• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夕方のむくみ足を解消する方法と簡単予防法!

Date:2012.12.15

夕方になると足がむくむ、という女性が多いものです。特にデスクワークなど体を動かさずに1日仕事をしていると、見た目にも分かるほど足がパンパンになって、夕方には靴がキツイ、なんてことも。それが毎日続くようであれば要注意です。

むくみは血行が悪くなっている証拠。血行が悪いと老廃物や余分な水分がたまり、セルライトの原因になってしまいますよ。セルライトは一度できると簡単には解消できません。つまり、足が太くなってしまい、足やせをするのにとても苦労するということ。

足のむくみ対策をしっかりして、むくみのないスッキリとした足を目指しましょう。

座りっぱなしにならない

足をむくませないためには、座ったままの状態でいないことです。最低でも1時間おきくらいには、机から離れて体を動かすようにしましょう。トイレに立ったり、お茶を用意したり、面倒がらずにこまめに足を動かすことが大事ですよ。

座ったままでできるストレッチ

土踏まずの上の方に「湧泉(ゆうせん)」というツボがあります。このツボを刺激してあげると、血流がよくなり、足の疲れやむくみも解消できますよ。ゴルフボールなどの小さくて硬いものを土踏まずのところで転がりたり、指で刺激したりするといいですよ。

ふくらはぎの筋肉を動かすことで血流をよくすることができます。イスに座ったままかかとの上げ下げをしましょう。足先を動かすことで血行をよくします。つま先を内側に、次に反対側にというエクササイズで足先もぽかぽかしてきますよ。

股関節の血行もよくしましょう。イスに座ったまま足の付け根をプッシュ。足の付け根にはリンパ節があるので、ていねいに押すといいですよ。

休憩中にできる簡単ストレッチ

休憩中には足全体のストレッチをしましょう。階段を使ってかかとを上げ下げすると、ふくらはぎが気持ち良く伸びますね。また、ふくらはぎをよくマッサージすることで血行がよくなり、むくみを予防することができますよ。

また、アキレス腱を伸ばしたり、膝の裏側を押すようにマッサージ。また、足首をよく回すのもむくみ予防にいい効果があると言われています。足のストレッチをすると、体全体の血行がよくなって体も軽くなりますよ。

むくみ解消ストッキングを着用する

むくみ解消・予防をしてくれるストッキングやハイソックスなども利用するといいですよ。こういったストッキングは足首、ふくらはぎ、太ももと段階的に圧がかかるように設計されているので、着用しているだけで血行がよくなり、むくみや疲れ、だるさを予防してくれるのです。

また、リンパの流れにそった圧がかかるように作られたソックスなどもおすすめですよ。ただし、あまり締め付け過ぎはかえって血行を悪くしてしまうので注意を。目安としては140デニールがおすすめです。

自宅でできる足のむくみ予防法

足のむくみやだるさはそのままにしておいてはいけません。その日のむくみはその日のうちに解消しておきましょう。

  • 足指マッサージ
  • 床に座り片方の足を伸ばして、もう片方の足を曲げて伸ばした方の太ももあたりに置きます。足の親指から1本1本ぐるぐる回したり、引っ張ったりしながらもみほぐします。

    終わったら足の指と指の間に手の指と指を入れて握手するようにギュッと握ります。さらに、そのまま足首を回します。

  • 足裏を刺激する
  • 両手の指で足の全体をもみほぐします。足の裏にはツボがたくさん。よくもむことで血行をよくします。入浴後など血行がよくなっているとき行うとさらに効果アップですよ。

  • 下半身にたまった水分などを心臓に戻す
  • 壁の近くに横になり、両脚を壁に立てかけます。気持ち良くなるまでそのままの状態で。下半身に溜まった水分や老廃物を心臓にもどしてあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事