• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

品よく見せるも、色っぽく見せるも口元次第。口元美人になる方法

Date:2013.11.16

女性の口元に魅力を感じる男性は多いものです。女性の口元は、形や動きによっては、とても魅力的。反対に、下品な印象を与えたり、だらしなく見せてしまうのも、口元次第。

セクシーで、魅力的な口元とはどのようなものか、下品に見せてしまう口元とは?また、魅力的な口元になるための、エクササイズなどを紹介していきましょう。

締まりのある口元

半開きの唇、というのはセクシーな印象を与えるかもしれませんが、それを日常で行うのは女性な女性とは言えません。口元がぽかんと開いているのも、女性らしくありませんね。唇は常に締まりがあり、口角がキュッと上がっているくらいの口元が魅力的。

仕事に熱中している時など、唇が開いてしまうのは口呼吸をしているからです。鼻呼吸をするよう、意識するといいですよ。

口元に手を持っていきすぎない

笑う時に手で口元を押さえる仕草は、女性らしくもありますが、やりすぎるとわざとらしく見えてしまいます。口元を押さえなくても、キレイな口元になるようにしたいですね。そのためには、キレイな歯、そしてキレイな歯茎、が大事です。

ゆっくり動かす

早口でしゃべる女性に色気は感じませんよね。話をする時には、ゆっくりと話すことを心がけましょう。そうすることで、口元もゆっくり動かすことになります。

ゆっくり動く口元は、セクシーで魅力的。気になる男性の前では、意識して、口元をゆっくり動かすようにすると、いいですよ。

アヒル口はかわいい?

アヒル口の女性はかわいい、と言われることもあります。しかし、アヒル口に品性は感じられませんよね。大人の女性を目指すなら、アヒル口はしない方がいいかもしれません。

口角を下げない

イヤなことなあったり、イライラしていると、口角が下がり気味になります。口角が下がると、女性らしさが失われ、男性も声をかけにくくなります。口角はできるだけ下がらないように、口角を上げる努力をしましょう。

唇をなめない

唇となめる仕草は、相手に好意を持っている、興味がある、などのサイン、と言われることもあります。しかし、反対に、ストレスが溜まっている時も、唇が渇き無意識のうちに唇をなめる、という行為につながります。

唇をなめると、荒れの原因にもなりますし、あまり上品な仕草には見えないので、なめる習慣がある人は改善するようにしましょう。

唇を触らない

考え事をしていたりすると、唇を触っていたりすることがありませんか?でも、唇と触る仕草はあまり美しいものではありません。不用意に手を唇に持っていかないようにしましょう。

歯茎の色を美しく

自分の歯茎の色を気にしている人も少なくないでしょう。歯茎が黒ずんでいるたりすると、笑う時にも口元を気にして、手で口を押えるのがクセになってしまいます。

そんな人におススメなのが、歯茎ピーリング。薬剤を使用し、歯茎のくすみを改善して、キレイなピンク色にできる方法です。薬剤を塗布して10分程度で終わるので、簡単です。

歯茎も色素沈着を起こすと、色がくすんで不健康な色になってしまうもの。歯茎ピーリングで美しい歯茎になりましょう。

唇の周りの筋肉を鍛える

ほうれい線や口角が下がっていては、魅力的な口元にはなれませんね。しかし、加齢とともに、唇の周りの筋肉も衰えて、口角が下がり、ほうれい線もできやすくなります。そんな口元にならないためには、唇の周りの筋肉を鍛えることが必要です。

方法はいろいろありますが、簡単にできる方法としては、『割りばしエクササイズ』がおススメ。方法は、割りばしを前歯でくわえ、口角を割りばしよりも、高く上げるだけ。これを30秒キープします。

また、唇に力を入れて、口をすぼめたり、横に思い切り広げたりするエクササイズも簡単で、おススメのエクササイズ。口元に力が入ることを意識して、行います。

さらに、唇をできるだけ右寄せて30秒キープ。次に反対側に唇を寄せて30秒キープ。というように、唇を動かすことも、エクササイズになります。

唇ケアは基本

美しい口元は、美しい唇から生まれます。唇が荒れないように、リップケアはしっかりしましょう。唇を乾燥させないように、保湿をすることも忘れずに。また、肌に合わない口紅も荒れの原因になりますよ。自分に合った口紅を使うようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事