• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

態度や仕草で分かるようになる!男性心理を知って恋愛上手になる方法

shutterstock_483318208

男性の多くが「女心は分からない…」とぼやくように、女性も「男性心理ってどうなってるの?」と首をかしげるでしょう。それくらい男女での心理差は顕著であり、この違いがときにケンカの原因にもなるのです。

しかし、男性心理を理解した女性は、恋愛においても強者となれます。男性心理の全てを受け入れる必要はありませんが、もしも理想の相手を探したいのなら、その構造を知っておいて損はしません。

恋愛で活きる?男性心理を知ることの利点とは

最初にも触れたように、女性から見た男性心理というのは、とても不可解で受け入れられないかもしれません。ですが、男性心理を理解して恋愛に活かすと、以下のような利点があります。

  • 自分を好きになった男性を見抜ける
  • 脈なしの相手に気付ける
  • 結婚後の夫との関係に活かせる

多少悪い言い方をするとしたら、『男性心理を理解すれば、手のひらで転がしやすくなる』というのが事実ですね。

男性というのは多くがリードしたがるものの、男性に任せっきりだと暴走することも多いです。その際に男性心理を理解した女性ならば、男性に任せるように見せかけつつ、自分に都合のよい方向へと導けるでしょう。

つまり、恋愛関係において常に有利に、そして理想の相手を作るために重要なのが、今回のテーマである男性心理です。そんな男性心理はどうなっているのか、それを次項より説明します。

ほとんどの人に共通?男性心理の基本構造

男性にもそれぞれで性格があるように、男性心理を理解しただけでは思うようにいかないこともあります。ただ、性別で分かれてしまった以上、男性心理の基本はほとんどの人に当てはまるでしょう。

たとえ本人が隠そうとしても、男性である以上は男性的な特徴が垣間見えます。それこそが男性心理の表れであり、これを見逃さないことで『男性からのサイン』を理解できるでしょう。

逆に言えば『女性も知らず知らずのうちに心理を表している』ので、思慮深い男性ならば早々に見抜かれるかもしれません。

とはいえ、女性に比べると男性は心理状態に無頓着ですし、それでいてストレートに心理を表現するため、女性同士のコミュニケーションよりも分かりやすいでしょう。

そんな男性心理の基本を学び、より良い関係を作ってください。

意外と単純!?男性心理は分かりやすい

先ほども書いたように『男性心理は女性に比べると単純明快』であり、以下のような行動からもすぐに分かるでしょう。

  • 好きになったらすぐに付き合おうとする
  • 興味がないとすぐに距離を置く
  • 女性よりも性欲に正直

男性の恋愛は早熟タイプとも呼ばれ、一目惚れから一気に燃え上がるものの、一度冷めるとあっという間に鎮火するようなイメージですね。

これは一見すると大変身勝手なのですが、こうした男性の基本構造を理解しておくと、『相手が盛り上がっているうちに恋愛関係になる』ということも簡単です。

女性は逆に火がつくまで時間がかかるので、グイグイくる男性は苦手な人も多いでしょう。しかし、もしも相手が理想のタイプに近い場合、冷めない程度の距離を保てば、お互いが夢中になるかもしれません。

ただ、全てが単純そうに見える男性でも、ときには驚くほど冷静な面を見せます。

実は合理的?男性心理から分かるその価値観

「男性は単純だから、盛り上げればすぐに乗ってくれる」…こう考えるかもしれませんが、実は『合理的』な一面も強く、これは以下のような形で垣間見られます。

  • 思い出より残るものを優先
  • 仕事とデートが重なると仕事を選びやすい
  • 記念日を軽視する

上記の点を見ると分かりますが、男性の合理的な思考というのは、ロマンを求める女性と相容れない面があり、「どうして分かってくれないの!?」とケンカしやすいです。

男性は「大事なことから優先すべきだし、記念日は覚えているだけでも十分でしょ?」と本気で考えているため、この合理性を受け入れられないと、男性心理を理解しても活用できないかもしれません。

もちろん女性側ばかりが折れる必要はないものの、この心理状態による温度差もきちんと理解し、『どうして必要なのか?』を説明してあげましょう。合理的な思考というのは、こちらも理詰めで攻めれば納得するのです。

予想以上にストレート!?男性心理から分かる好意のサイン

男性心理を理解する上で最も重要なのが『こちらを好いているかどうか』というもので、基本的には好きでいてくれる男性と付き合うのがよいでしょう。

片思いのまま付き合おうとするのも良いですが、両思いのほうが恋愛は報われやすく、一方通行の恋愛はときに過激な発想につながります。幸いなことに『自分のことが好きな男性』は見抜きやすいので、できるだけ両思いになれる人を探しましょう。

男性心理による『好きな相手への態度』というのはとてもストレートなので、男性心理に鈍感な人でも気付くかもしれません。

ただし、好意に気付いたからといって『好きになれそうにない男性』と付き合うのも間違いなので、大切なのは『自分にとっても素敵な人が好意を持ってくれているか?』ということですね。

