• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

愛車をゲットしたい女性必見!賢く車を選ぶためのコツ教えます!

Date:2013.07.08

花の独身時代を共に過ごしてきた愛車の軽もすでに10年の古株。あちこちガタが出始めてそろそろ買い替えを検討しているところです。

街中を走る車をガン見したり、駐車場で他人の車ウォッチングをしてみたり。やっぱり車も外見に目が行ってしまいがちですよね、女子ですから。燃費とか性能とかは比較的苦手分野だったりしませんか?

そんな女子向けに「賢い車選びのポイント」についてまとめてみました。来年4月からの消費税増税前に…と考えている人は参考にしてみてくださいね。

まずは新車か中古車か決めましょう

誰でも新車には憧れます。でも「いつかは新車に乗りたいけど、今は金銭的に余裕が…」とか「免許取ったばっかりだからこすっちゃうかも」なんていう人は無理して新車に手を出すより、程度のいい中古車を狙う方がオススメ。中古車専門店へ出かけてみましょう。

その際、チェックしたいポイントとして「車内の臭い」があります。中古車の場合、前の持ち主がいたわけですから、その人の使い方によっては臭いが染み付いている場合も。タバコの臭いがしないか、変な芳香剤の臭いがしないかなど、自分の鼻で確かめておきましょう。

また、「中古車はちょっと…でもお金がキツイ!」という人は新古車という手もあります。

新古車とはいわゆる未使用車のことで、ディーラーで展示されていた車とか、試乗車として使われていた車を、新車よりは安い値段で買うことができます。納車前にはきちんと清掃してくれますので、見た目はほとんど新車です。

気になった車がある場合は早めにディーラーにアプローチして、「いい新古車が出たら連絡ください」と営業さんに声をかけておきましょう。また最近では未使用車を専門に扱うショップもありますので、一度足を運んでみるといいかもしれませんね。

普通車にするのか軽自動車にするのか

最近は「軽自動車だから安い」とは一概に言えなくなってきています。スライドドアがついていたり、軽とは思えない程車体が大きかったりするものは150万超えです。

それに税金やらオプションやらもつければ値段はどんどん上がって、見積もりを取ったら200万近くなっていた…なんてことも。

でもやっぱり軽は根強い人気です。通勤や買い物、子どもの送り迎えなどで街中を乗るだけだったら、十分役割を果たせる上に小回りが効くのは運転が苦手な女性にとってありがたいですしね。

そして人気の理由は毎年5月に支払う自動車税です。普通車の場合では3万5千円程かかるところ、軽自動車の場合は7千円程度で済みます。

しかし、ドライブ好きでしょっちゅう遠出をしたい人、高速に乗る機会の多い人は足回りの安定した普通車を選んだ方が乗り心地はいいかもしれません。

車体価格と維持費、用途などを含めて、普通車にするのか軽自動車にするのか決めてください。

人気車種の場合は納車までに時間がかかる場合も

我が家で検討している車についてディーラーに問い合わせたところ、「人気車種のため2ヶ月待ちです」と言われてしまいました。今すぐに買い換えたいというわけではないのですが、やはり気になるのが来年4月の消費税増税。

それに合わせて3月に駆け込んでも、納車が4月以降になると増税分も支払わなければならなくなってしまうため、人気車種を検討している人は早めに動いておいた方がよいと言えそうです。

燃費について

最近の車は昔と比べて燃費がよくなっていますね。燃費がよければそれだけガソリンを入れる回数が少なくて済むわけですからもちろん経済的なわけですが、実際リッター何キロ走れば燃費がいいか知っていますか?

ネットで「低燃費の車ランキング」というサイトを見つけたのですが、それによると軽自動車だとリッター30キロ、普通車でもリッター20キロといったものが低燃費車としてランクインしていました。

ただ、車の燃費というものは同じ車であったとしても乗り方によって変わってくるそうで、加速・減速を繰り返すような運転が多かったり、エンジンオイルが汚れたままになっている、タイヤの空気圧が規定より低いまま乗っているなどの原因で燃費が悪くなってしまいます。

ですので、運転の仕方を見直す、きちんとメンテナンスするといったことも忘れないようにしたいですね。

ボディカラーについて

車のカタログを見ると様々なボディカラーが載っていて迷ってしまいますよね。でも「この色ステキ!」と思ってカタログをよお~く見てみると、脇に小さい字で、「※○○カラーは別途料金がかかります」のような文句が書いてある場合も。

メタリック系の色や人気色だと料金がプラスになることもあるようです。ボディカラーはその点も考慮して選びましょう。

そしてよく見かける黒はシックな感じでオシャレですが、意外と雨や泥などが目立ちやすい色です。こまめに洗車をする気力のない人は避けた方がいいかもしれません。そんな人にはグレー系がオススメ。汚れが目立ちにくいですよ。

乗ってみて決める

お目当ての車種を絞ったら是非、試乗してみましょう。乗り降りしやすいか、ラゲッジスペースは十分か、運転しやすいかなど実際に乗ってみなければわからないことはたくさんあります。

また実際に知り合いで乗っている人がいたらいろいろ話を聞いてみたり、実際に乗せてもらったりするといいでしょう。

初めて車を買おうと思っている人、そろそろ買い替え時な人、自分にピッタリの愛車を見つけて素敵なカーライフを送りましょうね。

この記事をシェアする

関連記事