• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

京都に着いたらすぐにお着替え!京都観光は着物でお得に楽しもう

Date:2013.11.04

京都観光をする時、着物を着ていると様々な特典を受けることができることをご存知ですか?京都っ子にとってはもう定番とも言える「京都きものパスポート」。きものを着てきものパスポートを持って、ひと味違う京都観光へ出かけましょう!

京都きものパスポートってどんなもの?

京都きものパスポートというのは、着物を着て提携の施設や店舗へ行き提示すると入場料などの割引やプチプレゼントなどの特典を受けられるというものです。

冊子は京都駅ビルの京都総合観光案内所をはじめ、主に京都市内の着物にまつわる施設などで配布されています。ちなみに、冊子を手に入れる時には着物で行く必要はありません。

場所によっては品切れということもあるそうなので、遠方からの旅行で活用したいという時には現地調達はちょっと不安ですよね。そんな時には切手代を払えば郵送でも送ってもらうことができますし、携帯サイトの提示や自宅でのプリントアウトでも大丈夫です。

京都には着物レンタルを行なっているお店もたくさんありますので、手ぶらで来て京都に着いたらすぐレンタルの着物に着替えるというのが手軽でオススメ。

着物のレンタル店でも特典が使える店舗があるので、あらかじめパスポートを手に入れてからレンタルするのが効率的です。

着慣れない着物でも心配なし!

普段着物を着ることが無い人なら「着物で観光なんて大丈夫かしら…」と不安に感じてしまう人もいると思います。観光しているうちに着崩れてしまったり、帯が潰れてしまったりしたらどうしていいのか分からず困ってしまいますよね。

そんな時にも着物パスポートを持っていれば大丈夫!百貨店の呉服売り場や着物関連施設などでは「着物レスキュー」と称して着崩れを直してくれるサービスがあるのです。

自分で直せる程度であれば、自分で着崩れを直すスペースを貸してくれるという「着物お立ち寄り所」のステッカーが貼られた店舗などもあります。あくまで着崩れを直すサービスで、着付けは行っていませんのでご注意を。

京都ではタクシーでもきものがお得!

MKタクシーを始めとする京都の一部のタクシー会社では「きもの割引」という制度を採用しています。京都を国際都市にするための取り組みの一環として、もっとたくさんの人に着物を来てもらいたいという思いがあるようです。

着物を着て乗るだけで割引なんてお得ですよね。この制度は着物だけでなく浴衣や甚平などでも適用され、グループであれば誰か一人が着物を来ていればOK。着物で京都を訪れる際にはタクシー会社を選んで乗らないといけませんよ。

この記事をシェアする

関連記事