• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

中秋の名月は京都で過ごそう!京都はお月見イベントが盛りだくさん

Date:2013.11.05

2013年の中秋の名月は9月19日です。皆さんはどこでお月見をするご予定でしょうか?桜の季節・祇園祭・紅葉の季節には京都は観光客でいっぱい!でも、お月見の季節の京都は少し落ち着きを取り戻します。

中秋の名月に合わせて、京都では各地でお月見にまつわるイベントが開かれます。今年は京都で地元の人々と共に、京都の風情を感じながら満月を眺めるなんていかがでしょうか。京都で行われるイベントをいくつかご紹介します。

大覚寺の「観月の夕べ」

毎年、中秋の名月に大覚寺で開催される「観月の夕べ」。今年は9月19日から21日まで開催される予定です。昔から大沢池はお月見の名所と言われています。

9世紀のはじめ頃に嵯峨天皇が大沢池に船を浮かべ、文化人たちと交流したことから始まったと言われています。「観月の夕べ」では大沢池に龍頭船と鷁首船が浮かべられ、乗船すれば船の上でお茶の接待を受けることができます。

乗船券は毎年早い段階で売り切れますので、乗船を希望する場合は早めに会場で購入するのがオススメ。陸上でもお茶席が設けられ、琴の音を聞きながら優雅な気分でお月見を楽しむことができます。

大沢池の上でライトアップされながら行われる法要もとても印象的です。

下鴨神社の「名月管弦祭」

世界文化遺産である下鴨神社の「名月管弦祭」、今年は9月19日に開催される予定です。このお祭りは平安時代に行われた「御戸代会」が起源と言われており、昭和38年から一般にも公開されるようになりました。

五穀豊穣・天下泰平を祈願して琴や管弦などの演奏や十二の平安貴族舞など様々な奉納行事が行われ、設けられた茶席から祭事を楽しむことができます。

八坂神社の「祇園社観月祭」

京都市内でも特ににぎやかな四条河原町・祇園からも歩いて行ける八坂神社でも、9月19日にお月見のイベントが行われます。舞殿で祭典が行われた後、 献詠をはじめ管弦・舞楽・筝曲・祇園太鼓などが奉納されます。

周辺に観光スポットが多いので予定が立てやすく、繁華街で食事をしてから見に行ったりもしやすい場所です。

神泉苑の「観月会」

二条城のすぐ近く、雨乞いを通じて静御前と源義経が知り合ったとされる神泉苑でも9月16日に観月会が催されます。観月法要が行われた後は池に浮かべられた舟からお月見ができ、お抹茶の接待も行われます。

素晴らしい庭園が無料で特別公開されますので、1200年の歴史を感じながらお月見ができます。舟のチケットが150枚程度ですので、舟からのお月見を希望する場合は早めに手に入れておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事