• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性は失恋でどんどん美しくなる!失恋を前向きに捉える方法

shutterstock_415653481

女性は男性以上に恋愛に対して真剣なので、『失恋』に直面すると深く傷付くかもしれません。そうした経験も今後の人生に活きてくるのですが、最初は「それでも目の前の事実がつらい…」と考えるでしょう。

ですが、失恋から立ち直る方法はたくさんありますし、立ち直ることでより一層強く、そして女性は美しくなるのです。失恋を前向きに乗り越えるため、その対処法を学んでおきましょう。

失恋にも種類がある?恋はどのようにして終わるのか

一つの恋が終わることを失恋と呼ぶのですが、その形はさまざまです。

  • 片思い中に振られる
  • 付き合っている最中に振られる
  • 付き合っている最中に自分から振る

失恋の形はさまざまであるように、むしろ恋が終わることですっきりする可能性もあります。

たとえば「勢いに任せて付き合っているけど、全然魅力的じゃないし、別れたい…」と考えるなら、自分から振ってしまうほうがすっきりします。全ての失恋が悲しいものとは思わず、場合によっては「これは前に進むための原動力だよね!」と割り切ってしまいましょう。

そうした失恋ならば、立ち直るのに苦労はしません。問題は「好きだったのに、失恋した…」という状況でして、こうなるとちょっとやそっとでは解決できないでしょう。

悲しい失恋から立ち直りたいのなら、今回お教えすることは大きな助けとなるので、ぜひ最後までお読みください。

打ち込むべきことを見つけよう!失恋の喪失感に立ち向かう

恋人を失うと、胸の中にぽっかりと穴が空いたような気分になりますよね?こうした喪失感は人を無気力にさせますが、それに甘んじるだけではいけません。

失恋直後は「なにもしたくない…」と思うでしょうし、少し休むことも必要でしょう。しかし、なにもしないままだと余計なことを考えやすく、さらに暗い思考に陥りやすいのです。

暗い思考が脳を支配し続けるとうつ病になりやすく、失恋がきっかけで自傷行為を始めた…なんて事例は珍しくありません。

よって、失恋して少し経過したら、「とりあえずなにかしよう!」と立ち上がるほうが良いです。喪失感はやりたいことを見失わせるものですが、『しなくてはならないこと』や『してみたいと思っていたこと』なら比較的簡単に見つかるはずですよね?

失恋した女性はどんなことに打ち込むべきか、主な例を挙げていきます。

失恋中に最適?仕事に打ち込むとつらさも忘れる

女性にとって恋愛が大事なのは事実ですが、『仕事』をしなければ生きていくためのお金も稼げませんよね?

よって、失恋中でなにかに必死に打ち込みたいのなら、普段も行っている仕事に注力してみましょう。

普段は生きるために渋々働いているかもしれませんが、そんな仕事でも集中して打ち込むと、失恋から気が逸れるでしょう。しかも集中は仕事効率をアップできるため、そのまま収入まで増えるかもしれません。

恋愛に浮ついていると仕事に手がつかないものですが、そんな恋愛が終わったのなら、いっそのこと仕事に生きると考えてみましょう。

すると目の前の仕事がどんどん片付くし、そうなると職場の人も評価してくれて、昇給だけでなく出世街道にも乗りやすいです。

バリバリ仕事ができる女性は男性から見ても魅力的なので、仕事に打ち込むことが新しい恋につながるかもしれませんね。

新境地を開拓!?失恋後に習い事や趣味に打ち込む利点

仕事に打ち込むだけでも全然違いますが、「どうせなら恋愛とは違った新しい刺激が欲しい…」と考える場合、以下のことは有効です。

  • 趣味に打ち込む(ゲームや読書、運動など)
  • 習い事を開始する(料理教室や音楽、ヨガなど)

人間というのは常に新しい刺激に飢えており、刺激を感じると余計なことを考えなくなります。

つまり失恋中に趣味や習い事を新しく始めることで、「これってこんなに楽しいんだ!?」と気付き、恋愛のことも眼中になくなるのです。新しい刺激というのは、いくつになっても楽しいですからね。

なお、趣味や習い事を失恋の穴埋めに活かすなら、「本当にやってみたいか?」という自問自答が大切です。好きじゃないことを無理に開始して挫折すると、さらに思考が暗くなるのに注意してくださいね。

感情を発散させよう!塞ぎ込むと失恋がもっとつらく?

自立した女性の場合、つい「失恋しちゃったけど、泣きわめくのはみっともないし…」と考えてしまいやすいです。

それは立派なことかもしれませんが、失恋中に限っては逆効果な強がりでしょう。

感情的なトラブルを起こす人には「普段は我慢してるけど、限界を迎えたら手をつけられない…」というタイプが多いです。つまり、外に出したい感情を我慢するほど大きなトラブルになりやすく、そうなる前に発散するほうが健全ですね。

私たち日本人は小さな頃から我慢の大切さを学ぶ反面、やり場のない感情を発散することはなかなか学べません。

よって、大人の女性でも失恋から立ち直るのが難しく、感情の抑圧が立ち直れない原因になりやすいのです。もしも普段は落ち着いている人でも、「失恋中くらいは…」と自分をさらけ出すようにしましょう。

失恋によって生じた感情はどのように発散するか、その代表的な方法を説明していきます。

思いっきり泣こう!涙を流せばストレスも綺麗になくなる?

