• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その「口癖」が実は彼氏や友達を遠ざける??こういう時こそ性格判断しよう

Date:2012.10.11

自分で気づかないからこそ怖い「口癖」。なんとなく言ってしまった口癖で彼や友達に不愉快な思いをさせてしまうことも。そうなる前に、自覚して直したい口癖。あなたはどんな口癖がありますか?

…っていうか

「今日のメイクちがうね?っていうかセクシー」「今夜飲みに行くのやばくない?っていうか明日会社だし」多いですね。この「っていうか」。

20代のみならずオーバー30でも平然と使い、さらに口癖になっているあなた!彼氏からも友だちからも心のなかで、しらけられています。

そもそもこの二重の言い方が、相手をイライラさせる場合があります。相手の知性レベルが高い場合は特に要注意。

前出の場合ならば「今日のメイクはセクシーね」「明日、会社だから今夜の飲みはやめよう」というべきです。しかし、恐ろしいのは「口癖」になっている時です。意識せずに「っていうか」がでている可能性があります。

ある意味

「それもある意味間違いじゃない」「ある意味好きだけど」この「ある意味」ってどんな意味でしょう?中途半端な教養のある言い方をしたために、かえって自分の言葉の価値を下げてしまうのが、この「ある意味」です。

どうしてもこの曖昧な表現が使いたいなら「違う角度から見たら」くらいに言えるといいと思います。実はこの「ある意味」冷めてきた彼氏に使われると、本気でカチンとくる言葉ですよね。

「ある意味好きだけど」と言われると、いったい何がいいたいのか・・・。しかし逆も然り。あなたも「いったい何がいいたいの?そのある意味って」と思われているかもしれません。

言ってもいい?

「言ってもいい?そのネイル派手」「あのさ、今日の課長のネクタイについて、言ってもいい?」これも女子からよく聞く言葉ですね。「言ってもいい?」と疑問形ながら「言います」という主張の言葉。

しかもその後に続くのは往々にしてくだらないマイナスの意見です。楽しい話で「言ってもいい?」がでるならまだしも、誰かを傷つけるような場合に使うのは、女子力が低い証拠です。

悪いけど

「悪いけど、私こういう人はタイプじゃないから」「デートでそのシャツ、悪いけどやめてくれる?」ちっとも「悪いけど」と思っていない女子に限ってよくつかう「悪いけど」。

この一言があることで、「私はそんなにひどい人間ではなくて」と自己弁護しているようで、鼻につくというのが男子の意見。女子同士でも「悪いけど」と前置きされていい気はしないですよね。

私は…な人

「私は浮気って許せない人なのよね」「私は彼氏につくしちゃう人だから」この表現も多いですね。第3者から自分自身を見たような言い方をすることで、自分のマイナスイメージを回避しようとしています。

この言い方は、文学的でも自分の負を回避できるわけでもありません。薄っぺらな響きさえあります。

しかも何度も「私って普段は…な人で、時々…な人でもあって、でも本当は…な人」とまで言った女子がいましたが、もう誰も彼女の話に耳を貸さなくなりました。ここまでくると、自意識過剰の現れでしょう。

口癖を直すには

以上、代表的な女子の口癖をあげました。思い当たる言い方があるのでは?と思います。この口癖は自分以上に話す相手の耳ざわりになる場合があります。

これらの口癖が出そうなときは、あえて他のいい方にするかプラスの表現に変えましょう。話をしていて楽しい人、後味のいい人とよりコンタクトを取りたいのは、誰しも一緒です。

普段から自分の言葉に少しだけ気をつけてみるのも、女子力をあげる材料になることでしょう。口癖を直すには、心で一回言葉を唱えてから、実際に口にだします。

それは手間かもしれませんが、「あれ、言ってしまった」という結果を招く前に心がけて見ましょう。ゆっくり丁寧に話す女子は男子にも好かれますよ。

この記事をシェアする

関連記事