では、男性は好きな相手にどんな行動を見せるのか、それを見ておきましょう。

好きな人には優しくしたがる男性の心理状態

これは女性にも共通していますが、男性は『好きな相手にはとにかく優しくしたがる』という特徴があり、その度合いは女性以上に分かりやすいものとなっています。

たとえば、以下のような行動はその典型例ですね。

  • 力仕事などは率先して替わってくれる
  • 食事の際は奢りたがる
  • 体調の変化を察知して気遣う

女性の場合は『ちょっと仲良しな人』でも優しくすることが多いものの、男性の場合は『本当に好きな人』を優先するのが最大の違いですね。

なので、いつも優しくしてくれる男性がほかの人にはさほど優しくない場合、あなたを好きな可能性は高めです。ただ、優しくされっぱなしだと男性も冷めてしまうので、両思いなら適度にお礼をしましょう。

逆に好きじゃない場合、丁寧に断るのも優しさです。

二人っきりになりたがる男性との対処法

女性からすると『男性と二人っきり』という状況は、少し不安もあるでしょう。とくにまだ恋人でもない場合、警戒するのは当然です。

ですが、男性の場合は『エッチなことがしたいわけじゃなくとも、好きな女性とは二人っきりになりたがる』という心理があるのですね。

男性は意外とシャイなので、好意を表すときも二人っきりじゃないと素直になりにくいです。なので告白するときも二人っきりになりたがるため、信頼できる相手なら空気を読んであげましょう。

これはデートのときも同じで、二人っきりのデートに誘われている場合、大抵は好かれている証拠です。

それなのに「友達も誘っていい?」なんて聞くと、男性側はかなり冷めてしまいます。仮にOKしてくれたとしても、そのデートが楽しいとは限りません。

逆に、好きじゃない男性からしつこく誘われているなら、友達同伴を絶対条件にすると安心ですね。

好かれてなくても分かりやすい?男性心理と片思い

好きな相手に対して分かりやすい男性心理ですが、逆の場合も同じです。

もしもこちらのことを好いていない場合、男性の態度はかなり分かりやすいでしょう。

女性は好きじゃない相手とも程よくコミュニケーションが取れますが、男性は違います。興味のない異性に対しては極端な態度を取ることが多く、これも男性心理の分かりやすさを表していますね。

男性はちょっと気になる女性でも好意的な態度を取るため、もしも『好かれていないサイン』を見せられたら、異性として見られていない可能性もあるでしょう。

そんな男性に対して片思いをしても、報われないケースが大変多いです。それどころか相手が女性慣れしている場合、体だけを求められるかもしれません。

好かれていないのを見抜けると、自身の安全確保にもつながります。そこで、男性心理から分かるサインを見抜きましょう。

好きじゃないと目を逸らす?会話中のサインを見つけよう

男性心理としてよくある行動が、『好きな女性をずっと目で追う』というものです。これは大昔の『獲物を目で追う』という狩猟本能から来ているとされ、女性を追うのもその名残ですね。

そうなると、『目を逸らす』というサインは分かりやすいかもしれません。

女性と一対一で会話していると、男性は好きな相手ならその一挙手一投足を見逃しません。しかし不意に横を向いたり、目を合わすことを極端に拒んだりするなら、それは好かれていないサインでしょう。

ただし、ずっと目で追っていて、目が合うと照れて逸らすという場合、こちらは好意があるというサインです。

なので、大事なのは『会話中に違う方向を向くか?』という点ですね。こういう態度が多い場合、その男性とは仲良くなれないでしょう。男性は、興味のない女性の話を聞きたがりません。

誘われても無視!?女性の誘いを断る男性の心理

男性の多くが女性に好意的であるように、女性からのお誘いは基本的に乗り気です。ただし、それも『好意のある女性からの誘いだから』であり、好意が一切ない場合は女性からの誘いでも断りやすいでしょう。

女性の場合は「とりあえず仲違いしたくないし…」と、好きじゃなくても誘いに乗ることがあります。ですが男性心理はこの辺もはっきりしており、興味のない女性からだとあっさり断るのです。

男性は本気で好きな相手だと予定を調整してでも誘いに応じるものの、そうじゃないなら想像以上に淡泊なので、自分の誘いを何度も断る男性なら、早いうちに脈なしだと思いましょう。

女性でもしつこく誘われるのが嫌なように、男性でも興味のない女性に誘われ続けるのは嫌ですし、なにより断るのも気まずいです。『男性が女性の誘いを断るなんてよほどのこと』というのを理解し、今後は距離を置くのがベストですね。

男性心理を覆す?女性からの攻める意味とは

こうした男性心理を理解すれば、今後の恋愛に役立つのは確実です。ただし、「まだ意識はされていないけど、どうしても好きな人がいる…」という場合、女性から攻めてみると変わるかもしれません。

完全に嫌われているならともかく、もしも「まだ意識されていない」という程度なら、女性からデートに誘ったり、告白したりしましょう。自分に好意があると分かれば、男性は一気に燃え上がる可能性もあります。

しつこいのはダメだと先ほども書きましたが、可能性が0じゃない相手の場合、むしろ攻めるほうが突破口が開けるかもしれません。

たとえ男女で心理が違ったとしても、恋愛において立場が強いのは女性のほうです。ときには少しだけ強引にその立場を利用して、意中の人を射止めてみましょう。皆さんに素敵な恋愛が訪れることを、心よりお祈りします。