• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

枕選びとストレッチで美しい首に。しわを増やさないケアとは?

Date:2014.11.27

年齢が出やすいと言われる首のシワ。確かに首にラインが入っていると、それだけで老けて見えるものです。

しかも、首の周りのシワはなかなか消えてくれません。

加齢とともにいろいろな場所にシワはできてしまうものですが、できるだけ最小限にとどめておきたいもの。

特に年齢が出やすい首のシワができないように、対策を立てる必要があります。

首のシワができる原因

首のシワ予防のためには、まず首のシワの原因を知っておくことが必要。首のシワはどのようなことが原因でできるのでしょうか?

コラーゲンの減少

シワの原因の多くは加齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少し、肌の弾力やハリがなくなることです。特に首は皮膚が薄く、たるみやすい部分。紫外線の影響なども受けやすいので、シワができやすいのです。

枕が高い

枕が高いと顔が前面に傾き、首にシワがよりやすくなります。

姿勢が悪い

猫背なども首が下に傾き、首にシワができやすくなる原因です。

首のシワを作らない枕選びのコツ

首のシワを作らないためには、枕の高さがポイントです。

枕が高いと顎を引く状態になり、首にシワが刻まれてしまいます。

枕を選ぶ際には、顎を引く状態にならない高さのまくらを選ぶことが必要です。

枕を使わない、低い枕を選ぶというのも一つの方法ですが、低すぎると今度は口呼吸の原因になります。

口呼吸は顔のゆがみを引き起こすことになります。

また、寝る際の首のシワができにくい姿勢というのは、仰向けです。仰向けの姿勢というのは、慣れないと苦しいものです。

熟睡できなければ元も子もないので、慣れるまでは横向きでもいいでしょう。

その際には抱き枕を使うと、首のシワができにくくなります。

ストレッチで首のシワ対策

首のシワ対策ストレッチで重要なのは、首を支える筋肉の一つである広頸筋を鍛えることです。

・口の形を「い」にして顎を前面につき出します。この時、首のシワが伸びていることを意識します。そのまま10秒キープします。

・これを1日3~5セット繰り返します。

首のマッサージのポイント

首のマッサージをすることも、新陳代謝を促しシワの予防や改善に役立ちます。

マッサージのポイントは、首の中央は下から上に行うこと、右側は左手で横に、左側は右手で横にマッサージすることです。

首の皮膚は薄いので、力を入れすぎるとかえってシワが刻み込まれることになるので、力を抜いて行うことが大事です。

リンパの流れをよくすることが目的なので、あまり力を加えなくても効果が期待できます。

首の保湿ケアをしっかりと

首の皮膚は弱く、紫外線の影響も受けやすいです。

そのため乾燥しやすいので、シワもできやすくなるのです。それを防ぐには保湿ケアが重要。

お風呂上りには化粧水をつけ、保湿クリームや保湿美容液を塗りましょう。

乾燥がひどいと感じた羅、首専用のクリームを使うのもいいでしょう。

顔のスキンケアを毎日行うように、顔のケアだけでなく首のケアも毎日行うことが大切です。

首にもファンデーションを塗ることが多いでしょうから、クレンジングもしっかりすることが大事です。

ただし、首のケアは力を入れないことが必要です。力を抜いて、ていねいにケアをするようにしましょう。

また、普段の姿勢にも注意が必要。下を向く姿勢が習慣になっていると、首のシワができやすくなります。

下を向くことが多いのであれば、こまめに頭を後ろにそらすなど、ストレッチをして首にシワができないように心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事