• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ボタン1つでネットショッピング!お得に買い物できるのは?

ネットショッピング

日本には優れたネットインフラがありますので、『ネットショッピング』も他国に比べて非常に発展しています。ほかの買い物方法に比べて利点が多く、一度でも使うと「こんなに便利だったなんて!」と驚く人が多いですね。

しかし「便利なのは知ってるけど、分からないことが多くて不安…」と躊躇する人もいます。そこで、『ネットショッピングを使う上で最低限知っておきたいこと』を分かりやすくチェックし、使いこなしてみましょう。

仕組みは簡単?ネットショッピングの基本について

最初に『ネットショッピングの仕組み』について見ておきましょう。基本的な利用方法については、下記の流れのようになります。

  1. 使いたい店のサイトにアクセスする
  2. 欲しいものをカートに入れる
  3. 配送先や決済方法を指定する
  4. 指定された場所に商品が送られてくる

大体はこのような流れであり、サイトによってはアカウントの作成が必須な場合もあります。アカウントが不要なサイトでも登録しておくことで、購入の度に情報を記入する必要もなくなるでしょう。

こうして書くと非常に簡単そうに見えますが、ネット上のサービス利用に慣れていないと、以下のようなことが心配になりがちです。

  • どこの店を使うべきか?
  • 決済はどのように行うのか?
  • ネットショッピングの値段はどのように調べるべきか?

こうしたネットショッピングの不安について、一つずつ解決していきましょう。

使う店はどこが良い?ネットショップを大きく分類する

ネットショッピングを快適に利用するなら、『どんな店を使うか?』というのは非常に大切です。

大きく分類するとしたら、ネットショップのタイプは以下のようになります。

タイプ 傾向
大手通販サイト 主に『Amazon』や『ヨドバシカメラ』が該当。自社にて商品を取り扱い、発送まで行うため、決済などの手続きが楽で発送も早い場合が多い。品揃えも比較的豊富。
出店式サイト 主に『楽天市場』や『Yahoo!ショッピング』が該当。サイト側は出店をサポートし、客側は出店している店とやり取りを行う。出店している店によって若干ルールは違うが、個性のある品揃えを一つのアカウントで購入できるのは便利。
直販サイト さまざまなメーカーや個人が該当。品揃えや発送スピードにはばらつきがあるが、生産者などから直接購入できるため、サポートや特典を受けやすい。

このように分けることができ、自分が欲しいものや使いたいサイトにて選んでも問題はありません。

初めは大手がおすすめ?ネットショッピングに慣れるコツ

ネットショップはそれぞれのタイプ毎に利点があり、慣れている人なら購入するものによって店を使い分けています。こうすることでネットショッピングの利便性を最大限活かせますが、もしも不慣れな場合、『大手通販サイト』を使うほうが良いでしょう。

大手通販サイトは基本的に詐欺の心配が不要で、サイトの操作性や不良品の応対にも優れる場合が多く、初心者でも安心です。とくに電話応対がしっかりしているサイトは、ネット自体に不慣れでも扱いやすいでしょう。

大手は品揃えや値段のバランスが良いだけでなく、顧客対応にも優れるのが特徴です。そうした点が良いと不良品が届いても安心ですし、使い方で分からないことがあれば気軽に質問できます。

ネット通販に詳しい人が身近にいるならともかく、自分で調べてから利用しないといけない場合、練習として大手を使い始めるのが理想的でしょう。慣れたところで品揃えや価格を意識し、使うべき店をある程度増やしてみてください。

怪しい店に注意!ネットショッピングにありがちな落とし穴

ネットショッピングに関するトラブルというのは、ほとんどが『使う店が関係するもの』です。とくに以下のような店を使ってしまうと、高確率でトラブルに巻き込まれるでしょう。

  • 大手ではない海外サイト
  • 日本語が不自然なサイト
  • 異常に安いか高いかのサイト

インターネットでは国境も関係なくあらゆるサイトが見られますし、海外サイトでの買い物もネットショッピングなら可能です。

しかし外国語が読めないなら当然として、海外サイトではほとんどが海外のルールにて運営されており、トラブルがあっても解決ができなかったり、非常に時間がかかったりします。

日本語なら安心かといえばそんなことはなく、とくに翻訳サイトなどで訳したような怪しい文面の場合、詐欺が多いです。それに加えて価格設定が極端であれば、使わないのが無難でしょう。

もしもネットショッピングを安全に使いたいなら、『国内に拠点があって規模も大きなサイト』がおすすめです。

代金はどう支払う?ネットショッピングの決済方法について

ネットショッピングも買い物ですから、『決済方法』を理解して支払わないといけません。そうした支払いの方法についても選択肢があり、多くのサイトにて採用されているのは以下の方法です。

  • 代金引換(代引き)
  • クレジットカード
  • 銀行振り込み
  • 電子マネー(ポイント支払い含む)
  • コンビニ支払い

この中では代引きとコンビニ支払い以外が先払いとなっており、比較的ほとんどのサイトで使えるのがクレジットカードと銀行振り込みでしょう。

どんな方法でも支払えればOKではありますが、払い方によってネットショッピングの快適さは変わります。そこで、各方法による違いを理解しておきましょう。

決済方法で変わるネットショッピングの使い勝手

決済方法によるメリットとデメリットを下記の表にて確認しましょう。

決済方法 メリット デメリット
代金引換 ・クレジットカードやポイントが不要
・場合によってはその場で受け取り拒否が可能
・手数料が別途発生する
・宅配ボックスが利用できない
クレジットカード ・決済が早い
・カード独自の還元が受けられる
・ショッピング保証があれば不正利用も多少安心
・番号の不正取得の可能性は捨てきれない
・作成するのに審査がある
銀行振り込み ・ネットバンキングなどを使えばすぐに手続きできる
・買いすぎを防止しやすい
・ネットバンキングがなければ手続きが面倒
・振込手数料が発生しやすい
電子マネー ・情報の不正取得がされにくい
・使うポイントによっては還元が受けられる
・ポイントがなくなれば別途購入(チャージ)する必要がある
・一度ポイントを購入すると払い戻しがほとんどできない
コンビニ支払い ・コンビニで荷物を受け取れるため不在の心配が少ない
・手数料が発生しにくい
・近くにコンビニがないと不便
・対応している店が少ない

