• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

車大好きなお金持ちと付き合うなら知っておきたい車の基礎知識

Date:2013.05.27

なぜ、男性は機械系に強いのか?それは、趣味だったり興味があったりする人が女性より多いというだけの事。

女性の所得が増えている中で、マイカーを所有している女性も増えていますね。自動車メーカーが女性向けの自動車を発売したりするくらいですから。

でも、自動車をもっていても自動車に関する事をわかっている女性は少ないのが現状です。安心してマイカーライフを過ごす為にも、基本的な車に関する事を知っておきましょう。

車も人間の体に例えれば解りやすい

まず、エンジンは人間の体で言う心臓にあたります。エンジンが動かないと車も動きません。コンピュータは脳にあたり、色々な制御したり不具合が起きたときは知らせてくれます。

オイル類は血液にあたり、各場所を循環しています。ステアリング(ハンドル)は手。タイヤは足等。ガソリンはエネルギーにあたる食事になりますね。車も人間の体に例えると、それぞれがどんな事をしているか解りやすくなります。

ただ、人間の体と違っているのは消耗品がある事。その中で、エンジンオイルについて知っておきましょう。

エンジンオイル交換時期について

エンジンオイルの交換がなぜ必要なのか知ってますか?エンジンが動いている時、内部は高温・高圧状態で、それによって汚れによって劣化し量も減ってきます。

エンジンオイルの交換をしないでそのままにしておくと、オイルがドロドロになりエンジンへの負荷が大きくなって燃費も悪くなります。そして、量が減ると内部の潤滑が悪くなり焼きついて不具合が生じ、最終的にはエンジンが壊れてしまいます。

エンジンには適切な粘度のオイルを入れなくてはなりません。ハイブリットカーなどにはエンジンに負荷の少ないやわらかいオイルが使用されています。また、ガソリン車やディーゼル車もそれぞれ違うオイルが使われています。

現在の自動車はエコカーが多くなっている為、やわらかいオイルを使用できるものが多くありますが、それを使用できない車もあります。

エンジンオイル交換時期は、目安として5千キロくらいがいいでしょう。年間走行距離が1万キロに満たない場合は半年に1回は交換するようにしたほうがいいです。車はもってるけどほとんど乗らないと言う場合でも1年に一回は交換する事をお勧めします。

オイルフィルターはエンジンオイル交換2回につき1回交換するとよいでしょう。オイル交換を忘れてしまいがちな方は、点検に合わせてオイル交換すると安心ですよ。

自動車整備工場は車の病院

車も人間と同じ。使い続けていれば不調にもなるし故障もします。私たちは健康診断を年1回しますよね?

車にも法定点検があり、健康診断と同じように定期点検も義務なんです。定期的に点検を受ける事は大きな故障を防ぐ事もできますし、普段安心して使用する為にもきちんと点検を受ける事をお勧めします。

また、定期点検や修理には、一つの工場に決めて置くと便利です。点検や修理の履歴が残っている事が多いので毎回説明しなくても、前回の履歴を踏まえて対応してくれます。それに、点検や車検時期をお知らせしてくれるので、もし自分が忘れていても安心です。

ドライバーの義務

軽自動車や普通自動車の有効期限は、新車時3年・継続2年となっています。登録した年月日を確認して必ず受けなければなりません。自動車検査は、自動車整備工場や陸運輸支局で受ける事ができます。

自動車検査に必要なものとして、車検証・自賠責保険証・自動車税納税証明書があります。これらの書類の中で、よく紛失してしまうのが納税証明書。これは、紛失しても陸運輸支局や県税で再取得可能ですが、手間もかかります。

また、納期限内に支払いできずに督促状で支払いした場合、納税証明書がついてきませんので確認しておきましょう。自動車検査はその車を適合車と認め、使用することが認められた証明として車検証が発行されます。

適合車として維持していくのもドライバーの義務です。

スマートキートラブル

現行型の自動車のほとんどがスマートキーが搭載されています。このスマートキーによるトラブルで一番多いのが、電池切れによるエンジンの始動ができないというもの。

新車で購入した場合、説明を受けているはずですから知っていて当然なのですが意外と忘れてしまっていて、そうなった時にあたふたしてしまう事が多いようです。

取扱説明書にも記載されていますが、その時見ればいいと思うのではなく覚えておいたほうがよいでしょう。

車をもっているのであれば、知っていて損なことは何もありません。興味のある方はいろいろ調べてみると意外と面白い事が発見できるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事