• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

学生とは訳が違う!社会での先輩・後輩関係を上手く立ち回る方法

shutterstock_447405973

『先輩や後輩との関係』は学生時代だけでなく、社会人になってからも生じてきます。学生時代のほうが関係も厳しそうに見えますが、実際は社会人としての先輩後輩関係のほうが面倒です。

とくに女性は先輩や後輩との付き合いを大切にするため、上手く関係をコントロールしないと、仕事にまで差し支えるでしょう。そんな社会人としての人間関係について、詳しく見ておきます。

学生のようにはいかない?社会人としての先輩後輩関係

「学生のときには先輩や後輩とも楽しく過ごしていたし、同じ具合で社会人としてもやっていこう!」と考えていませんか?

ですが、学生時代のノリで社会人生活を開始すると、周囲からは厳しい視線を向けられるでしょう。

学生時代ならば、多少のミスがあっても謝れば問題ありません。ですが仕事ではお金が動いているため、学生と同じノリで周囲に向き合うと、ピリピリしているタイミングならば怒鳴られることもあるでしょう。

先輩相手ならとくに注意すべきですが、仮に後輩相手に軽すぎても社会人として疑問視され、こちらも仕事に支障が出ます。

学生時代の付き合い方というのは、卒業と同時にすっぱり忘れ、就職後は慎重に関係を構築していきましょう。新入社員にはお堅い人も多いですが、軽いよりかは全然マシですね。

したがって、まずは『先輩との付き合い方』から意識しておきましょう。

入社直後は先輩だらけ!新社会人としての振る舞いをしよう

学校を卒業して新入社員になったのならば、基本的に周囲は先輩だらけですね。

『たとえ1日でも入社が早ければ先輩になる』とは言うものの、実際は『1年以上は勤めているベテラン』が先輩と呼べます。そんな先輩たちはすでに会社へ貢献しているため、敬意を持って向かい合いましょう。

会社によっては上下関係が緩いこともありますが、それでも先輩を敬うように意識しておけば、とりあえず無礼を働くこともありません。

最初にも触れましたが、新入社員のうちは慎重すぎるくらいでちょうどよいです。慣れてきたら徐々に態度を緩めていき、仲良くなるのはそれからでも遅くありません。

「だけど先輩を目の前にすると緊張して、どう接すればいいか分からない…」という人は、これからお教えする2点を覚えておきましょう。

挨拶と敬語は徹底的に!先輩に嫌われない基本とは

新入社員として仕事を開始するなら、先輩に対しては下記のことを守りましょう。

  • どんな気さくな先輩が相手でも挨拶は自分から
  • 入社から時間が経過しても話すときは敬語を使う

ほかにも社会人として大切なことはありますが、少なくとも先輩相手なら上記を押さえておけば大丈夫です。

まずは挨拶ですが、シャイな女性は少し気後れするかもしれません。しかしこうした挨拶は大声を出す必要はないし、すれ違う際に軽く頭を下げつつ伝えればOKです。

『人間関係を作るなら挨拶から』と昔から言われるように、これを自分からしておくと、第一印象が大幅に良くなります。当たり前のことをして好かれるなら、やらないと損ですよね?

また、慣れてくるとタメ口に崩したくなるかもしれませんが、相手は目上ですし、常に敬語で話せばトラブルにはなりません。敬語は『敬う相手に対する言葉遣い』なので、敬語で接されて嫌な先輩はいないでしょう。

頼るのはほどほどに?先輩と一緒に働くコツ

先輩と一緒に仕事をするのなら、基本的には頼ってあげると良いでしょう。頼られることで相手の自尊心を見たし、責任感も芽生えるので、組織から見ても良い影響が期待できます。

ただし、頼りすぎるのは逆効果でしょう。

最初のうちは丁寧に教えてくれる先輩も、さすがに何度も聞かれると「物覚えが悪いな…本当に言ったことを聞いているの?」と怪しみます。そうなると今後は頼りにくくなるため、ときには『目で盗む』という仕事術も実践しましょう。

盗む、なんて書くと人聞きが悪いですが、先輩の技術を見て覚え、そして実践すると喜ばれることが多いです。

これが学生時代なら、お互いがライバルということで不愉快になるかもしれません。しかし、社会人ならば仕事を円滑にこなすのが最優先なので、言われる前から覚えてもらえると、先輩も「手がかからなくていい後輩だなぁ」と高く評価するでしょう。

もちろん、「このやり方、先輩から学んだんですよ」と伝えてあげると、相手もさらに喜びますね。

仕事に慣れてきたら意識しよう!後輩と接する必要性

会社に入って仕事に慣れ、そして先輩との関係も固まる頃には、新入社員が増えるかもしれません。

そうなると、これまで後輩でしかなかった人も先輩になりますね?

後輩は先輩に比べて気を遣わなくて良さそうですが、これまで自分が先輩とどう接してきたか、考えてみましょう。すると「ああ、先輩も気を遣ってくれてたんだなぁ…」と気付けるように、相手が後輩でも考えて対応すべきです。

『先輩からは目で盗め』と書きましたが、もしも良い先輩に恵まれたのなら、『後輩との接し方』もぜひ真似しましょう。

するとあなたも尊敬される先輩になれて、後輩とも円満な関係を作れます。先輩として立派に振る舞える頃には、仕事も順調にこなせているでしょう。

そんな後輩と上手く付き合っていくなら、これからご紹介するポイントを押さえてください。

明るく気さくに!後輩には見せたくない姿とは?

