• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れた老け顔に見られたくない!目の下のくまの治し方とは…?

Date:2014.11.13

疲れてそうにも不健康そうにも老け顔にも見えてしまう目の下のくま、嫌ですよね。

くまは青・黒・茶と3種類に分かれるというのはよく聞く話ですが、その種類によって原因も対処法も違ってくるそうです。3種類の違いを知って、自分のくまはどのくまなのか、またどうやって治していけばいいのか知っておきたいですよね。

血流が悪いと…青くま

青いくまは皆さん経験をしたことがあるのではないでしょうか?青いくまができる原因は主に血行不良だそうです。疲れがたまっていたり冷えていたり睡眠不足によって血行が悪くなり、また、まぶたの皮膚が薄いこともあり目の周りがどんより青くなってしまうようです。

そんな青くまが出てきてしまったときは血行を促進させるのが一番。蒸したタオルを目の上に置いてじんわり温めてあげましょう。マッサージも効果があるそうですが、まぶたの皮膚が薄いので力の入れすぎには注意したほうが良さそうです。

また、日頃から気をつけておきたいことは、睡眠をたっぷり取ることと、お風呂で体を温めること。あと、疲れもためないことが大事かもしれませんね。

加齢が原因?!…黒くま

蒸しタオルで血行を良くして、くまを消そうとしてもなかなか消えない人は、残り2つの黒くまか茶くまの疑いもありますよね。

黒くまとはどういうものなのでしょうか?黒くまは血行不良が原因ではなく、たるみやしわ、くぼみが原因になっているそうですよ。

年を重ねるとたるみやしわは出てきてしまうものなので、黒いくまは仕方がないと言えば仕方がないですが、目の周りの筋肉を鍛えることと保湿を心がけることで、黒くまをやわらげることができるようです。

目をギュ~っと閉じる動作が目の周りの筋トレにもなるそうですよ。たるみを減らすためにもやってみてくださいね。まだたるみが無いという人も予防のためにやっておくほうが良いかもしれませんね。

しみと同じ?…茶くま

残りの1つ茶くまは、しみと同じように色素が沈着したものだそうです。この茶色いくまは、しみ対策と一緒で紫外線に当たらないことや、美白ケアが必要になってくるそうですよ。美白ケアを続けていると茶色いくまも少し改善されてくるとか…。

日頃から美白ケアをしている人は多いと思うので、頬だけでなく目の下の部分にも茶くま対策(または予防)としてきっちり美白ケアをしておくといいかもしれません。

あと、強い力で目をこすったりしていませんか?目をこするととても気持ちいいときがありますが、この「こする」という行為も茶くまの原因になってしまうそうです。目はこすらないように気をつけないといけませんね。

くまの無い顔で健康的かつ魅力的な印象を!

くまがあるのと無いのでは印象が全く違ってきますよね。くまの無い顔で健康的・魅力的な印象をいつでも与えられるようにしておきたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事