• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クレジットカードにハサミを入れずに月5000円貯金する節約法!

Date:2013.04.09

その出会いはなかったものと考える

給料前に合コンがあって、どうしても5000円足らない。カードを使ってしまおう!だって合コンは貴重な出会いの場であって、5000円足らないために出会いのチャンスを捨てたくない。

……こういう発想で多くの人は少額ずつカードを使用して、気がついたら万円単位になっていてリボ払い→いっこうに利用残高が減らないということになります。お金がない時は「その出会いはなかったもの」と考えて合コンになど参加しないことです。

「ポイントのため」という発想を捨てる

クレジットカードの利用金額に応じてポイントが貯まるカードが多いと思います。

スーパーマーケットで300円くらいの買い物をする時も、電話代の引き落としもすべてカード決済にしていると、1年間くらいである程度ポイントが貯まって、ちょっとした電動歯ブラシとかがもらえたりします。5年くらい頑張ってポイントを貯めると、国内の無料航空券がもらえることも。

それ、無料でもらったほうがお得なのか、カードで買わなくても良いものを買っているのか(カードを使って結果的に損をしているのか)、家計簿をつけてよ~く考えてみましょう。

カードを持つのをやめて、電動歯ブラシなど自分で現金で買ったほうが、結果的に貯金額が増えるということもあります。

デビッドカードだけにする

デビッドカード1枚にしてしまうと、海外旅行で不便であるという情報もあります。カード会社や海外のホテルごとにちがうようで、一概には言えないですが、普通のクレジットカードでホテルのチェックインをしないとデポジットを要求されることも。

国内においてもデビッドカードでの毎月の利用代金引き落としは断られることもあります。多少不便ですが、意を決してデビッドカード1枚にすると「お金がなければ買わない(正確には買えない)」という行動が徹底されて、無駄遣いがなくなります。

クレジットカードを愛用している人の中には、カードの利用残高=私の預金残高と勘違いしている人もいるでしょう。債務整理(自己破産)がしやすい時代ですし、破産したらデビッドカードしか持てないので自動的に貯金体質になりますが、それは避けたいところ。

「お金がなければ買わない」この態度を徹底としたら、お金は自然と貯まるようになっています。本当に必要なものは、お金があってもなくても、向こうからやってくるのです。

この記事をシェアする

関連記事