• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

休日でも家で過ごす「家好き男子」の4つの本音

Date:2013.01.04

せっかくの休日だから遊びにいきたい!と思っても腰の重い彼氏が「家でいいじゃん」と言っていたら、こんな心理かもしれません!という男性心理をまとめてみました!

個人的に私の周りの男性はこんな感じ!

お金がない

品よく言えば、倹約したいのです。景気が良くて夏のボーナスが5カ月分も6カ月分も出ていた頃に比べて、オトコはお金がありません。27歳で手取り21万円で家賃を支払ってしまえば、もうなにもできない。

そのわりに、平日には同僚と安い居酒屋に行ったり、1時間5000円ぽっきりのキャバクラに行ったり、中古のゲームソフトを買うのですが、それはまあ。お金がないと彼女に堂々と言えないので「今日はお家でいたいな」と適当にもごもごと言ってお茶を濁します。

人目を避けたい

お休みの日まで外に出て人目を気にしながら活動をしたくない。平日はさんざん取引先の担当者に会って気を遣ったりお世辞を言ったりしているのです。

休みの日くらい、自分が好きな格好で好きなテレビを見ながら好きなようにテレビに向かってコメントを言いたい。それが反社会的なコメントであったとしても。

やっぱりお家が落ち着く

楽しい旅行から帰ってきて「ああ~、やっぱり家が落ち着く」と思ったことありませんか?家って落ち着くのです。

たとえ汚くて狭い部屋であっても、手の届くところに自分の好きなものがたくさんあって、お茶を飲もうと思えば150円を支払うことなく冷蔵庫に無料のお茶がある(まあ、オトコが自分で買ってきたお茶ですが)。そういうのって落ち着きます。

内省したい

「これからのオレの人生はどうなるのかな?」とか「このまま少子高齢化が進むと、いまの会社もなくなるかもしれないから、今のうちに転職したほうがいいのか?イヤ……資格をとるまで今の会社で粘るかな」とか、答えが出ないことを延々と考える時間が欲しい。

これを女性に責められたくないのです。オトコは愛する彼女との結婚を見据えて、少しでも結婚後の生活が楽になるようにと願いつつ、自分の仕事のことを考えています。休日に家でゴロゴロしているオトコを責めないでくださいね。(笑)

この記事をシェアする

関連記事