• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

むじゃきは無敵!絶対に折れないKY女子を目指そう

Date:2013.06.14

無邪気な人って魅力がありますよね。男も女も、モテるための必須アイテムになっているぐらいだし、芝居の世界でも「動物と子供には勝てない」なんて言葉があるぐらい、パワーがあるものです。

だけど無邪気でいることにはけっこう度胸がいる。そう思っている人も多いと思います。確かに、無邪気というのは、一面では人の意を介さないということですから、上手な立ち回りや気遣いを要求される大人にとっては、つい封じ込めてしまう気持ちの一つですよね。

でも、それではもったいない。なにせそれだけのパワーがあるものなのですから。無邪気こそ「信じたもの勝ち」なのです。

自分の中の無邪気を開放してあげれば、もっとラクに、もっとしなやかに、少々のことではビクともしない生き方が出来るようになりますよ。

無邪気はKY?

「無邪気」にはどんなイメージを抱くでしょう。この言葉ほど二面性を持っているものもないかもしれませんね。

悪意も作為もなくて、素直に目の前のことを楽しめる、伸び伸びと表情豊かな、可愛げのある無垢なイメージと、能天気で鈍感で思慮の浅い、自分の欲望に忠実で人への配慮のないKYなイメージ、といったところでしょうか。

そうですね、KYなんて造語が出来るほど、人に注意を払う意識は、現代ではほとんど強迫観念にまで研ぎ澄まされてしまっていますよね。この異常さへの警鐘からか、逆に「鈍感力」という言葉が生み出されるほどに。

無邪気とKYは違います。無邪気は触れた人に快感をもたらしますが、KYはただの害悪です。

両方とも自分に忠実なおこないですが、大きく異なるのは、人に対する思いやりの有無です。無邪気は、好きなことを好きなようにやっていても、常にそこへ還っていけますが、KYの中にはもともとその意識がありません。だから最低の在りようとして軽蔑されるのです。

無邪気はイノセンスです。悪意も作為もない、ピュアな透明感にあふれた「反応」なのです。あなたがKYでないなら、怖れることはありません、堂々と無邪気を目指しましょう。

ダイヤモンドは傷つかない

無邪気ほど強いものはありません。純粋さは、人を癒し、人の憧れを呼ぶものだからです。
ピュアなものは、よく繊細さや傷つきやすさと混同されがちですが、ダイヤモンドって鉄板さえ切れますよね?

本当の純粋さとはダイヤモンドのようなものなのですね。その意味では、繊細さや傷つきやすさというものには、何かが混ざっているのかもしれませんね。多くは隠されたエゴかと思いますが。

強さの大本は、人の思惑に左右されないということです。無邪気は楽しさのみを目指していると言っても過言ではないかもしれません。自分が楽しくてしていることに、人の非難や評価は関係ないのですね。

純度の高いものは強いのです。悪意や作為といった雑みが少しでも入っていれば、人は敏感に察知し、嫌悪の対象にさえするやもしれません。でも本当に純粋な無邪気には、人の心をユルめてしまうチカラがあるのです。

「王さま、裸だヨ」と言って、ついには国民全員が大笑いすることになった、あの『裸の王様』の子どもと同じことですね。シンプルな、誰もが納得できるような一点のみに動かされているおこないは、意外に許されるものです。

あの話には、その子を捕まえてお仕置きをしたというような後日譚はなかったでしょう?無邪気は、相手の戦意を喪失させるものなのです。悪気の無さほど強いものはないのですね。

無邪気という生き方

無邪気はにぎやかなものです。泣いたり笑ったり、どうしてそうなっているのかが分かりやすいから、人は好感を持つのです。実際にそんな人が周りにいたら、あなたもつい笑っちゃうんじゃないでしょうか。

人への配慮も思いやりもある大人が、こと自分のことになるとすっかり飾り気がなくなってしまう。これは魅力的ですよね、みんな応援したくなると思います。

人の思惑を考えて行動を決めるのは、自分の損得を考えているということです。一見、配慮のように見えますが、根っこにあるのは自分がよく見えたいという欲望であることも多いのです。

これだと、いちいち人に振り回されて、そのたび傷つくことになっても無理ないですよね。その傷は、恨みつらみといった、悪意の素にもなりかねません。

人の思惑を気にしなければ、傷つくこともないのです。これが間違った方向に出ているのがKYです。人を遮断することと思惑に乗らないことは、まったく違いますよね。

それが本当に思いやりから出たものであれば、考える前にもう行動しています。無邪気は傍目を気にしないものなのです。

どうしたら、しなやかで折れない無邪気な心でいられるのでしょう。それは文字通り、邪気を手放すことです。人を自分の思うままにしたいという雑みを断つ。人のことに拘泥しない、人と自分のあるがままを受け止める、自然体でいることです。

でも、いくらこれがモテアイテムだからといって、無邪気を装うのはダメですヨ。無邪気はほら、作為のないものですから。それをやったら、むしろ邪気に満ちた女になっちゃいます!

素敵なのは大人の無邪気

無邪気を手に入れるのはなかなか難しいかもしれません。でも、今からでも遅くはありません。いいえ、むしろ大人になったからこそ、無邪気のかけがえのなさが光るのです。

大人の良識と無邪気は両立できるものです。そのさじ加減は、あなたのお好み次第。無邪気に怖れごころは要りません。

それに年齢を重ねるごとに、むしろ無邪気は魅力として許されていきますから、大丈夫。自分で自分を可笑しがることができるような、おおらかな素直さをどんどん発揮してください。

大人になってもカッコウをつけている人は、過剰な自意識で自分を守っているように映ります。そう考えると、無邪気がなぜ強いのか、解るのではないでしょうか。一番ピュアな「その瞬間の感動」が、あなたを強く、美しいダイヤモンドにしていくのです。

~舞台女優が教える美のレッスン

この記事をシェアする

関連記事