• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

付き合うより難しい?今後の人生にも役立つ理想的な別れ方

shutterstock_277517432
人生において、『男女の別れ』は誰にでも起こり得ます。「私たちはラブラブだから大丈夫!」と付き合い始めは言うものの、恋愛感情は非常に移ろいやすいため、「やっぱり別れたい…」と悩むこともあるでしょう。

その場合、男性との別れ方は非常に大切です。別れ方次第で今後の人生が前向きになったり、或いは後ろ向きになったりします。好きだった人と別れても前を向くなら、理想的な別れを経験しましょう。

男性は未練が強い?別れを持ちかける際の注意点とは

男女ともに恋愛には夢中になりやすいものの、未練が強いのは男性のほうです。

『女性の恋愛は上書き保存、男性の恋愛は別名で保存』と表現されるように、男性は別れた女性のこともなかなか忘れられません。それゆえに未練がましい行為も男性に多く、別れ方によってはしつこくつきまとわれる可能性もあります。

たまにメールするくらいならともかく、別れたあとも四六時中干渉してくるなら、それはストーカー行為でしかありません。

ストーカーになるのは男性が多いように、男性の未練がましさを女性は忘れないでください。ぱっと見はさっぱりしている男性であっても、内心ではあなたに執着しているかもしれません。

しかし、別れ方によっては「あの子は素敵だったけど、もっと素敵な子を見つけよう!」と思ってくれて、相手も前向きになります。お互いがこうした別れを迎えられるように、その方法を覚えておきましょう。

別れる前は距離を置こう!お互いの心に距離を取るには

もしも付き合っている男性と別れるなら、急な別れを告げるのではなく、まずは徐々に距離を置きましょう。

この距離は物理的なものよりも、心理的なものが大きいです。

付き合っている最中に別れたいと感じるのは、相手への関心…つまりは心が離れているからです。別れる前から徐々に距離を置くようにしておけば、男性側も自然と冷めていき、あっさりと受け入れやすくなります。

気持ちが離れると一緒にいるのがつらいように、男性にもそう思ってもらうのが理想的ですね。

とはいえ、男性は『逃げる女性ほど追いたくなる』という本能もあるため、急激に突き放すと逆に別れたがりません。よって、徐々に距離を置くのがポイントです。

「今すぐにでも別れたい…」と思っていても、まずは別れる下準備のために、正しい距離の置き方を意識しましょう。

まずは連絡から?距離を置くために減らしたいこと

相手と距離を置く場合、まずは以下のように『連絡』から減らしていきましょう。

  • メールやメッセージでの会話を減らす
  • 電話の頻度も減らす
  • 仮に連絡が必要でも早々に切り上げる

男性は女性が連絡好きだと知っているため、この連絡が減ってくると「もしかして、あまり話したくないのかな?」と察しやすくなります。

それが不安になって男性からの連絡が増えるかもしれませんが、その際の対応もできるだけ素っ気なくしておくと、男性も連絡する気が失せてきます。

ここで相手に対して不愉快な言葉を投げかけると、ケンカになってしまうかもしれません。別れる前の返事は素っ気なく、それでいて最低限のものにしておきましょう。

必要がない場合、こちらからの連絡も控えるのがコツですね。

会うのも減らそう!デートをしなくなれば男性も冷めてくる

連絡するのを減らすなら、同時に会う機会も減らしましょう。以下のような態度を取っておくと、男性も冷めてきます。

  • 自分からはデートに誘わない
  • デートに誘われてもできるだけ断る
  • 記念日なども気にしないようにする

デートの約束を何度も断っていると男性も察しますし、本来は女性が大事にしている記念日なども気にしないようにすれば、なおのこと冷めていくでしょう。

男女の恋愛にとって『会って話す』ということはとても大切で、愛情を深める際には欠かせません。逆に言えば、愛情を冷ますなら会わないほうが効果的なので、丁寧かつ素っ気なくデートを断ってみましょう。

もしも仕事で出張などを命じられたら、それに応じるのもいいでしょう。男性も遠距離恋愛は嫌うので、一気に別れやすくなります。

最後は面と向かおう!別れを告げるときに必要なこと

お互いの心が冷めたのなら、いよいよ別れを告げましょう。ですがこの別れを告げる際は、きちんと顔を合わせてください。

現代は手軽な連絡方法が増えたので、「別れるときもメールでいいや」なんて思うかもしれません。ですが、それだと遺恨を残すことになり、のちの男女トラブルにつながるかもしれません。