総合的に見れば、使える店の多さと手軽さからクレジットカードが人気で、気になる不正利用も保証にてリスクが軽減できます。

とくに最近はネットショップ以外にもカード対応の店が増えたので、一枚は作っておきたいですね。

クレジットカードが作れない人におすすめの決済方法とは?

ネットショッピングでは欠かせないとも言われるクレジットカードですが、「つい使いすぎてしまいそう…」とか「審査に通らない…」という人が多いのも事実です。

そんな人はネットショッピング用に『デビットカード』を作ってみましょう。

デビットカードとは、審査なしで作れて『VISAのクレジットカード』が使える店なら大抵は利用できます。支払いが銀行口座からの直接引き落としなので、使いすぎも起きにくいでしょう。

デビットカードは上記のような特性があり、クレジットカードよりも気軽に作れる上、ネットショッピングでも使える場合が非常に多いのです。中には「ネットショッピングではデビットカードを使い、クレジットカードは公共料金の引き落としのみに使う」という使い分けをする人もいます。

このように安全性と作りやすさを備えたデビットカードですが、ネットショップの全てが対応しているわけではありません。利用の際には対応の有無を調べましょう。

値段にご注意!?ネットショッピングで気になる価格の問題

買い物をするなら、まずは値段を見る…これは当然ですね。そういう意味では『実店舗よりも安いところが多いネットショップ』は魅力的なのですが、安いからと飛びつくのはよろしくありません。

極端に安い店は怪しいと書いたように、商品の値段だけを見て飛びつくと、いざ決済すると高額だった…なんてケースがあります。詐欺の場合は通報もできますが、単なる見落としではこちらに非があるため、返金は期待しにくいです。

これはネットショッピングで比較的良く見かける苦情であり、これを防ぐには下記のような対策が必要です。

  • 商品代以外に発生する料金をチェックする
  • 比較サイトにて価格を調べる

こうすれば「ほかのネットショップで買ったときよりも、極端に高かった…」なんて自体も防ぎやすくなるので、初心者の人は必ずチェックしてください。

商品代だけでは決まらない?決済前に見ておきたい合計金額

ネットショッピングでの支払金額は商品代だけでは決まらず、諸々の費用も含めた価格にて決定されます。

  • 送料
  • 消費税
  • 手数料(代引き手数料など)
  • ポイントの還元率

商品の値段が安くとも、こうした費用に関しては含まれていない場合が多く、最終的な決済画面で「あれ?なんでこんなに高いの?」と驚くこともあるでしょう。

とくに送料については商品説明のページに書かれていないことも多く、楽天市場などの出店式サイトは同じようなページでも購入店舗で異なるため、最初のうちは混乱するかもしれません。

なお、ポイントの還元率については『商品価格自体は高めだけど、ポイント還元率が高いので総合的に見ればお得』というケースにつながります。ヨドバシカメラなどのポイント還元が積極的な店を使う場合、そうした還元分も含めて計算してみましょう。

ただし、ポイント還元率を重視する場合、「このポイントはもらったとしても使い道があるのか?」をよく考えてください。いくら還元率が高くとも、使わないポイントなら無意味です。

比較は大切!ネットショッピングで損をしないコツとは

ネットショップは今では無数に存在し、店によってさまざまな点が異なります。その中でも特に注意したいのが『値段のばらつき』で、この点を軽視すると思わぬ損につながるでしょう。

多くのネットショップは「最安値」と宣伝していますが、それは一概に言えません。購入前にきちんと他店と比較しておかないと、想像以上の高値にて買ってしまう可能性があります。

多くのネットショップが実店舗よりも安めなのは事実ですが、ネットショップ同士で比較したら「実店舗よりは安いけど、さらに安いサイトがあった…」なんてことが多いです。そこで、ネットショッピングを行うなら『価格の比較サイト』を使いましょう。

  • 価格.com
  • お買い得.net
  • 比較.com

こうしたサイトは『数あるネットショップから指定された商品の価格を比較して表示』するため、最安値で売っている店が一目瞭然です。

ネットショッピングをする前に価格が比較できるサイトを使うようにすれば、毎回お得な買い物ができるでしょう。

パソコンがなくてもOK!スマホでより手軽な買い物を

今回お教えしたことを活かせば、ネットショッピングはさらに身近で便利になるでしょう。ただ、「ネットショッピングしてみたいけど、パソコンを持っていないからできない…」とお悩みの人はいませんか?

ネットショッピングはインターネットに接続できるなら、大抵の端末から利用できます。たとえばスマートフォンならパソコン顔負けの操作性にて利用できるため、パソコンがないからと諦める必要はありません。

サイトによってはスマホに対応しきれていないこともありますが、今回紹介したような大手の場合、スマートフォンからでも問題なく利用できます。

とくに女性は男性よりもパソコンの所有率や使用率が低いため、パソコンからしか使えないと勘違いすれば、ネットショッピングも倦厭しやすいですね。

しかし女性でも所有することが多いスマートフォンなら簡単に買い物ができるため、ネットショッピングは想像よりも手軽に使えるのです。