• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性なら避けては通れない、女性同士の対人関係の悩みとその解決方法

shutterstock_314318837

人との関わりは、ときには楽しくまたときには辛く、その時の状況や相手との関係性によって大きく異なりまた変化していきます。

また女性は時として、母としての役割、妻としての役割、また一人の女性としての役割、など色々な役割を一人で担わなければならないときがあります。

そのような状況の中で人と関わり、お付き合いをしていくなかで避けては通れない対人関係。

そんな中で対人関係の悩みというのは少なからず生まれてくるものです。

面倒に感じることもあるかもしれませんが、生活していくうえで対人関係というのは避けて通れるものではありません。

女性同士のついつい陥りやすい対人関係の悩みから、その解決方法までをご紹介していきます。

生きている以上、人との関わりは避けて通れるものではありません

時には人と人との関係の中で、問題にぶち当たりなかなか前に進めなくなってしまうようなこともあるかもしれません。

その中でも、女性ならではの対人関係やその悩みにはどのようなものがあるでしょうか。

ここでは女性同士の対人関係について、いくつかピックアップしていきたいと思います。相手が同じ女性でも、立場や状況が変わればそれに伴い付き合い方も変わってくるもの。

その中で起こってくる悩みにはどのようなものがあるでしょうか。

職場の同僚女性との関わり

働く女性にとって、一日の大半を過ごす場所と言っても過言ではない職場。そこでの対人関係をこじらせてしまうと、一日中憂鬱な気分で過ごすことになりかねません。

また肝心の仕事にも支障が出てきてしまう恐れまでもあります。

自分が困ったときに頼りになるのも同僚の存在であったりすることもあるため、そこでの人との関わりはとても重要なものであるといえます。

  • 同じ職場で働いているため仕事上の悩みを相談しやすい反面、同僚なのでミスの指摘をしにくい。
  • 軽い気持ちで別の同僚の愚痴をこぼしたら、いつのまにか本人にも伝わっており気まずい雰囲気に。

自分が仕事上の成績を上げると、嫉妬の的になることも。

女性上司

男性よりも女性の方が細やかだと一般的には言われています。仕事のことだからと割り切って考えられればいいのですが、なかなかそうはいかないこともあります。

  • まだまだ日本は男性社会。上司というのは数々の難関を男性と共に戦い勝ち抜いてきた人。そのせいもあってか、少し気の強い人も?
  • 女性というのは一般的に男性よりも洞察力や勘に優れているとされており、そのため細かい指示や指摘を受けることも。
  • ちょっぴり気分の浮き沈みが激しいなんてときも。

友人や同級生などの女性

気の合う友人と過ごす時間はとても楽しいもの。

でも、時間を過ごせば過ごすほど、色んなことを知る中になり、いつの間にかお互いの関係に溝が生まれてきてしまうことも。

また、結婚や出産などのイベントを機にお互いの環境の違いから少しずつズレが発生してきてしまうなんてこともありますね。

  • 時間を共有すればするほど、お互いの色々なことを情報交換することになります。そんな中で嫉妬心が芽生えることも。
  • 会う度に自慢話ばかり。聞いているこちらはだんだん疲れてきてしまいますが、聞きたくないとも言えず。
  • いつも、自分のことを棚に上げて人の指摘ばかり。アドバイスとして教えてくれているんだろうけど、ちょっとお節介がすぎることも。

ママ友や子供絡みの習い事関係の女性

子供がすくすく育つのは親にとって嬉しいもの。

子供の成長に伴い、幼稚園、小学校と子供の活躍する場が増えていくにつれ、親同士の付き合いも増えていきます。

時には、そこでの関係が複雑になってきてしまうことも。

  • ママの年齢はさまざま。そんな中で若いママとの常識の違いにぶち当たってしまうことも。
  • 自分の子供がお友達とけんか。するとすぐにママが飛んできて自分の子供だけを異常にかばいだす、なんてことが。自分の子供がかわいいのはわかるのですが、ちょっとかばいすぎでは?なんてことも。