顔を合わせることで不満も言い合うかもしれませんが、その不満をきちんと聞くことで、遺恨も残りにくくなります。

お互いに非があればともかく、自分の都合で別れを告げる場合、相手の不満も聞いてあげましょう。男性は不満を吐き出すとすっきりするため、それ以降は関係もなくなりやすいです。

もしも一方的に別れを告げたらどうなるか、そして会うとしたらどんな場所がいいのか、この2点についてご説明いたします。

勝手な別れは逆効果!?メールでは相手に恨まれることも

「顔を合わせてもケンカしそうだし、それならメールでお別れを伝えて、アドレスを変えればいいや」と思っていませんか?こうすれば、その後は音信不通のまま…とは限りません。

一方的に別れを告げられると、男性はその理不尽さに我を忘れてしまい、自宅や会社に乗り込んでくるかもしれません。そうなると周囲にあなたの悪評が広がり、実生活にも影響します。

もしも顔を合わせて言いたいことを伝え合い、そして別れを決められたのなら、こうしたことは起こりません。

なお、男性は一度怒るとなかなか収まらないため、家に乗り込んでくるだけでなく、暴力を振るわれる可能性もあるでしょう。どんなに優しい男性でも怒らせるのはNGなので、最後に顔を合わせておき、今後のトラブルを阻止してください。

「でも、二人っきりで話していると、結局はケンカになりそう…」と不安なら、会う場所を少し考えてみましょう。

人目があれば安心?別れを告げるのに最適な場所とは

顔を合わせて別れを持ちかける場合、以下のような場所だとお互いが冷静になれます。

  • 喫茶店
  • 公園

上記のような『人通りがそれなりにあるけどわりと静かな場所』であれば、落ち着いて話せる上に怒鳴ったり泣いたりしにくいため、冷静に別れ話を終えられるでしょう。

自宅などで二人っきりならつい感情が出やすいですが、人の目があればかなり抑えやすくなるため、相手だけでなく自分のためにもなります。騒がしすぎると逆に伝えにくいので、『人目はあるけど静かな場所』を用意しましょう。

「もう別れる相手なのに、面倒くさい…」と思うかもしれませんが、最後だからこそ綺麗に別れましょう。『立つ鳥跡を濁さず』と言うように、別れが綺麗だと気分も晴れやすいです。

別れるときにも役立つ?感謝の言葉を相手に伝えよう

男性と付き合っている最中は、お互いが感謝の気持ちを伝えているしょう。これはとても大切なことですが、実は別れる際にも重要なのはご存じですか?

別れる際に「あなたのおかげでとても有意義な恋愛ができた。本当にありがとう」といった感じに伝えられると、男性は冷静にその言葉を受け止めます。お礼を言うくらいの余裕を見せつけると、男性も諦めがつくのです。

男性も感情的な相手にはムキになってしまうように、冷静で余裕がある相手の言葉は、きちんと受け取ろうとするのですね。

「本当は相手に不満があるけど…」と思っていても、この場はしっかりと抑えてください。不満をぶつけられると誰もが不愉快になるように、感謝を伝えられると誰もが満足するのです。

なお、最後だから暴言を吐いたり、相手に復縁を期待させたりしないように、お礼を言うにしてもちゃんと冷静になりましょう。

暴言は絶対にNG!別れる際に憎しみは持たせないように

相手に不満があって別れるなら、「最後に全部不満をぶちまけてやる!」と考えるかもしれません。すると暴言を吐き出したくなるでしょうが、暴言は絶対にダメです。

暴言を吐いてしまうと、男性が「こっちだって我慢してたのに!」と不満が爆発し、女性よりもきつい罵倒をしてくるかもしれません。また、男性は一度怒ると止まらなくなるため、暴力も含めたケンカになりやすいでしょう。

女性に暴力を振るう男性は論外…と言いたいところですが、相手に暴言を吐いて怒らせた場合、女性側の問題も指摘されてしまいます。

暴言はお互いにリスクがあるように、別れ際の言葉としては最低です。暴言を吐きたいなら友人や家族にあとで愚痴ればいいので、別れる相手に対しては綺麗な言葉だけを使いましょう。

