• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出会いのチャンスをものにする!モテる女性になるためには

モテる女性

「異性にモテたい…」こうした考えは男性だけでなく、女性でも同じです。男性に比べると女性は『相手から告白された』という経験が多いため、意外と『モテるコツ』を勉強しない人が多いでしょう。

しかし、現代では男性も恋愛に冷めているのか、モテるコツを学ばないとチャンスも少ないです。そこで『男性にモテる女性とはどんなものか?』を学び、愛される女性を目指してみましょう。

男性にモテたいなら異性の視点を学ぶべし

「努力はしているのに、全然モテない…」と悩む女性は、『女性目線でしかモテを意識していない』という場合が多いのです。

男性にモテたいのなら、同性に「可愛い!」と評価されるより、男性から評価されないと意味がありません。そうなると、女性目線では空回りすることが多いのです。

ちょっと悪いたとえですが、『出会い系のサクラ役の大半は男性』と報道されているように、『男性が好む女性像はほかならぬ男性こそ理解できる』のですね。

「でも男性の考えていることなんて分からないし…」とお悩みの女性も安心してください。男性の思考は良くも悪くもシンプルなので、女性特有の細やかな気遣いがあれば、モテる女性は簡単に目指せます。

とくに今回はモテに必須な『容姿』『性格』『趣味』の三つの要素に絞って解説するので、魅力的な女性になりたいなら、今日から始めてみましょう。

美少女は必須じゃない!?モテる容姿は努力次第!

『男性にモテる容姿』といえば真っ先に美少女を想像するでしょう。それは間違いではありませんが、そういった天性的なもので全てが決まるわけじゃありません。

美少女や美人がモテるのは当たり前で、女性がイケメンに惹かれるのとほぼ同じ原理です。ですがそんな人は本当に一握りなため、先天的な特徴を恨むよりも、『自分の容姿をどのように変えていくか?』を考えるほうが建設的で確実ですね。

たとえば男女ともに魅力的な人として『清潔感』が挙げられるように、これはあとからの努力と意識でどうとでもなりますね。

毎日お風呂に入ったり、身だしなみを整えたりするだけでイメージは大きく異なり、この時点でモテる女性への一歩を踏み出しているのです。そう考えると「もうちょっと頑張ってみよう!」と思いますよね?

こうした清潔感以外になにが重要なのか、次項よりもっと踏み込んでいきましょう。

敢えて地味に!男性が好む落ち着いた容姿について

女性同士なら細かく着飾った姿が評価されますが、実は男性が好む容姿というのは、想像以上に『地味』なのです。

  • 服装は落ち着いたもの(芋っぽいのはNG)
  • 髪色は黒か黒に近い茶色
  • メイクはすっぴんに近いナチュラルさを大事に

男性の多くは「友達なら別に良いけど、恋人や奥さんにするなら地味なほうが好ましい」と考えているため、着飾れば着飾るほど理想から遠のいてしまいます。

女性からすると「え?そんな格好で良いの?」と思うかもしれませんが、敢えて地味で質素な方針を目指すほうが、結果として好まれやすいです。普段は派手目が好きな女性も、男性にアプローチするならちょっと落ち着いた格好にしてください。

なお、『地味=ダサい』というわけではありません。地味を追求するあまり芋っぽい容姿になると逆効果ですので、まずは『今風の服で目立ちすぎない格好』を目指すと良いでしょう。

雑誌を信じすぎてはダメ!モテたい人こそ独自路線を

先ほども軽く触れましたが、『派手』な容姿というのは、予想以上に男性受けが悪いです。

  • ジャラジャラとした服装
  • 髪色が明るすぎるもの
  • すっぴんが分からなくなるような分厚いメイク

これらは女性誌などでは褒め称えられることが多いものの、同性には人気になれても、異性にモテる女性にはなりにくいですね。

こうした事実から分かるように、『モテるために雑誌を参考にする』のはかなり逆効果なので、流行に敏感すぎるのも考えものです。敢えて独自路線をいき、それでも堂々としている女性のほうが好感を得られるでしょう。

読む雑誌によってその度合いが違えど、地味目なファッションをわざわざ取り上げるメディアは少ないため、モテる容姿を作るなら『着飾る前の自分』をイメージしてください。そうすれば、自ずと道が開けるでしょう。