旦那の実家のお姑さん

大切な夫のおかあさん。近い存在だけど、お互いに気を使う関係。そんな中で、ちょっとした考え方の違いからギクシャクしてきてしまうことも。

  • こういうときはこうするもの、という習慣の違いからその後の関係に響いてくることも。例えば、手土産ひとつ、挨拶ひとつなど。
  • 息子のかわいさから、ついつい過干渉になっているお姑さんも。家庭の細かなことにまで口を出してこられると、こちらは参ってしまいますね。
  • 結婚して子供が生まれると、孫のかわいさからついつい口出ししてくるお姑さん。ついにはわが子のように口を出されると、衝突を招きかねませんね。

対人関係を悪化させてしまった際の対策について

世の中には、気の合う人も合わない人もいます。そんな中で、残念ながら気が付いたらなんだか相手との関係がなんだかおかしなことに。

そんなときに是非参考にしていただきたい対策をいくつか紹介します。

とにかく冷静に

ひとたび人間関係の悩みがうまれ始めると、ついつい憂鬱な気分になりがち。そんな中でもしかしていじめられているのでは、という思いがふと頭をよぎることもあるかもしれません。

しかし、このような状況では人はついつい疑心暗鬼になりがちなものです。まずは冷静になってみることが大切です。

いつも通りの挨拶を心がける

何となくいつもと違う、と感じている相手に挨拶をするのは少し気が引けるもの。しかし、このような状況だからこそいつも通りの挨拶を心がけましょう。

挨拶や笑顔がないと、まわりから何かあったのかなというのがすぐにわかってしまい、どんどんと状況の悪化を招きがちです。

相手を選り好みしない

職場の同僚や上司、ママ友などは自分で選ぶことはできません。

その中で相性が合う人、合わない人がいても当たり前のことなのですが、ちょっとしたことでこの人とは相性が合わないと決めてしまってはいませんか。

一度決めつけてしまうと、その後の関係についついひびが入りがちです。一度だけの関わりですむ相手ならいいのですが、そうはいかないのが現状です。

相性が合わないと決めつけるのはやめ、むしろ相性が合う人だと思ってお付き合いをしていくことが大切です。

安易に人の愚痴に同調するのは危険

他人の悪口にはついつい同調してしまいがちなもの。

しかし、そのちょっとした行動が回りに回って、いつの間にかあなたが悪口を言っている、なんて噂になっていたなんてことは意外とよくある話です。

誰にだって愚痴を言いたいときはあるものですが、相手との関係を考え安易な行動は控えましょう。

考えすぎず、こちらの態度を変えてみましょう

何といっても考えすぎないことが大切です。

いきなり相手は変わりませんが、自分自身の態度を変えることはすぐに実践できます。細かいことはいつまでも考えず忘れるように努力することも、時には大切です。

疲れてしまう前に、ちょうどいい距離を保ちましょう

対人関係はとても大切ですが、いつも対人関係だけを一番に考えて行動していると疲れてしまいます。

必要最低限の関わりだけにおさえて、一定の距離を保って接してみるのも一つの方法です。

相手とのちょうどいい距離感をつかむことができれば、その後の人間関係もスムーズにいくはずです。

決めつけるのは、やめましょう

人というのは、とても複雑なものです。少しお付き合いしたくらいではその人の本当の姿というのはわかりません。

この人とは合わないと決めつけず、人には色んな面があるのですから一つのことだけにとらわれるのはやめましょう。

そして、自分と相性の合う面をみつけるように心がけましょう。

対人関係は楽しくもあり、難しくもある

一歩外に出れば、そこには人がいて関わりがうまれます。

人との関わりには、一対一の関係や、集団の中での関わりなどその時々によって状況もそれぞれ異なってきます。

一度うまくいかなくなってしまった対人関係を修復するのは、簡単なことではありませんが、時がたてば解決することもありますし、あまり深く悩まないことが大切です。

時には上手くスルーしてみるのも、一つの手ですよ。

悩みすぎてストレスを抱え、体調を悪くしてしまうようなことがあっては元も子もありません。あまり深く悩まずに自分が楽な方法を