• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自由な気持ちで飛び出そう!大人女子が自分に自信をつける留学

留学

留学を考えたことはあるけれど年齢が気になって、そんな方いらっしゃいませんか?

今では留学の目的も以前にも増して多様化し留学する方の年齢層も多岐に渡っています。

それに伴って受け入れ態勢も随分と整っているのです。

海外で学ぶこと自体、人生にとって貴重な財産となります。日本を飛び出し全く違った環境に身を置いて、自分の可能性をより高め、自身を再発見してみませんか。

女性が社会人になってから留学することには、様々なメリットがあります

結婚や出産などでキャリアがいったん途切れることもある社会人女性ですが、そんなときも留学は心強い味方になるのです。

海外で鍛え上げられた語学能力や国際感覚は、帰国後のキャリアアップにとってたいへん有利に働きます。

学生時代と異なりステップアップのために留学するという目的を持っている方が多いので、語学も国際感覚もモノになりやすいのです。

結果、海外に拠点を置く企業に就職する、留学先に住み続けて働く、ということも可能になるのです。

社会人留学では語学プラスアルファの学びを目指す人も多く、留学後の再就職は思ったよりスムーズ。起業を念頭に置いて留学する場合などはより実践的な留学となり、後に実を結びやすいですね。

国際的なネットワークも、ボーダーレスな今では起業に欠かせないに違いありません。

社会人留学の場合、今まで培ってきた経歴は大いに尊重されます。教授陣も留学の意図をしっかりくみ取ってくれるので、キャリアを築いていくために十分すぎるくらいの内容の指導をしてくれます。

社会人だからこそ、思っていた以上に満足のいく留学になる可能性が高いのです。

既に社会でもまれている立場ですから、社会人の問題を処理する能力は相当なもの。何が起こるかわからない海外生活で、すぐ問題に冷静に対処できる能力があるということは非常に重要なのです。

留学はただでさえストレスがかかるものですが、生活力があるとそのストレスは多少なりとも軽くなるというもの。

社会人なりの的確な問題理能力を盾に、自信を持って留学しましょう。

キャリアアップを狙うなら、オススメは資格とボランティアです

海外で資格を取る、またはレッスンを受けるという留学も、目的意識がはっきりしていて成功の可能性が高いものです。

資格取得留学で女性に特にオススメしたいのは、ビューティー系の留学。アロマセラピー、マッサージ、ネイルアート、ヘアメイク、エステティシャンと、実に様々な資格取得を目指します。世界の最先端を行く技術やセンスを本場で身に着ける醍醐味を感じるとともに、世界中から集まった志を同じくする仲間と切磋琢磨できます。

教育系も有望です。

  • 児童英語
  • 小学校英語教師
  • 日本語教師

などなど・・・

更に英語を母国語としない人たちに英語を教える資格取得コースもあります。

早期からの英語教育の必要性も話題になっている現在、英語を教える資格を海外で取得することは、たいへん強みになります。

トラベル系も人気です。

ツアーコンダクターの資格を取るコースもあり、旅行業界に就職や転職を希望するにはもってこいです。

一流の航空会社で実際に使用されているトレーニングプログラムを教材として使用するなど、即戦力が身に付く内容のコースもあります。

レッスンタイプなら、スポーツ、アート、ミュージック、フード関係といった満足度の高い習い事を英語で受けるコースがあります。

フードなら、バリスタコースはオススメのひとつ。

日本ではコーヒーブームがこの先も続きそう。本格的バリスタを目指して海外でレッスンし、レストランビジネスも並行して学べば、帰国後に自身のカフェをオープンすることも可能です。

各国の料理を学ぶコースで学べば、帰国後に家庭でのレパートリーが広がるだけでなく、料理研究家やシェフとして活躍することも期待できます。料理好きで腕を磨きたい方にはもってこいです。

アートも写真や映画製作といった幅広いコースがあり、趣味にとどまらない技術を習得することができます。

映画製作については海外の方が本格的に学ぶことができ、映画作りを仕事にすることも視野に入ってくるに違いありません。

テニス、ゴルフ、スキー、サーフィン、ダイビングに乗馬と、スポーツ系も多彩です。

海外では日本と異なる方法でスポーツの指導をすることもあり、それが大きな刺激になったり、技術の向上につながったりします。

ビギナーコースも充実しており、更に上を目指す上級者だけでなく、これから新しいスポーツを始めようという人にもピッタリです。

ボランティア留学は、手っ取り早く海外で働いてみたいという方にオススメです

子供好きの方には、託児所や保育園で子供たちの世話をするチャイルドケアのボランティアがあります。

日本ではなかなか触れることのない子供ならではの外国語をうかがい知るチャンスです。

観光用クルーズ船で働くボランティアでは、客船の乗務員としてさっそうと仕事をこなし、気分は一流航海士。旅行業界への就職も視野に入ってきます。

福祉ボランティアならば、高齢化が加速している日本で仕事に生かせる貴重な体験となるでしょう。地元密着型のボランティアなので、現地の人との交流も深めることができます。

珍しい医療系ボランティアというのもあります。海外での医療の在り方を肌で感じることができ、勉強になることも多いものです。

ボランティア留学は正に実践重視。仕事が自分に合うと思ったら、ワーキングビザを取得して現地で正式に働くこともできるのです。

資格でもレッスンでもボランティアでも、キャリアアップや自身の可能性を広げることにつながるのは間違いありません。資格、ボランティアの両方を経験するのもまたオススメです。

