• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無数にある美容法や美容液で迷ったら、基本に戻りましょう!

Date:2014.01.16

情報が氾濫している中私達はどうしたら本当に美肌を手に入れられる?

乾燥による肌荒れ、小じわが気になり始めるこの冬の季節…、化粧品売り場に行くとズラッと棚に並ぶ‘保湿美容液’や‘アンチエイジングクリーム’等を目の前に「本当に効果が有るのかしら?」とか「去年買った美容液で逆に肌が荒れたのよね…」などと戸惑ったり、不安になった事はありませんか?

心当たりが有る方は是非、原点に戻ってきちんとした肌のお手入れを始めませんか?

肌を乾燥させない為の基本

まず、皆さん朝から洗顔料を使って顔をお湯でバシャバシャと洗ってませんか?フェイスウォッシュを使っての洗顔は1日1回、就寝前だけで良いそうです。そして冬だからと言って、毛穴を開けて汚れを落とすつもりで熱めのお湯で洗っていたら、それは止めましょう。

これはボディケアでも同じことですが、熱いお湯は肌を乾燥させる原因、室温程度のぬるま湯が肌には調度良く、そして洗顔料を使い過ぎると自然な肌の油分まで落としてしまい乾燥させてしまいます。

まして、収れん効果のある化粧水や、スクラブは不必要です。肌の酸性・アルカリ性のバランスである、ペーハーバランス(pHバランス)を調節する効果のある化粧水を使用していれば、過度に洗顔で毛穴の汚れを落とす必要は無いと皮膚科医はアドバイスしています。

ナチュラルな保湿効果を狙いましょう

冬の乾燥した季節を乗り切るのには、何も高い美容クリームをワザワザ買いに行く必要も無く、その前にキッチンに行ってオリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油等を少量手に取り、クレンジングとして使うも良いし、保湿剤としても使用する事もできます。

「でも、臭いがキツくて…」と言われる方は、薬局などで精製されたオイルを買われるのもおススメです。食用オイルはハンドクリームとしても使え、就寝時にオイルを手に塗り綿の手袋をして寝ると翌朝はツルツルな手になっている事間違いなしです。

また、冬でも「Tゾーンの油浮きが気になる!」と言われる方は、アップルサイダービネガーもしくはリンゴ酢と精製水を1:2の割合で混ぜて、コットンに浸し気になる部分に付けると、pHバランスを整えてくれる働きがあるのです。

それに、お酢の殺菌効果は出来てしまったニキビやニキビ跡を消す効果が有ります。

更には、夏に浴びた紫外線のせいで出来てしまったシミ、ソバカスにはリンゴ酢大さじ2とフレッシュオレンジジュース大さじ1を混ぜたものを気になる部分につけると目立たなくなるそうです。

リンゴ酢は水と割って飲んでも健康に良いそうですが、殺菌成分と肌を柔らかくしてくれる作用があるので、1本は常備しておきたい‘美容液’と言えそうです。

その他、市販の美容液で肌が負けてしまうという敏感肌の方は、食物を利用したキッチンコスメをお勧めします。アボカドや高脂肪のサワークリーム等で自分に合ったフェイスやボディパックを作りましょう。

肌の専門家によると、敏感肌の人が肌のトラブルを起こす原因はほぼ、化粧品に含まれている保存料や香料だという事です。肌のトラブルを避ける事でシワやシミなどの肌の老化を防ぐ事も出来ます。

その他私達が肌の為に出来る事

よく「私達は食べている物で出来ている」と言われるように、やはり美しい肌づくりは栄養バランスの良い食事から始める事が一番。

塩分を取り過ぎると翌朝、目の周りや顔が腫れぼったくなったり、糖分の取り過ぎで血糖値が上がると肌細胞のコラーゲンなどに影響を与えシワの原因やストレス肌に陥り易くなるそうです。

「チョコレートは肌に悪い」と言われるのはチョコレートのカカオでは無く糖分が悪影響を与えている為だと言われているのです。

これは、体内で糖質に変わり血糖値を上げるGI値(グリセミック数値)の高い白いごはん、パスタや麺類、精製された白い小麦粉を使用したパンなどの炭水化物も同様の事が言えます。

また、アルコール、お茶やコーヒーは利尿効果が有って健康に良いと思われている人は要注意です。利尿効果が有るという事は、これらの飲み物は身体から水分を取り除いてしまい、これは勿論、肌にも同じ事が起こるので肌の乾燥を招く事になります。

なので、乾燥気味の女性はアルコールを控え、お茶やコーヒーも1日1、2杯程度に抑え、お湯や水で水分補給をする事をお勧めします。

そして、体や肌に良いオメガ脂肪酸を多く含む魚、野菜や果物を中心にした食生活をし、睡眠時間は肌の事を考えるのでしたら、最低でも7時間は寝られるように心がけたいものです。

この記事をシェアする

関連記事