• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ドライブデートを満喫しよう!ドライブに出かける前の基本の準備

ドライブ

ドライブ好きといえば男性に多そうですが、最近は女性が運転することも増えてきたので、ドライブは性別に関わらない趣味となりました。短距離から長距離まで、移動するだけでなく運転自体を楽しむのは素敵ですね。

そんなドライブをもっと満喫するには、いくつかのコツや知っておきたい点があります。すでにドライブの虜になっている人も、これからドライブを始めたい人も、ぜひ役立ててくださいね。

用意するものはなに?ドライブに行くなら準備をしよう!

ドライブに必要なのは、愛車だけ…と言いたいところですが、『絶対に欲しいもの』や『あれば便利なもの』はたくさんあり、それらの準備をまずは意識しましょう。

絶対に必要なもの あれば便利なもの
・免許証
・お金(最低でもガソリン代)
・目的地住所(とくに長距離の場合)
・目薬
・飲食物
・スマートフォン

どれもドライブに慣れた人なら当たり前に感じるかもしれませんが、不慣れなうちは車一つで出かけてしまうことも多く、そうなると出先で困るかもしれません。

なお、ドライブは『行き先』や『同乗者』によっても必要なものが変化してくるため、上記のアイテムは『車に乗るなら最低限意識したいもの』だと思ってください。

それでは、ドライブを左右する行き先と同乗者についても学んでおきましょう。

行き先を決めよう!目的地のあるドライブを楽しむ

ドライブでは「とくに行き先も決めず、とりあえず車を走らせる」という楽しみ方もあります。ただ、『目的地が明確なドライブ』のほうが最初はおすすめです。

ドライブにおいて目的地を設定すれば、以下のような利点があるでしょう。

  • 迷いにくくなる
  • トラブルが起きても帰りやすい
  • 目的地に到達した際の達成感がある

知らない道をふらふらと走行していると、ある程度運転に慣れたドライバーでも迷う可能性があります。

その点、目的地を設定しておけば道順なども考えるため、「ここをこうして行って、帰りはこっちを通ろう」と決めておけば、迷子の心配はありませんね。

また、目的地を決めてから到着すれば、「やっと着いた!」という喜びがあります。目標がないドライブはダレる可能性もありますし、十分慣れてからでも遅くはありません。

なお、目的地を決める上で重要なのが『距離』なので、それらについて触れておきましょう。

近場でも楽しめる?短距離ドライブの目的地について

短距離のドライブでは無理なく運転が楽しめる反面、「短い距離なら車を出さなくてもいいのでは?」と思うでしょう。

しかし、最近は以下の設備が充実してきたおかげで、ほとんどの地域にて短距離ドライブが楽しめるようになりました。

  • 道の駅
  • サービスエリア

こうした施設は全国各地に点在しており、ドライバーの休憩所としての役割が強く、車で向かうには最適ですね。

とくに道の駅については近年のブームにより、「こんなところにもあったんだ…」と驚くでしょう。なお、道の駅の多くは『設備は充実しているものの車がないと行きにくい場所』に設置されているので、ドライブの目的地にはおあつらえ向きでしょう。

ほかにも、近くに高速道路があれば、サービスエリアに行くのもおすすめです。最近のサービスエリアは単なる休憩所ではなく、名産品の購入やユニークな食事処があるため、こちらも目的にしやすいでしょう。

ルートは明確に!長距離ドライブは日程に余裕を

車は徒歩や自転車に比べて長距離の移動に向いているため、ドライブでも長めの距離を楽しむ人がいます。

こうした長距離ドライブは宿泊なども含めれば、それこそちょっとした旅にもなりますね。ただし、短距離に比べると注意が必要です。

  • 行きたい場所の順番などを考える
  • 食事や宿泊施設などの確保
  • 走行距離や時間に合わせた休憩の導入

上記に加えて突然の渋滞に巻き込まれる可能性があるため、長距離ドライブでは日程の余裕が欠かせません。

ドライブというと「ちょっと気分転換に走ろうかな?」と考えて行う人が多いので、長距離の場合は経験が少ない人も多く、アドバイスも受けにくいのが欠点です。

その分予定通りにいけば達成感はありますが、その予定通りに進めるには、入念な準備が欠かせないでしょう。

一人でも楽しめる?ドライブを自分だけで行うには

ドライブと言えば、恋人とのデートにおける定番コースですね。しかし、一人でのドライブを堪能する人が増えています。

一人でのドライブは車好きの多い男性ばかりかと思いきや、「休みの日は一人でドライブをします!」という女性も目立ちます。外に出るにはうってつけの趣味ですし、行きたいと思ったら一人でも気にせず走ってみましょう。

とくに新車を購入した場合、「意味はないけど走らせてみたい!」と思うのは当然で、このワクワク感については男女共通ですね。

そんなときにドライブ相手がいないからと中止するのはもったいなく、趣味ならばしたいときにするのが一番大切です。

こうした一人でのドライブはどのような魅力があるのか、そして気をつけるべき点はなにか、先に理解しておきましょう。

運転を楽しむには最適?一人でのドライブはココが良い!

