• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

相手を傷つけずに振る方法!気持ちをしっかり伝えることが鍵

shutterstock_363262214

男女関係は常に移ろうように、ときには相手を振ることもあるでしょう。とくに告白されたことが多い女性は、「いつも振り方で悩んでる…」とため息を漏らします。

女性は男性よりも告白されやすいため、振り方を学ぶ必要性は高いです。もちろん恋人を振る方法も大切なので、人間関係を円滑にするためにも覚えておきましょう。

振り方がまずいと大変!?円満に男性と距離を取る

男性を振る際にその方法がまずいと、さまざまな問題につながります。

  • ケンカになってしまう
  • 相手がストーカーになる
  • 暴力事件にまで発展する

振られた男性が逆上してケンカになったり、ストーカーになったりするケースは珍しくありません。

とくにモテる女性の場合、男性を振る回数も増えてしまい、必然的にトラブルも起きやすくなります。「異性にモテるのって羨ましがられるけど、実際は大変…」と話すのには、こうした背景があるのです。

女性と違い、男性は一度感情的になると暴走しがちなので、振る方法も大切です。お互いが理知的に離れられるように、その具体的な振り方を学んでいきます。

好きでない相手を振る方法について

もしも好きな男性に告白されたら、こちらとしても喜んで受け入れるでしょう。ですが好きでない男性に告白された場合、上手く振らないといけません。

好きでない相手なら適当にあしらえばOK…と言いたいところですが、こんな場合でも綺麗に振ってあげましょう。

もしも高圧的に振ってしまった場合、相手はあなたに対してよい感情を持ちません。すると「あの子はとても可愛いけど、性格は最悪だった…」という噂を流されてしまい、あなた自身の評価を落としてしまいます。

逆に振るときも丁寧に応対した場合、男性は「振られたけど、本当にいい子だった」とよい思い出にしてくれて、あなたの評価も損ないません。

振った相手だけに嫌われるならともかく、周囲の人間にまで嫌われると大変です。好きでない相手の振り方でも、しっかりと心得ておきましょう。

ほかに好きな人がいる女性は諦められやすい?

男性を振る際、「ほかに好きな人がいるの…」というフレーズは、基本的ながらも大変有効です。

男性の心理として顕著なのは、『自分と深い関係になってくれない女性には冷たくなる』というものです。少し自分勝手にも見えますが、この習性を利用することで、相手もあっさりと諦めてくれるでしょう。

男性は好きな女性の身も心も手に入れたがるため、すでに心が別の男性に奪われていると、高確率で諦めてくれます。

本当に好きな人がいればそのまま伝えればいいですし、仮に好きな人がいなかったとしても、『相手を傷つけずに振れる優しい嘘』だと割り切りましょう。

嘘はよくない…これは事実かもしれませんが、社会人になると建前と本音の使い分けが必須です。建前はときに嘘も混じってしまうため、あまり気に病むことはありません。

恋愛に興味のない女性は男を寄せ付けない!?

告白してきた男性を振るということは、相手に興味がないのと同義です。ですがそれをストレートに伝えると角が立つため、『今は恋愛自体に興味がない』と伝えるのもいいでしょう。

近年はがっつかない草食男子が増えたように、女性にも「恋愛よりも別のことが大切」という人が増加しています。そこで恋愛自体に興味がないと伝えれば、相手男性も「この子に言い寄るのは無駄だな…」と思うでしょう。

この振り方を実践する場合、注意すべきは「いつか恋愛に興味がわくまで待つよ」というタイプの男性です。

男性は無理だと分かるとすぐに引く人が多いですが、たまに我慢強い一途な人もいます。そういう人に「今は恋愛をしたくない」と言えば、相手は待とうとするかもしれません。

そのため、振る方法としては先ほど説明した「好きな人がいるの」のほうが効果的です。恋愛に興味がないと伝えるなら、手の早そうな男性にしておきましょう。

恋人関係にある男性を振る方法について

告白してきた男性を振るのは、慣れてくると難しくありません。しかし『恋人関係にある男性』を振る場合、一筋縄ではいかないでしょう。

恋人関係を解消するのは、離婚に比べると簡単です。しかし痴情のもつれがさまざまな事件を引き起こすように、たとえ恋人同士でも言葉を間違えれば、最初に話したようなトラブルにつながります。

とくに「もう自分は相手に興味がないけど、相手はまだ私のことを好きでいる…」という場合、簡単には別れてくれないでしょう。

そのため、恋人男性を振る場合、ときには時間も必要です。昨日今日で円満に別れられるケースは、かなり珍しいと思ってください。

とはいえ、恋人関係を綺麗に終わらせる方法もちゃんとあります。新しい恋愛や趣味に生きたいならば、恋人だった男性とも前向きに別れてください。

相手に時間が割けないことをやんわりと伝えよう

男性と付き合っていれば、その人のために時間を割くことも多いですよね?そこで、「別のことに集中したいから…」と別れを告げましょう。

たとえば難しい資格の取得を目指すなら、勉強に集中しないといけません。そうなると相手との時間が取れず、すれ違いが発生してしまうため、お互いのために前もって別れるのです。