後輩との付き合い方において、以下の2点は常日頃から意識しておきましょう。

  • 暗くならないように明るく振る舞う
  • 質問されたら気さくに答えてあげる

先輩が仕事中に暗いと後輩のモチベーションまで下がってしまうため、せめて明るく振る舞うことだけは忘れないでください。

「おしゃべりは苦手だから…」と考える人も、心配無用です。明るさというのは口数の多さではなく、『マイナス思考にならないこと』であり、ちょっとのミスくらいなら気さくに教えてあげましょう。

すると後輩も「この先輩となら、仕事も上手くいきそう!」と意欲的になり、相手に慕われつつも仕事が捗りますね。後輩は常に先輩を見ていると考えつつ、「どんな先輩が良いんだろう?」と意識して行動しましょう。

そうなると、『後輩には行動で示す』のも重要です。

信頼は行動で得る!後輩に言い聞かせるときのポイント

たとえば普段からサボりがちな上司が「真面目に仕事しろ!」と命令してきたら、あなたはどう思いますか?

これは先輩後輩関係にも言えることで、後輩に言い聞かせることがあれば、『まずは自分で行動してやってみせる』のが大切です。

後輩は常に先輩を観察しているように、先輩の良いところも悪いところも見ています。それなのに自分ができていないことを命令すれば、後輩といえど先輩を軽視することでしょう。

口先だけの人間は周囲から疎まれるように、行動が伴わない先輩も後輩たちから煙たがられるのです。

そもそも仕事を教えるためには『自分自身が教えられるほど習熟しているか?』がとても大切ですね。もしも「これを教えてあげたいけど、まだ理解が及んでいない…」と思ったら、自分も負けじと頑張りましょう。

後輩を成長させるのも大切ですが、『自分自身が追い抜かれないように成長し続ける』のも、理想的な先輩の条件です。

どちらと付き合う場合も必須?先輩と後輩に共通すること

先輩と後輩では付き合い方が異なるものの、『どちらと接する場合でも欠かせないポイント』はあります。

先輩と後輩は、社内に置いては別の存在に見えますよね?しかしどちらも人間であるように、根っこの部分では共通しているので、「さすがにこれはどちらが相手でも気にしないと…」という点も忘れないでください。

先輩や後輩はどちらかと上手く付き合うだけじゃなく、双方と仲良くするのが理想的です。

「でも、どちらかと付き合うだけで精一杯!」という人は、あまり難しく考えてはいけません。どちらも人間であると話したように、『先輩とも後輩とも仲良くなるなら、人間として当たり前の気遣いが必要』なだけで、むしろこれまでに説明してきたことよりも簡単でしょう。

観察はこまめに!先輩や後輩の人間性を見抜く

先輩も後輩もそれぞれ人間性に違いがあるように、上手く付き合っていくなら『それぞれに合わせた対応』も欠かせません。

立場は同じであっても性格による違いはあるので、「この人は先輩だからこうだ!」と決めつけてはいけません。相手の性格によって「こんなときはこうしよう」と理解してあげれば、無駄な争いもなくなるでしょう。

たとえば職場に『真面目なA先輩』と『フランクなB先輩』がいたとしたら、以下のような考え方でコミュニケーションを取ってみましょう。

  • A先輩は真面目だけど融通が利かないから、仕事中は無駄口はなくそう
  • B先輩は会話が好きだから、仕事に支障がない範囲でいろいろ聞いてみよう

その人の性格によって対応が分けられれば、相手が先輩でも後輩でも関係なく、「この人は気が利くなぁ」と高く評価してもらえますね。

ネガティブな話題は禁止?悪口は自分の評価も下げます

先輩も後輩も関係なく、女性が集まるとおしゃべりも盛り上がってくるでしょう。そうなると、つい口が軽くなって悪口も言ってしまうかもしれません。

ですが、先輩とも後輩とも仲良くなるには、ネガティブな話題は禁止しましょう。

『壁に耳あり障子に目あり』という言葉通り、たとえ職場でも悪口などはすぐに広まってしまいます。そして悪口の出所があなただと発覚すれば、先輩も後輩も「あの人にはいつ悪口を言われるか分からない…」と警戒するでしょう。

たまには悪口も含んだ愚痴を言いたいところですが、『悪口はどんな人でも言われたくない』という基本を思い出せば、こらえることはできるでしょう。

それに『火のない所に煙は立たない』と言われるように、普段から悪口を発さなければ、変な噂も立てられません。噂も広まりすぎると真実味を帯びてしまうため、あらぬ疑いがかかるでしょう。

自分への悪口を未然に防ぐなら、悪口を言わないことが大事です。

同期も大切に!先輩にも後輩にも属さない立場について

会社では先輩や後輩にばかり気を遣うかもしれませんが、『同期』の人たちも大切な存在ですね。

同期とは『同じ時期や近いタイミングで入社した社員』であり、中には顔見知りもいるかもしれません。同期とは比較されることも多いですが、同時に『もっとも気軽に付き合える立場』でもあるでしょう。

同期はあなたにとってライバルではありますが、ライバルとは憎み合うのではなく、お互いを高め合うために協力するのが望ましいでしょう。

たとえば先輩にも後輩にも聞きにくい内容も、同期相手なら比較的気を遣わずに聞けます。ライバルを頼るなんて…とは考えず、「この仕事を達成すれば、お互いのためになる」と思って、困ったときの仲間として敬意を払いましょう。

社会人になるとたくさんの人と関係ができますが、それらを上手くコントロールし、快適な日々を過ごしてくださいね。