述べてもいいですし、思い出してしまうようであればまったく関係のない話をしてもいいでしょう。

また、ホラー映画を観た旨を伝え、「自分はホラーが苦手だと思ったので、何か他のおすすめの映画があれば観てみたい」と話し、おすすめの作品を聞いてみるのも気が紛れていいかもしれません。

ホラーとは正反対のお笑いDVDを借りておくか、バラエティ番組を録画しておく

ホラー映画って観たくないと思っても、つい怖いもの観たさで観てしまうことってあると思います。とくに夏は怖い映画や映像がたくさん流れます。ですので、事前にお笑いのDVDを借りておいたり、いつもよりたくさんのバラエティ番組を録画しておくことをおすすめします。

そしてついウッカリ怖い映像を観てしまったり、怖いもの見たさでホラー映画を観てしまったら、事前に用意しておいたホラーとは正反対のお笑いなどを見ましょう。

お笑いを見ても、どうしても怖い映像が頭から離れず、眠れそうになかったら、そのお笑い番組を流しっぱなしにしたまま眠るのもいいでしょう。オフタイマーで一時間後に消えるようにしておけばテレビをつけっぱなしにしても問題はないでしょう。

その日、お風呂は入らず、次の日の朝にする

怖い映画を観てしまった日、何が怖いって、お風呂に入ることですよね。頭を洗っていても何だかソワソワして落ち着かず、窓の外が気になって仕方がなく、そうなってくるともう何に対しても「怖く感じる!」と思ってしまうはずです。

そうなってしまったら、思い切って、もうお風呂はその日は入らないようにしましょう。その日はお笑い番組など見ながら眠り、次の日の朝にシャワーを浴びるようにしましょう。

朝なら問題ないはずです。明るいですし、これから一日が始まるわけですから、人とも話すでしょうし、すべての神経がホラー映画に向かうことは決してないはずです。

観ないことも大事

ホラー映画。怖いもの見たさに観てしまう気持ちもわかります。でも、観ないという基本的な選択もとても大事だったりします。最近のホラー映画って本当に怖いですし、できがとてもいいので、いつまでも頭に映像が残ってしまうんですよね。

ホラー映画と共通しているものとして、ネットに載せられた閲覧注意の画像やページなどが挙げられます。見なくてもいいものはなるべく触れないようにするという心がけも実は大切だったりするんですよね。

とくに自分自身、怖がりであるという自覚があるのであれば、その心がけはなおさら大事になってきます。夏目前のこの時期、あなたが少しでも怖い思いに支配されないことを心から祈っています!

この記事をシェアする

関連記事