リフレッシュしたい方にも、留学は自分リセットに大いに役立ってくれるのです

キャリアアップはまだ考えていないけど、やはり海外での生活体験はしてみたい、日本以外の場所でリフレッシュし今の自分から抜け出したい。そんな方ならリフレッシュ留学をどうぞ。

リフレッシュ留学の筆頭はホームステイやファームステイ。

ホームステイはご存知と思いますが、現地の家庭に家族の一員として滞在すること、ファームステイはファーム、つまり農家宅でお世話になりながら暮らすことです。

現地の人と全く同じように生活することで文化や生活習慣を学ぶことができるのはもちろん、日本以外の国や地域で生活しているという満足感も得られます。

滞在家庭つまりホストファミリーは、外国人と接することに慣れている方ばかり。安心してすんなりと家族の一員になることができます。

ファームステイの場合はやはり自然に恵まれたところで生活することになるので、特に満員電車で通勤し、都会でせわしなく働いている人にとっては、心をのびのびと開放できるチャンスとなるはずです。

余裕があれば、リフレッシュしながら何らかのレッスンを受ける留学もいいですね。

また本格的留学を考えている方でいきなりキャリアアップ留学は気が引ける、心配だなという方も、まずはホームステイで生活に慣れることから初めてみてはいかがでしょうか。

短期留学の王道、語学留学で人気の安心な留学先はこちらです

 
留学ときいて、まず語学留学を思い浮かべる人も多いでしょう。

短期でも比較的効果も出て、留学気分を味わいながら楽しみもたくさんあるのが語学留学です。定番の英語留学に特に人気の国をご紹介します。

まずなんといってもハワイです。

日本人になじみがあり、留学や海外初心者でも安心して行くことができます。自然が豊かで様々なスポーツを楽しむことも可能ですし、ショッピング施設が充実しているのも女性にとっては大きな魅力です。

日本でも話題になる、行ってみたかったグルメスポットや、ナイトスポットも存分満喫できます。

続いてはフィリピン。

最近ではリーズナブルに語学留学できる場所として大注目の国です。

フィリピン人は英語力も欧米人に匹敵するほど高く、面倒見が良いのもうれしいところ。日本から近いということでフライト時間も長くかからず体への負担も少ない、同じアジアならではの安心感がある、というのも魅力です。

物価が日本より安いというのもありがたいところ。

南国ならではのアクティビティも大いに充実しているので、リーズナブルに色々と楽しみたいものです。

とにかくゆったりしたい方にはニュージーランドがいですね。

治安の良さはお墨付きなので、たった一人で留学するのも安心です。

親日家が多いので、地理的には遠いのですが行ってみればすんなりと入っていくことができる国なのです。

元々宗主国がイギリスですから、正統派のイギリス英語をイギリスに留学するより格段に安く身に付けることができます。

日本との時差も少なく、時差ボケで悩むことがほとんどないのもうれしところです。

短期留学はやはり目指している人が多いので、自然とどこでも日本人が多いということになりがち。

日本人同士で固まってしまうことのないよう、あえて気を付けましょう。日本人の少ないアイルランドやアメリカの田舎町を留学先に選ぶのもオススメです。

短期では中身の濃い留学を念頭に、ビジョンをしっかりと持つことが大切です。自分が学んだことが帰国後いかに生かせるか、よく考えましょう。

ワーキングホリデーをキャリアに生かすには、働きに来ているということをしっかりいいきかせて

ワーキングホリデーときいて、なんとんなくこういうものかなと思っている方もいらっしゃるでしょう。

正式の留学とは異なりますが、ワーキングホリデービザで外国に滞在し、旅行はもちろん就労もできるのがワーキングホリデー制度です。

対象は18歳から30歳までで、滞在期間はほとんどの国で1年間。

滞在できる国は多少限られるものの、ビザ申請の条件も比較的厳しくなくそれでいて就労もできるという、うれしい制度なのです。

正式な留学との大きな差は、働けるということ。午前中は語学の勉強、午後はアルバイトといった生活形式が主流です。

通常の留学では就労は禁止されていますから、ワーキングホリデーのこの強みを生かして海外で手っ取り早く仕事の経験を積むことができるのです。

ワーキングホリデーで女性に特に人気の国は以下の3国です

オーストラリア
きれいな海に面した都市がほとんどで、気候も温暖。おおらかな気性のオージーたちに囲まれながら、のびのびとした生活が期待できます。
カナダ
しゃれた街並みの都市が多く、ちょっとリッチな気分で暮らせます。実は英語の発音が世界一美しい国ともいわれ、世界中どこへ行っても自信を持てる英語を身に付けることも可能です。
イギリス
ワーキングホリデーといったらやはりこの国。世界の先端をいくアートやファションに、多くの歴史的な建造物。このミックスがたまらない魅力な国で、アメリカ英語とは違ったクイーンズイングリッシュを身に付けてしまいましょう。

最近では韓国もまた女性に人気の国。

近くて親しみの持てる韓国で、韓国語を習得しながらホリデーを楽しむのも、ちょっと変わりダネのワーキングホリデーにはいいですね。

留学は思い立ったが吉日。今ではどんな留学希望にもこたえてくれる斡旋機関がそろっていますから、思い切って相談してみましょう。

留学したいけど、なんてモヤモヤしていないで、どんどん行動あるのみ!

留学はあなたにきっと経験以上のものを与えてくれます。

これからはどんなことでもできると、留学が終わるころには自分に大きな自信がついているはずです。新たなステージの自分へ向かいたいなら、留学を是非視野に入れてみて下さい。