• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうやって使ったらいい?キャリアオイルの種類と美容への活用法

Date:2014.08.23

美容に興味関心の高い方なら、キャリアオイルを使った事があるのでは?キャリアオイルとは、アロマテラピーなどで使われるオイルのベースとなるものです。エステサロンでも、マッサージの時に使われています。

キャリアオイルの種類も、沢山ありますので何を使っていいのか迷いますよね。目的別におすすめのキャリアオイルの種類と、使い方について、紹介していきますね。

キャリアオイルの使い方

キャリアオイルは、様々な用途に使えます。

  • マッサージに
  • セルライトが溜まっている、疲れがたまっている、カサカサが気になる、冷えているなど気になる部分をキャリアオイルでマッサージすると効果的です。

    オイルの働きで、肌のすべりが良くなります。摩擦によるお肌へのダメージも防げます。お肌へオイルの有効成分を届けます。キャリアオイルに含まれるそれぞれの、有効成分が、マッサージによりお肌に浸透し、良い効果をもたらしてくれます。

  • かさつきが気になる部分に
  • キャリアオイルは、全身に使用できます。パサつきが気になる髪の毛、カサカサになった手足に付けることで、髪や肌に適度な潤いを与えてくれます。

  • お肌の汚れ落としに
  • メイク汚れやお肌の汚れ落としにも最適。メイク落とし用に開発されたオイルとは異なり、界面活性剤を含んでいません。肌にもやさしく、おまけに汚れ落ちも抜群。オイルをお肌の上で動かすことで、マッサージ効果も得られます。血行もよくなりますよ。

キャリアオイルは、天然の成分を使用しています。低刺激で、敏感肌にも使えますのであらゆる肌タイプの方のケアが、これ一つでできます。

目的に合わせてキャリアオイルを選ぶ

日本で販売されている主なキャリアオイルと、その効能について紹介します。

  • オリーブオイル
  • 不飽和脂肪酸をたっぷりと含む、健康に良いオイルとしても有名。抗酸化作用の高いビタミンAとビタミンEを豊富に含んでいますので、肌質の強化と老化防止に適しています。テクスチャは、他のオイルと比べるとちょっとねっとりします。肌に付けると、伸びにくく浸透するまでも時間がかかります。

    全身に使うことができますが、使用感が少しネックです。他の浸透性の高いさらりとしたオイルに、少し混ぜて使うと、べたつきを感じません。

  • セサミオイル
  • ゴマより抽出されたオイル。和食にも、よく使いますよね。ゴマに含まれるセサミンには、高い老化防止のパワーがあります。セサミン配合のサプリメントも、たくさん販売されていますよね。お肌に塗ると、アンチエイジングの働きと、老廃物の排出を促してくれます。

    こちらも少し粘性があるので、他のオイルと混ぜて使用するのがおすすめです。

  • マカダミアナッツオイル
  • マカダミアナッツから取れるオイル。高いアンチエイジング効果の期待できます。他のオイルには、含まれていないパルトミン酸という成分が含まれています。それが減ることで、老化現象が起こりやすくなるのですが、それを補ってくれるのです。

    浸透力が高いので、肌への馴染みが良いです。

  • グレープシードオイル
  • ブドウの種より、抽出されます。老化の防止を防ぐ、ビタミンEが豊富に含まれています。しかも、もともとは廃棄する予定の種が主原料となっているため、他のキャリアオイルよりも価格がお手頃です。感触もさらりとしていて、お肌への浸透も高いので、全身に惜しみなく使うことができます。

  • ツバキオイル
  • 日本人には馴染みの深いオイルです。昔から美髪効果のあるオイルとして、重宝されています。実は全身にも使用することができます。

これ以外にも、キャリアオイルの数はたくさんあります。一本持っていると、全身ケアが一つでできるので便利です。効果効能や価格を比べてみて、自分に合ったオイルを見つけてみてください。

この記事をシェアする

関連記事