• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

コツを掴んでラクしよう!家事の効率をUPさせる方法

家事

家事は人間が生きていく上で欠かせないもので、とくに女性は専業主婦や家事手伝いになる可能性が高く、このスキルを磨いておいて損はしませんね。

こうした家事は家族構成によって立ち回りが変わり、状況に応じた判断や技術が必要です。

家事の効率が良くなると人生が捗るだけでなく女性的な魅力も向上するため、家事のコツを学んでおきましょう。

家事には区分がある?生きるために欠かせない3つの要素

家事とだけしか書かない場合、「該当するものが多すぎて、どうするか分からない!」という人も多いですよね?

そこで、家事を要素によって区分し、3つに分けて考えましょう。

  • 炊事
  • 掃除
  • 家計

家事は細かく分けるとキリがなく、『生きる上での必要最低限』として上記のように分けたほうが、計画も組みやすいですね。

これよりそれぞれの中身について説明するため、自分の得意分野や苦手分野を把握し、今後の生活に役立ててみましょう。

バランスが大事?炊事は収入と相談しよう

最初に炊事についてですが、こちらができないと以下のような問題点が生じます。

  • 外食や出来合いを購入していると高くつく
  • 栄養バランスが偏りやすい
  • 食事内容にバリエーションを持たせにくい

炊事は後述する家計にも大きく関わり、最低限の自炊すらできないと『生活費の大半を食費が占める』ような事態になりかねません。

昔から外食は高いといわれているように、特別なタイミング以外では自炊が賢いです。もしも料理が苦手な場合、主食であるお米やパンだけは自分で用意すれば、これだけでも食費を大きく削減できるでしょう。

逆にいえば『食費が気にならないほどの収入があって栄養バランスを意識した食事を用意してもらえる』という場合、外食と出来合いをメインにしても構いません。「収入はあるけど仕事が忙しすぎて時間がない…」という人は、食事の配送なども上手く活用してください。

ものが少なければ楽!?掃除をする前に考えたいこと

続いて掃除ですが、こちらができないと下記の問題が気になります。

  • 不衛生な環境になる
  • 必要なものが見つかりにくくなる
  • 容姿までも不潔になりやすい

掃除とは単なる清掃だけでなく、洗濯や片付けといった収納も含まれており、スマートな生活をする上でも欠かせません。

なお、掃除に関しては『住まいの大きさ』や『一緒に暮らす人数』、さらには『所有物』によって難易度が変わります。住まいが小さくて単身世帯、そして所有物が少ないほど掃除は効率的です。

したがって、掃除が苦手なら「余計なものは増やさないようにしよう!」と考えてください。ものが少なければそもそも散らからないし、掃除機をかける場合もスムーズに作業できます。

断捨離という考え方が流行っているように、無駄をなくせば掃除も楽になるのです。

やっぱりここが一番大事!?家計管理と生活について

最後に家計についてですが、お金は生きる上で絶対に必要なため、怠ると下記のような自体に陥ります。

  • お金が貯まらず備えが作れない
  • 借金が発生しやすくなる
  • したいことができなくなる

家計は生活費といった金銭管理だけでなく買い物の内容まで把握する必要があり、一番大変で一番重要といっても過言ではありません。

金遣いの荒い人は良い印象を抱かれないように、家計管理は恋愛などでも大切です。普段からお金の使い方を意識しておき、必要な出費と無駄遣いをきっちり分けてください。

とはいえお金の計算は大変なので、慣れないうちは「毎月の収入と支出を合わせてもマイナスにはならない」というのを目標とすれば、とても分かりやすいですね。

しかしプラスマイナス0のままでは心許ないので、常にお金は余らせるように頑張りましょう。

将来につながる?独身時代の家事について考える

まずは独身時代の家事についてですが、以下の場合によって立ち回りが変わります。

  • 一人暮らし
  • 実家暮らし

独身=一人暮らしというイメージが強いのですが、実家などで家族と一緒に暮らせば役割分担は大きく変わるでしょう。

とはいえ、結婚すれば実家暮らしから独立する場合が多く、独身時代の家事は将来への備えになります。それに一人暮らしをするなら全て一人で行う必要があるため、早いうちに『自分なりの効率の良い家事』を確立しましょう。

それでは、次項より『一人暮らしと実家暮らしでの家事の立ち回り方』を解説するので、ご自分の状況に合わせて参考にしてください。

実はおすすめしにくい?一人暮らしの家事について

一人暮らしの家事だと、当然ながら全て自分で行う必要があります。多くの人の予想通り一人暮らしの家事はとても大変で、優先順位を決めた立ち回りが大切であり、以下のような順番でこなしてみましょう。

  1. 家計
  2. 炊事
  3. 掃除

実は独身時代の一人暮らしはあまりおすすめできず、実家暮らしで蓄財しながら家事を学ぶのがおすすめです。

その上で一人暮らしをするなら、上記の順番で家事を行いましょう。一人暮らしだとお金の無駄遣いが起きやすいので家計を優先しつつ、最低限の自炊をして節約しながら栄養バランスも確保してください。

