• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キーワードは吸引力!カラコンなしの黒目を大きく見せるメイク

Date:2014.04.09

今やメイク用品も多様化してきて二重を作るアイプチやメザイク、カラーコンタクト、つけまつげと、もはや整形級のメイクで別人になることが可能となっています。

このカラーコンタクト、黒目が大きくなるものが広く出回っていますがつけるだけで印象もガラリと変わりますよね。

しかしカラーコンタクトの使用が続くとある日、自分自身の黒目が小さくなったような感覚に陥るのだそうです。カラーコンタクトによって黒目が小さくなるということはないのだそうですが、使っている側の感覚が麻痺してしまうのですね。

ここぞというときはカラーコンタクトをしてもいいかもしれないけれど、カラーコンタクトを外してもいつものメイクで自分の瞳に自信を持ちたい・・・!今日はそんなアイメイクのお話です。

二重さんがカラーグラデーションで作る、吸引力のある瞳

アイラインを引くとき、黒目の上下を太目に、濃くひく・・・というのは黒目を大きく見せる王道な方法ですが、今回ご紹介したいのは黒目が大きく見える印象深い、力のある黒目に見せるためのメイクです。そのキーワードは吸引力。

黒目を大きく見せる、というとこってりとアイラインを引くイメージがありますが、逆にちょっとだけ引き算して「抜け感」を作ることで瞳に奥行が生まれて瞳本来の黒さが引き立つようになるんです。

まずは二重さんにおすすめの吸引力メイク。

まずグレー系のブラウンやベージュのアイシャドウをアイホールに広げたら黒のジェルアイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めていきます。空いた手で瞼をおさえて粘膜を黒く埋めるイメージです。

目頭、目じりからスタートして中央に丁寧に引いていきます。次に粘膜とは反対側-瞼のまつ毛の生え際をグレーのアイラインで埋めていきます。こちらも目頭、目じりからスタートさせて中央に向かってしっかり引いていきます。

最後にグレー系のアイカラーをアイラインの上から重ねてぼかします。まつ毛のキワも黒で埋めるとスキがない囲み目メイクになってしまいますが、グレーに替えることで抜け感が作れて引き込まれるような瞳を演出してくれます。

マスカラはまずまつ毛の根元ギリギリにギュっと押し当てます。そこから毛先に向かってまつ毛に対してマスカラブラシをジグザグさせながらたっぷりマスカラをつけていきます。

まつ毛の上から、下から繰り返し重ねづけしていくとビューラーなしでもまつ毛がどんどん上がっていきますよ。

印象的な瞳を作るのにもう一つ工夫したいのが眉。眉頭から眉山までをしっかり描くことで瞳の表情をより豊に見せてくれます。黒目の上にくる部分を特に濃い目、太目に描いてみてくださいね。

奥二重さんがピンクで作る腫れぼったくない大人可愛いアイメイク

奥二重さんはコッテリとしたアイライナーや濃い目のアイメイクをすると黒目が大きくなるどころか逆に小さく見えたり意地悪な目に見えてしまう可能性もあります。そんな人にトライしてみて欲しいのはピンクのアイシャドウを使ったメイク。

ピンクをアイホールの中央に乗せることで立体感が生まれ、ブラウンのアイラインでキツくならずに瞳の大きさを引き立てることができます。

まずベースメイクをしたらアイホールや目頭、頬骨の上にハイライトを乗せます。目頭の上下には濃い目にハイライトを乗せておきます。それからアイホールの上部分のくぼんだ部分だけにピンクのアイカラーをポンポンと乗せます。

このとき黒目のちょうど上にあたる部分だけにピンクを使います。横に広げてしまうとたちまち腫れぼったい目のメイクになってしまいます。上まぶたのまつ毛のキワにブラウンのアイシャドウをうっすら乗せて瞼をひきしめます。

そしてまつ毛の生え際ギリギリにブラウンのリキッドアイライナーで細く線を引いていきます。このとき目尻より少し外側にラインが出るくらい引いておくと二重の幅が引き立ちますよ。

下まぶたの黒目の下にあたる部分にもピンクを乗せ、目じりから目幅の3分の1くらいまでブラウンのシャドウを入れます。

マスカラは一度いつも通りまつ毛に重ねたら、マスカラブラシを縦に持ってまつ毛一本一本を丁寧に長く伸ばしていきます。これでできあがり!

ピンクのアイシャドウをこんな風に使えば可愛い目元が演出できてやみつきになっちゃうかも。あなたも是非試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事