• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れた顔に肌のくすみ…そんな女性の悩みに簡単お家美容法

Date:2014.10.31

炭酸水・美容水ケアにリンパマッサージと、肌荒れや肌のくすみを解消し、美肌作りを応援してくれそうな新たな美容法は次々に出てきますよね?

でもここ最近、以前からある美容法なのにもかかわらず、海外のセレブたちがこぞって「新しい!」と注目し、話題集中している美容法があるのです。

しかも、おウチで簡単に出来る美容法が多いので、是非みなさんも気軽に試してみてはいかがでしょうか?

オイル・プリング(口内デトックス)

3000年以上もの歴史を持つインドの“生命の科学”と言われ、エステ美容法の1つでもあるアーユルヴェーダ。

その中の美容法でオイルを使ったマウスウォッシュ(オイル・プリング)は口の中の雑菌、特に唾液を出す腺に溜まりやすい菌やアレルギー物質を取り除いてくれ、さらには歯のホワイトニング、虫歯・歯周病予防も期待できるのだそうです。

精製された胡麻油やココナッツオイルなど、お気に入りのオイルを大さじ1杯、朝食&歯ブラシ前に口に含み10分間程度ゆすいだ後に吐き出すだけで完了です。

パーミング(手のひらマスク)

仕事の書類作成に友人とのLINEでの長いチャット、そして夜遅くまでやっているオンラインゲームなど、最近の女性の眼は疲労気味です。

疲れ目は美しさ半減の充血した瞳になるだけではなく、目じりのシワや眉間のシワを深くさせる原因でもあるのです。

1.清潔に洗って乾かした両手をこすり合わせて温めます。

2.自分で目を隠すように両手でかるくカップを作り指先が眉毛のあたり、そして手のひらが頬に当たる状態で5分間おきます。

3.その時にゆっくりとそして深く意識しながら呼吸しましょう。

手のひらを温感マスク(パーミング)として使う事で視神経、目の周りの筋肉が緊張から解されリラックスした状態になり、目つきや顔つきも柔らかくなりますよ。

左右鼻呼吸と鼻洗浄(鼻うがい)

花粉の季節やこれからの風邪の季節で鼻づまりになると口呼吸が多くなる事が増えますが、口呼吸は皮膚炎を始めとするアレルギー症状の原因とも言われているのです。

1.テレビを見ている時などに右の人差し指で軽く右の鼻孔を閉じてから左の鼻孔だけで息を吸います。

2.吸ったまま止め、今度は右の鼻孔を開き左の鼻孔を左手の指で押さえて閉じます。

3.右の鼻孔で息を吐きます。

これを最初は1、2回繰り返し鼻呼吸の習慣を身につけましょう。

また、アレルギー対策を強化するには鼻うがいをする事も効果的です。3/4カップの精製水及び浄化した水に小さじ1の食塩と小さじ1/4のべキングパウダーを良く混ぜて、専用のポット及び鼻うがい専用器具を使うと効果的です。

でも、どうしても無理と言う方は市販の鼻孔洗浄スプレーなどを使っても多少の効果が見込めます。

舌のそうじ

朝、目が覚めた時の舌はバクテリアの宝庫。そしてバクテリアが繁殖した口内は、口臭は勿論、歯の汚れや病気の原因にもなります。また、味覚を感じる味蕾(みらい)が細菌で埋もれてしまうと、食事の旨みに鈍感になり、食べ過ぎを招いてしまう恐れもあるのです。

舌そうじ専用ブラシを使うのが最適ですが、「急に、彼からデートのお誘い!」で専用ブラシを持っていない時にはスプーンでも掃除が可能です。デートの前にはメイクの前に舌クリーニングも忘れずに。

ドライスキン・角質ブラッシング

毎朝シャワーに入らないと仕事に行かれない、出かけられないという女性は、シャワーのお湯を出す前にボディブラシで体をこすると、即席リンパマッサージになります。ブラシの硬さや擦る力を調節すればマッサージの強弱も調節できます。

ブラッシングはリンパの流れを促進するのと同時に毛穴を開かせて毛穴の汚れ、角質を取り除くことで肌細胞の再生をも促すので、ボディの美肌効果バツグンです。

シトラスでリラクゼーション

アメリカの州立大学での調査結果でレモンの香りはセロトニンやノアエピネフリン等の脳内伝達物質に影響を与え、落ち込み気味や苛々したムードを和らげて免疫機能を高めてくれる事が分かったそうです。

レモンに限らず、グレープフルーツや自分の好みのシトラス系のエッセンシャルオイルや香水などを上手に毎日の生活に取り込む事で頭の中からリラックスしましょう。

ヨガや瞑想でストレスによる肌荒れを撃退

どうしても、苛々ストレスが溜まるとお肌も髪のツヤもハリもなくなります。激しいエクササイズで一汗かくのも効果がありますが、運動が苦手な女性や運動の後は20分で瞑想や瞑想を兼ねたヨガやストレッチをして心身ともにリフレッシュして、美しさを体の中から取り戻しましょう。

この記事をシェアする

関連記事