大人になると、体面もあってかなかなか泣けない…のですが、失恋して涙が浮かんでくる場合、思いっきり泣くほうが良いでしょう。

女性にとって泣くという行為は、ストレス解消効果が男性よりも大きいとされています。よって、失恋して泣きたいなら我慢すべきではありませんし、涙を見られたくないなら一人のときに思いっきり流しておきましょう。

なお、一人で泣くのがつらいなら家族などに甘えて、ときには胸を借りることも大切です。

おそらく多くの人は失恋したとき以外にも泣いたことがあると思いますが、そのあとはどうでしょうか?大半の人は「泣いたらすっきりしたかも…」と答えるように、失恋による悲しみも涙と一緒に流されていくのでしょう。

泣くという行為を子供っぽいとは思わず、泣きたいときは泣き、自分に正直に生きてください。

誰かに受け止めてもらうと失恋の悲しみも消える?

失恋の悲しみを自分一人で消化できない場合、友人や家族を誘い、以下のような方法で感情を受け止めてもらいましょう。

  • 思いっきり愚痴る
  • 力一杯カラオケで歌う

自分一人で処理できるならともかく、悲しみというのは一人だと持て余す人も多いため、その感情を受けて止めてくれる人に思い切ってぶつけてみましょう。

先ほども書いたように、大人になるとつい「これは私の問題だから…」と一人で抱え込むことが多いです。しかし、悲しみは他人と共有することで随分と軽くなるため、信頼できる人がいたらお願いしてみましょう。

ただし、感情を受け止める側は決して楽ではありませんから、自分がすっきりしたらきちんとお礼を言い、あまり引きずらないようにしてください。何度も何度も愚痴っている場合、愛想を尽かされてしまうかもしれません。

古い失恋も忘れられる!?新しい恋を始めてみよう

失恋してしまうと「もう怖くて恋ができない…」と怯えてしまうかもしれませんが、失恋したからこそ「新しい恋を探そう!」と考えるのも大切です。

『女性の恋愛は上書き保存』と表現されるように、女性の多くは『新しい恋が始まるとそちらに夢中になって古い恋を忘れる』という特徴があります。失恋がなかなか自分の中で消せないなら、新しい恋で埋め尽くすのも手というわけです。

最初でも軽く触れましたが、失恋から立ち直るなら前向きな思考が必須なので、新しい恋というのは大変合理的ですね。

それこそ、新しい恋を始めるためなら「よく考えると、元カレってそんなにいい人じゃなかったよね…」と、古い恋を踏み台にしても構いません。それくらい、未来志向というのは大事なのです。

もしも新しい恋がまだ見つかっていないのなら、これからお教えすることを参考にしてください。

女性の恋活はお得!?どんどん参加したいサービスについて

「新しい恋がしたいけど、なかなか相手が見つからない…」とお悩みの場合、以下のようなサービスに参加してみましょう。

  • 婚活パーティー
  • 出会い系
  • アドレス交換サイト

こうした男女の出会いを斡旋するサービスの多くは、女性側の利用料が極めて安くなっています。

男女による収入格差なども考慮してのことでしょうが、やはり男性のほうが異性を求める欲求が強いため、そちらに多めに負担してもらうのは当たり前ですね。

たとえば5000円の参加費用が必要な婚活パーティーがあるとすれば、女性は2000円から1000円程度で参加できる場合が多く、お得に恋活ができると言えます。もちろん、無料で出会いを応援するイベントもあるでしょう。

サービスによっては特定の職業や年齢に該当する男性が集まるため、理想のタイプがあれば参考にしましょう。

まずは勇気が必要?新しい恋に踏み出せない人へ

女性からすると出会いのチャンスに溢れる現代社会ですが、それでも「なかなか新しい恋に踏み出せない…」と悩む人はいませんか?

迷いを抱えて前に踏み出せないなら、以下のようなことをして勇気をもらいましょう。

  • 失恋の原因をまとめて次は失敗しないように計画を立てる
  • 前向きな名言をチェックして自分を奮い立たせる
  • 思い出の品を思い切って処分する

新しい恋のチャンスを得られるのは『勇気のある女性』なので、ときには思い切った行動をしたり、偉大なる先人の言葉に耳を傾けたりすると良いでしょう。

勇気を持つためには『きっかけ』が必要であり、上記はあくまでその一例です。「自分を縛り付けている要素はなにか?」と意識すると、勇気を出すために必要なことが見えてくるでしょう。

恋愛に慎重な男性だって勇気を持って相手を探すのですから、恋愛強者ともいえる女性も負けずに頑張ってくださいね。

いざとなったら時間経過に頼るのもアリ?

ここまで説明したコツを理解してもまだ失恋がつらいのなら、いっそのこと時間経過に任せるのも手でしょう。

人間はつらいことや悲しい出来事に対応するため、時間経過と共に悲しみを風化させていきます。よって失恋当初は「もう死にたい…」と思っていた人でも、数日ほど経過したら「そろそろ頑張らないと…」と切り替わることがあるでしょう。

たとえば大切な人が亡くなってもいつかは立ち直っているように、人間の悲しみに対する耐性は、本人が思う以上に高いのです。

もちろん風化するまでの時間は人それぞれですが、焦らずとも強くなれるのは間違いありません。「私は弱いから、失恋にも勝てない…」なんて思わずに、普段通り生きてみて、じっくりと時間経過を待ちましょう。

気付いたらほかにしたいことが見つかったり、好きな人と出会ったりするかもしれませんね。

新着記事

1 / 41234