• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

”リア充”になれない痛い女…その名も”キョロ充”の生態とは

Date:2014.09.01

みなさんご存じの”リア充”。いつも楽しそうで、毎日が充実感で溢れキラキラ輝いている…そしてそんな人のSNSには毎日素敵な出来事がアップロードされていたりしますね。

心が病んでいなければ、そんなリアルが充実した友人を微笑ましく見られるのですが、ちょっと心が荒んでしたら、ウザいなとも思ってしまうのが女という生き物だと思います。

あまりに”わたし、素敵な毎日を送っていて、幸せです!”と言わんばかりなのは、確かにウザいですよね。でも、ちょっと待ってください。本当にその人はリア充でしょうか。

”リア充”になれない痛い女…その名も”キョロ充”という生物が最近話題に上がっているのです。では、リア充とキョロ充の違いとは一体なんなのでしょう。

自分に素直なリア充ガールに対して…

毎日が充実している人のことをリア充というのは皆さんご存知だと思います。なんとなく、いつも楽しそう…そして何やら夢や目標に向かって努力を続けていたり、それを応援してくれる人がいたり…。

”充実する”という実感を得るための行為や出来事は人それぞれですよね。本来、人間の充実感なんていうものは共有できないのですが、最近のSNSでは”シェア”するなんて機能もあるくらいです。

リア充の輝かしい生活を何の気なしに見てしまった女性からは、その”毎日の充実っぷり”が嫉妬の対象になってしまうことだってあるのです。

ただ、そんなキラキラしたリア充ガールは、周りの評価や目線に対して良い意味で鈍感です。周りからどう思われようが仕方ない、自分を良く思ってくれている人がいれば、そうでない人もいる。

そういうことがきちんと頭の中で認識されているので、自分のしたいように行動し、必要とあれば周りを気遣い、ただの嫉妬狂いの”エセ友人”には素っ気ない対応で切り抜けられるというわけです。

楽しければ素直に楽しむし、興味が無ければ手をつけない。でもそこそこ自分が必要だと思う人付き合いはしっかり続けられる人だからこそ、周りにも自然と気の合う人が寄ってくるのです。

では、キョロ充ガールの生態とは

最近作られた造語、その名もキョロ充。皆さんはご存知だったでしょうか。簡単に言ってしまえば、リア充の対面にいるような人間のことを指す造語です。

キョロ充の”キョロ”は、いつもキョロキョロしている様子、周りの目をとても気にし、周囲の反応を見るのに必死になっている様子からこの名前が付きました。

基本的にこの人種には、自分に自信が無いという人が大半を占め、そしてその自信の無さを隠そうとして一生懸命本来の自分ではない自分を日常で演じています。

本当は、心から気の許せる友人が少ないのにも関わらず、女子会を妙に頻繁に開催していたり、オシャレなカフェで1人でコーヒーでも飲みながら雑誌を読んでいたり…とにかく”普通にしていられない”のです。

周りから見て暇そうにしている自分を受け入れられず、なにかしていなきゃ落ち着かない。でも心の底では「充実してないなぁ」と空虚な気持ちを持っている…そんな寂しくて悲しい女性達です。

素直にありのままの自分をさらけ出すことができない人には、本当の意味の友人が出来ません。腹を割って話が出来ないうわべだけの”トモダチ”がいっぱいいるのもこのタイプの特徴といえます。

あなたの周りにこんな人、いませんか

確かに、人に嫌われるのは悲しいし、「この人寂しい日常だな」なんて哀れな目で見られるのも嬉しくはありません。でも人間生きていれば気の合う人もいればそうでない人も必ず現れます。

子供のころは、自分に気の合う人とだけ関わり合いを持っていれば済む話ですが、大人の社会ではそうはいきません。嫌いだなと思う人でも一緒に仕事をしなければならないし、逆にそう思われていることも十分にあり得るのですから。

なのに”キョロ充”ガールは、不特定多数の人間から好かれたい、良く思われたいと一貫して考えているので、周りの反応を過剰に気にしてしまうのです。

ですから、なんてことないただの昼食でさえ誰かと一緒でなければ一人で過ごせなかったり、いつも周りの意見に翻弄されて自分の意見がブレブレだったりします。そういったイタイ人、結構いますよね。

結局、”みんな”から好かれたいがために良い恰好をしていても、本音をさらけ出せる相手はできません。人は、プラスな話をすることは誰にだって出来るからです。

自分にとっての負の部分、マイナスな感情を素直に人に話せるような人が、飾らない真の友人として深くそして長く付き合っていけると思われどんどん友人が出来、人が集まるのです。

”キョロ充”ガールは、人に好かれたい割に人から好かれるために必要なことの逆ばかりしていて、人を遠ざけているような人のことを表現した現代社会の悲しい造語なのです。

この記事をシェアする

関連記事