一人でドライブをすると、以下のような魅力があります。

  • 運転に集中できる
  • 目的地がなくても気ままに走れる
  • 急な予定変更もできる

ドライブが趣味という人は「車の運転自体が好き!」と話すことが多く、その点でいえば一人のドライブは最も運転を楽しみやすいですね。

会話しながらの運転も楽しいですが、静かに車と向き合い、そして操作に集中していると、運転における車の特性が分かってきます。そうなると、より一層車に愛着がわきますし、ドライブも好きになれますね。

また、目的地を決めないドライブだって気ままにできますし、「やっぱりこっちに行こう!」という判断も可能です。一人ならではの勝手で贅沢な時間を、お気に入りの車と堪能してみましょう。

長距離はややつらい?一人で行うドライブの注意点

運転好きには最高な一人でのドライブですが、もしも長距離を走る場合、少しつらい面が目立ってくるかもしれません。

  • 運転の交代ができない
  • 会話がない
  • トラブルがあれば一人で対処しないといけない

長距離のドライブを行うなら『交代してくれる運転手』の存在がありがたいのですが、それがないのが一人でのドライブです。

それに加えて会話もないため、「眠気覚ましに話したい」ということもできません。恋人や友人との会話もドライブの醍醐味と考えるなら、一人のドライブはちょっと寂しいかもしれませんね。

総じて、一人でのドライブは『自分で好きに運転できる代わりに、全てのことを自分で行う必要がある』と覚えておきましょう。

一緒に行くともっと楽しい?二人で向かうドライブについて

一人で向かうドライブも楽しいですが、恋人や友人と一緒に走れば、もっと楽しく感じるかもしれません。

車の多くは二人以上が乗れるため、誰かを誘い合わせてのドライブはもちろん可能です。好きな男性や大切な女友達と一緒に走れば、普通の道でも盛り上がれるでしょう。

二人でドライブに行く場合、恋人か友人かで楽しみ方が異なります。

これまでは自分が運転することを前提に説明してきましたが、一緒に行く相手が車と免許を持っている場合、あなたが助手席に座ることもあるでしょう。

誰かとドライブに行くならそうした面も理解しておき、どうすれば有意義になるか、お互いに配慮してください。

サポートに徹するべき?恋人とドライブをする場合

恋人とドライブに行く場合、大抵は男性側がハンドルを握ることになり、女性は助手席にて連れ添うでしょう。

こうしたドライブデートを楽しむなら、下記のポイントを守るのがおすすめです。

  • きちんと会話をする
  • 飲み物を用意してあげる
  • ナビの操作などの補助をする

助手席にいるとつい眠くなってしまいますが、車の助手席というのは『運転手の助手役』が座るものなので、男性を頼りつつも支えてあげると喜ばれます。

運転中の男性は車の操作に神経を尖らせつつも女性を気遣うため、「寝てていいよ」と言うこともおおいですが、本当に寝てしまうのはちょっと無神経ですね。

なので、飲み物を差し入れたり、スマホのナビなどを操作してあげたりすれば、「気が利く良い恋人だなぁ」と惚れ直してくれるでしょう。本当に疲れているなら寝ても良いですが、あとで「運転が上手いからぐっすり寝ちゃった。ありがとう」と言ってあげると好ましいです。

頼り頼られが楽しい!気楽な友達とのドライブ

異性とのドライブはドキドキするものの、やはり気を遣いやすいのが利点でもあり欠点でもあります。

その点、女友達とのドライブでは、同性ならではの気楽さがあるでしょう。

  • 会話が続けやすく楽しい
  • 相手も免許を持っているなら交代を頼みやすい
  • 高速代やガソリン代の折半を切り出しやすい

男性相手ならつい言い出せないようなことも、同性だからこそ気軽に言えるのはうれしいですよね。

また、女性同士だと話題がなくとも会話を続けられるため、無言になりくいです。誰かがいるのに無言というのは空気が重くなるため、女性同士なら終始明るく運転ができるでしょう。

「ドライブに行きたいけど、誰を誘おうか迷う…」という場合、とりあえず女友達から検討すれば無難ですね。

気分転換に最適?ドライブの最大の利点について

今回の説明通り、ドライブはどのように行うかで楽しさが異なります。

しかし、どんなドライブであっても共通するのが、『気分転換に最適』という点です。

車を運転していると、歩きでは得られないようなスピード感に加え、知らない場所に向かうワクワク感など、総じて『運転することで感じる特別な刺激』が得られます。それこそが気分転換に直結し、退屈な日常に花を添えてくれるのです。

脳への刺激は気分転換の鍵なので、より効果的なドライブをしたいなら、『知らない場所に行く』ことが大切でしょう。

知っている場所でもそれなりに気分が変わりますが、やはり知らない場所に向かうことで得られる刺激は、ドライブを特別なものにしてくれます。

近場のドライブで道を網羅したのなら、旅行も兼ねた長距離ドライブを計画するなど、愛車と一緒に新たな刺激を体験してください。