掃除についてですが、一人暮らしだと汚れにくいため、掃除機や洗濯は週末にまとめて行うと良いでしょう。時間に余裕がない一人暮らしでは、ときに家事の先延ばしも必要です。

任せっきりはダメ!実家暮らしでも家事は積極的に

独身でも実家で家族と暮らす場合、家事負担は大きく減ります。しかしその分怠けやすいため、以下のことを常に意識してください。

  • 金銭的な余裕が生まれやすい分贅沢は意図的に制限する
  • 任せっきりだと家事が上達しにくいので積極的に参加する
  • 結婚に備えて家事技能を鍛えつつ蓄財しておく

親と一緒に暮らせば家事も任せやすいですが、任せっきりだと将来の自分が困るため、時間があれば積極的に手伝って家事技能を向上させましょう。

また、実家暮らしでは生活費もかかりにくいため、その立場を利用して散財する人も多いです。「むしろ生活費が少なくて済むから、結婚したときに備えて貯めておこう!」と考えるようにすれば、自分の未来にも活きてくるでしょう。

総じて、実家暮らしでは一人当たりの負担が減りやすいものの、減った負担をどう活かすかがポイントなので、家事に参加しつつも余った時間を有意義に過ごすべきでしょう。

育児が鍵?既婚者の家事で大事なこと

結婚後も家事は重要でして、むしろ『育児』が加わる分だけさらに大変かもしれません。

結婚して子供が産まれたら育児が加わり、家事もさらに忙しなくなります。育児はとくにお金も時間もかかるため、子供のいる家庭では育児を基点に家事での立ち回りを意識しましょう。

育児が加わるのもそうですが、専業主婦になるか共働きになるかでも家事の仕方は変わります。

昔は専業主婦が多かったのですが近年では共働きが増えており、共働きのほうが家事に割ける時間も少ないため、この点が疎かになる家庭が増えていますね。

どんな家庭でも家事は欠かせないように、疎かにすれば困るのは自分たちです。「結婚してから家事が上手くいかなくなった…」なんてことにならないように、共働きと専業の場合で必要なことを見ていきましょう。

分担を計画的に!共働き世帯の家事はこうしよう

共働き世帯で家事を疎かにしたくないなら、以下の点を踏まえて計画を立てましょう。

  • 基本的には就業時間が短いほうが中心に行う
  • 双方ともフルタイムなら分担をきっちり決めておく
  • 夫婦でもお金は個々で管理する

たとえば旦那さんがフルタイムで奥さんがパートタイムの場合、奥さんが空いた時間で家事をするのが基本になりますね。

双方ともフルタイムなら分担して行うべきですが、掃除などは汚れ具合に応じて頻度を下げるなど、一人暮らしのときのような工夫で負担を減らしましょう。いくら家族がいるといっても、仕事の時間が長いと大変なのは同じですね。

なお、共働きだと金銭的な余裕が生まれやすいため、いい加減な家計管理になりやすいです。そこでお互いの収入額から家に入れる分や小遣いをきっちり分けておかないと、あとでケンカの火種になりかねません。

お金はときとして夫婦仲も引き裂くため、結婚前から取り決めを徹底しましょう。

専業だからこそ完璧に?家事に専念するなら気をつけること

専業として家事を行う場合、共働きとは違った計画性が必要です。

  • 専業で家事をするなら家にいるほうがほぼ全てを行うべし
  • 力仕事などではパートナーも頼ろう
  • 私用の出費ではきちんと相談すべし

専業主婦になると家の仕事を専属で行うのですから、その分完璧な家事への期待が高まりますし、それに応えなくてはいけません。

とはいえ、自分が家事ばかりしていると「なんで私ばっかり…」とか「私のほうが大変!」という不満が出やすいです。そこで力仕事などは男性を頼るようにすると、共同作業としての意識も芽生えてケンカもしにくいでしょう。

また、小遣いなどを明確に設定していない場合、収入から私用のものを買うならば相手に相談してください。パートナーの収入のみで暮らしているなら、相手への敬意も忘れないのが円満のポイントですね。

やっぱり切り離せない?女性と家事のイメージについて

昔に比べると食事の配達やハウスクリーニングが発達したこともあり、家事の重要度が下がっているのは事実です。最初に説明したように『お金さえあればあらゆる家事も任せられる』ので、それも生き方の一つでしょう。

しかし、それは本当に一握りの人だけですし、多くの男性は女性に家事技能を求めているのも事実です。それは裏を返せば『家事が得意な女性ほど魅力的』という答えにつながりますね。

とくに独身女性の場合、家事ができるだけで苦手な人よりも結婚のチャンスが増えます。結婚願望が強いなら下手な習い事を始めるよりも、自宅で家事に注力するほうがよほど期待できるでしょう。

家事は生きていく上で必須な分、できるかどうかは大切なのですね。

新着記事

1 / 212