ただし、あまりにも気を遣いすぎてはっきりしないと、男性側にあらぬ期待を抱かせます。

未練を残さないためにも復縁を期待させたくない理由

最初にも書いたように、男性はとても未練がましいです。「もしかしたら、あとでやり直せるかも…」なんて思われてしまうと、ずるずると関係が続くかもしれません。

よって、別れ話を成立させるなら、以下のことを満たしておきましょう。

  • 暴言は吐かないものの優しくはしない
  • もう恋愛感情は抱けないと伝える
  • 最後は「さようなら」と言う

付き合っている最中は、帰るときに「またね!」と伝えるように、別れるときは「さようなら」と伝えるのが大切です。

たかが言葉と思うかもしれませんが、言葉一つで相手を怒らせてしまうように、最後に伝える言葉次第で別れも実感させられます。

未練がましい男性は立ち直るのにも時間がかかるため、この場はきっぱりと別れを伝え、そして早く立ち直ってもらいましょう。

夫婦の場合はもっと大変?離婚するならしておきたいこと

これまでに説明した内容は『恋人同士の別れ』を想定しています。もちろん『夫婦の別れ』でも役に立つのですが、夫婦の場合は恋人同士に比べると大変です。

恋人関係には法的な制限はありませんが、夫婦ならば法律が関わる間柄なので、口頭のみでの別れは成立しません。だからこそ結婚する際は慎重に判断し、仮に別れる場合もしっかりと準備をしましょう。

とくに両親と同居していたり、子供がいたりする場合は、スムーズに離婚が成立しないこともあります。

嫌なのに夫婦を続ける必要もありませんが、恋人ほど簡単にいかないのは覚えておきましょう。恋人と同じような感覚で結婚した場合、別れるときが大変ですね。

離婚しないのが一番ですが、もしも離婚する場合、これから書くことを覚えておきましょう。

勝手に出て行くのはダメ!夫婦が別れるなら話し合いたい点

まれに「もう我慢できないから出て行く!」と感情に任せて飛び出す人もいますが、それでは離婚は成立しません。そんなことをしてしまえば、困るのは自分でしょう。

きちんと離婚を成立させるなら、最低でも以下のことは話し合っておきましょう。

  • 子供の親権
  • 財産の分与
  • 養育費や慰謝料の支払い

こうした点をきちんと決めておかないと、結局はあとで呼び出されることになります。

子供のこともそうですが、お金に関わる話もあるため、自分が生きていくためにも前々から話しておきましょう。このような話がスムーズに終われば、結果として離婚もすぐに成立します。

なお、今は『予めお互いの財産の範囲を決めている夫婦』もいるように、結婚前から分別しておくのもいいでしょう。

どうしても別れられない夫婦は離婚調停をお願いしよう

二人で話が終わればそれが一番ですが、恋人同士でも一悶着起こるように、夫婦の離婚もスムーズに進まないことがあります。その場合、『離婚調停』をお願いしましょう。

離婚調停は家庭裁判所に申し立てることで実行でき、調停員の立ち会いの下で話し合いができます。裁判に比べると強制力は弱いものの、第三者の意見も聞きながら話ができるため、ケンカばかりの夫婦でも冷静に進めやすいでしょう。

離婚調停はさほど費用もかからず、調停が成立すればそこで離婚も成立するため、相手が別れてくれないなら相談してみましょう。

離婚調停が不成立になると裁判をしなくてはいけませんが、裁判となれば相手にも大きな負担を強いるため、それも含めて離婚調停は役立ちます。

できることなら離婚調停を成立させ、夫婦の別れを綺麗に終わらせましょう。

別れたあとは前向きに!終わった関係はこう考えよう

未練を持ちやすいのは男性ですが、女性とて未練がないとは限りません。むしろ相手とのよい思い出があれば、「別れることはできたけど、やっぱりつらい…」と沈み込むこともあるでしょう。

ですが、男性と別れたあとこそ明るくなってください。

男性と別れたあとは、それまで恋人や夫に割いていた時間が、全て自分の思うままになります。その時間を落ち込んで過ごすよりも、新しい出会いを求めたり、別のことに打ち込んだりすれば、人生がもっと輝くでしょう。

恋人との別れや夫婦の離婚は人生の終わりではなく、そこから新たなスタートが始まります。

いつまでも未練を持つ女性よりも、前向きな女性のほうが魅力的です。別れたことによる利点をしっかりと受け止め、人生を楽しく再スタートさせましょう。