• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏はキャンドルデイナー!ロマンチックなアレンジとメニューは?

Date:2014.05.25

日が長くなりました。6月くらいまでは、夜7時くらいまではうっすら明るく、寒くも暑くもないとてもここちよい夜の始まりを楽しめるシーズンです。

この季節、ぜひ企画していたただきたいのが、外での「キャンドルDinner」です。アメリカの映画などでは、よく外でキャンドルデイナーするシーンがでてきます。

素敵なキャンドルDinnerをセットしましょう

自宅の庭でもマンションならベランダでも、または部屋の窓に面したところでも、外の空気を感じられるところにテーブルをセットしましょう。

アウトドア用のテーブルでもいいです。簡単に運べる台のようなものでも構いません。テーブルに素敵なテーブルクロスを敷きます。

そしてキャンドルをいくつか、テーブルの大きさにもよりますが3つ4つあればよいと思います。雑貨屋さんやインテリアショップにいくと、ガラスのコップのようなものにキャンドルを立ててランタン風にともすタイプのものがたくさん売られています。

風よけになりますし、何かのはずみで火にふれてしまったり、倒して何かに燃え移る・・・という危険がすくないのでお勧めです。キャンドルの色や太さなどさまざまでも面白いかもしれません。

次は飲み物です。夏の夜には、泡もの炭酸系のカクテルなどが合うような気がしますが・・・もちろんお好みです。素敵なテーブルクロス、キャンドル、発泡性の甘いカクテル・・・これだけでもずいぶん気分が盛り上がってきますね。

さらにお気に入りの音楽を流しましょう。部屋のスピーカーでは外まで、音が聞こえなければ、I-podや携帯電話に入っている音楽でもいいと思います。今、携帯電話からの音楽をスピーカーのように大きく響かせられるツールがあります。

音楽を流した状態の携帯電話をその箱型のツールにのせるだけでスピーカー効果で音楽を聞くことができます。

そして、食べ物は、やはり食べやすくて小皿やなにかがあまり必要ないもの。パスタやパン、ピザ、海苔巻などのご飯もの、などがテーブルの上もすっきりしていて、食べやすいかもしれません。

キャンドルの薄明かりの下でも汚さず、簡単に食べられて・・お皿の数が少なくてすむものがいいですね。

雰囲気ががなによりのご馳走です。面倒に思えてもセットしてしまうと素晴らしい気分転換になります

キャンドルDinnerで素敵な時間を過ごすのは、このように本当はとても簡単なのです。キャンドルDinnerの一番重要なポイントは,タイミングなのです。仕事や学校から帰ってきて疲れています。

外で食べる?アウトドア用のテーブルだす?窓際にテーブルを移動する?夕方だと蚊や虫もいそうだし・・などとはじめは面倒に思えるかもしれませんが、そこでパッとセッテイングしてしまうのがポイントです。

家の中のキャンドルDinnerでも十分素敵ですが、やはり、この季節の外の空気感は素晴らしいです。月を見たり、星をみたり、ほんの少しの脱日常。気分を切り替えてみましょう。

日常生活、ほんのひと手間やちょっとした工夫、面倒がらずにちょっとやってみる・・・という小さなことが精神状態やライフスタイルを活気づけてくれるのです。

まずはやってみること。素晴らしい気分を楽しめます

外の空気を感じられる場所にテーブル、テーブルクロス、キャンドル、飲み物、音楽・・まずはここから始めてみましょう。買ってきたサンドイッチでもいいのです。雰囲気が何よりのご馳走です。

慣れてきたら、お花を飾る。食べやすいメニューを増やす・・・などアレンジはあなた次第で広がります。お友達や彼を招いても素敵ですね。

この記事をシェアする

関連記事