男性は一つのことに集中したがる傾向が強いため、女性がこのように申し出てくると「自分との時間はもう取れないんだな…」と諦めてくれやすいです。

ここでストレートに「あなたとの時間は取れないの」と伝えたら、やはり角が立ってケンカになります。しかし「どうしても集中したいことがあるの」と違う言葉に言い換えれば、男性も「それなら応援してあげないと」という気分になるのです。

同じような意味合いでも、使う言葉によって受け取り方が異なる…これは日本語でコミュニケーションを取るなら、絶対に忘れないでください。

自然と心も離れる?相手を振るなら徐々に距離を置こう

相手を上手く振る場合、言葉は欠かせません。ただ、言葉以外にも態度も重要であり、自然と別れるなら徐々に距離を置いてみましょう。

具体的には、以下のような行動を取ってください。

  • メールの返信を遅らせる
  • デートの誘いなどを断り続ける
  • 会話でも少しだけ素っ気ない返事をする

こうした態度を続けていくと、男性も「もう好きじゃないのかも…」と思い始め、自然と心も離れていきます。

するとこちらが別れ話を出しても、すんなりと了承してくれやすいです。少し冷たい方法にも見えますが、相手の心が自分から離れるように振る舞うのも、傷つけないための優しさですね。

ただし、急激に距離を置こうとすると、相手が必死になるかもしれません。自然と別れるような方向に持っていくなら、じっくりと態度を変えてください。

こんな振り方はNG!?男性を感情的にしない方法

先ほども書きましたが、普段は理知的な男性とて、感情的になるとなかなか止まれません。女性は感情の中にも理性を持ち込めるのですが、男性はどちらかしか表せないのです。

したがって、『NGな振る方法』を実践すると、あなたの身に危険が及びます。

暴力事件の多くは男性が引き起こすように、カッとなったときに止まれないのが特徴です。普段はあなたに優しくしてくれる男性でも、間違った振り方を突きつけた場合、相手が豹変することがあるでしょう。

「あの人は優しいから、なにを言っても大丈夫!」と考えている女性は、少し男性のことを知らなさすぎるのですね。

こう書くと「男性って怖い…」と思われますが、こちらが相手の神経を逆なでしない限り、女性相手ということでちゃんと抑えてくれます。

そんな神経を逆なでする危ない振り方についても、きちんと理解しておきましょう。

罵倒は厳禁!?不満があっても振るときは穏やかに

これまで付き合ってきた男性に対し、不満を抱えていませんか?女性は我慢することが多いため、「もう別れて他人になるし、最後に全部ぶちまけてやる!」と考えるかもしれません。

ですが、相手を振って他人同士に戻るからこそ、穏やかに語りかけてください。

恋人同士で長く過ごすと、相手も多少なりとも不満はあります。そんなときに女性が男性を罵倒すると、すんなり別れてくれるどころか相手を激昂させてしまい、口だけでなく手や足も出るかもしれません。

他人への悪口は実にならないと言われるように、別れる相手への罵倒もプラスには働きません。

ここで罵倒せずに別れを伝え、それでいて感謝の意も表明できれば、綺麗に振りやすいです。相手への罵倒を抑えるのがつらいなら、別れたあとに親しい相手に愚痴らせてもらいましょう。

罵倒はいつでもできますが、振るときは口に出すべきタイミングではありません。

未練がましい男性に注意!復縁のチャンスは与えない

女性と別れるとき、男性は強がる生き物なので、「別に寂しくないよ」と口では言うでしょう。しかし、男性は失恋を吹っ切るのに時間がかかるように、未練がましい男性もそれなりにいます。

もしも相手が未練がましいタイプなら、復縁を期待させてはいけません。

相手を振る際、「本当はまだ好きだけど…」と話す女性が多いです。これは相手を傷つけないための配慮かもしれませんが、男性はそう言われると「それなら復縁できるかも…」と考えてしまい、ずるずると関係を続ける原因になるでしょう。

はっきりと別れを告げないと、相手がしつこく絡んでくるだけでなく、下手をするとストーカーになるかもしれません。

相手を振ったのならば着信拒否にしたり、会ったりしないようにしましょう。男性の傷心状態は長く続きますが、いつかは終わり、そして別の女性を追い求めるのです。

相手を振るなら後腐れなく!未来志向の恋愛をするには

振る方法というのは、真面目に考えると頭が痛くなるでしょう。それくらい人間関係の扱いは難しく、恋愛自体が嫌になるかもしれません。

ですが、相手を振る上で大切なことは、思いのほかシンプルです。

気持ち良く振る方法の基本は、『後腐れなく』です。たとえ男性を振ったとしても、相手が同僚などであれば、嫌でも顔を合わせますよね?そんなときに後腐れがないと、軽い挨拶くらいなら普通にできます。

あなたが生きている世界は広いようで狭く、振った相手との再会なんて珍しくありません。

だからこそ、自分も相手も未来志向の恋愛をするなら、振る方法も大切なのです。振る、なんて書くと少し後ろめたく感じますが、こういうときこそ前を向けるように配慮し、お互いの新たなスタートにしましょう。