良い男性にモテるなら内面も!性格を変えて魅力的になる

第一印象の大部分を決めるのは容姿ですが、継続的にモテる女性を目指すなら『性格』は欠かせず、この部分を改善すれば『より良い男性』にもモテやすいです。

容姿が良いだけの場合、遊び相手と見なす悪い男が寄りつきやすいです。もしも「モテたいけど、やっぱり素敵な男性に見つけてもらいたい…」と考えるなら、あなたの内面も見られることを覚えておきましょう。

真面目で魅力的な男性ほど「恋愛や結婚の対象として好ましいか?」を見ており、そうなると容姿だけではすぐに離れていくため、性格も変えていく必要があるのです。

性格は持って生まれたものと思われがちですが、周囲の環境や自分の心がけ一つで変われるため、容姿と同じく努力が重要な部分ですね。それに性格が良くなれば異性だけでなく同性の支持も得られて、容姿以上に磨く価値があります。

自分を曲げるのではなく、「こういう女性になろう!」と前向きに考えていきましょう。

明るさが基本?落ち着きとのバランスで性格を保つ

人間の性格は細かく分類するとキリがないですが、『多くの異性に好かれる内面』というのは限られており、意外と簡単に意識できます。

  • 基本は明るく振る舞う
  • ハイになりすぎない落ち着きを持つ
  • 話す内容もポジティブなものを

『明るい性格』と聞けば誰もが良いイメージを持つように、基本は暗くならないように振る舞い、楽しければ自然な笑顔を浮かべるようにしましょう。

明るいのをハイテンションと間違える人も多いのですが、ハイになりすぎると男性が引きやすく、『根っこは落ち着いている』という性格を目指してください。明るいのに理知的な受け答えができる女性は、間違いなく好かれるでしょう。

どうしてもバランスが難しいと感じたら、『聞き上手』をまずは意識してください。相手の話に耳を傾け、楽しい話を聞いたら笑い、返事を求められたらハキハキと答えてあげましょう。こうすれば、『明るいけどハイになりすぎない性格』と見られます。

悪口は自分にとってもマイナス?陰口は控えよう!

明るい性格が好まれるのならば、嫌われやすい性格はその逆でして、以下のような性格はモテたいなら回避すべきです。

  • 暗い雰囲気を持つ
  • 陰口ばかりを言う
  • 恨み言が多い

人間は悪口ばかり言っているとネガティブな性格になってしまい、モテる女性に欠かせない明るさからどんどん離れてしまうのです。

昔から『悪口はなんの得にもならない』とは言いますが、これはモテなくなるだけでなく、自分自身がネガティブになってしまい、なにをするにしても良いことはありません。

女子会ではその場にいない人の悪口を話す場合も多いですが、こういうノリも男性は好みません。嫌なことがあっても悪口や陰口から始めず、相談するような形で持ちかけるのが良いでしょう。

無理せず増やそう!男性にモテる趣味を始める前に

容姿と性格が十分ならば、次に『趣味』も少し意識してみましょう。モテる女性になるなら、趣味も関係してきます。

たとえば男性の趣味が『スポーツ』なら多くの人が良い印象を抱くように、女性の趣味もモテるかどうかに関わります。「趣味まで口出しされたくない…」という意見ももっともですが、そこは上手く割り切ってください。

モテる趣味を始めるなら忘れないで欲しいのが、『モテる趣味以外は全てやめる』のではなく、『新たにモテる趣味を取り入れてみる』ということです。

趣味というのは楽しくないと続けられないし、嫌々始めても全然上達しないから、モテたいからと無理をしても意味がありません。むしろ無理をしているのが男性にバレると、「そこまでしてモテたいのか…」と引かれる可能性すらあります。

だからモテる趣味を始めるなら「前から興味があったし、男性にもモテるならやってみようかな?」くらいの気持ちでいてください。そうすれば、モテるだけでなく新たな楽しみも見つかるでしょう。

家庭的ならグッド!?モテる趣味の基準について

モテる趣味を大ざっぱに説明するなら『家庭的なもの』であり、これに該当するなら概ね好印象でしょう。

  • 料理
  • 編み物
  • ガーデニング

どの趣味にも共通するのが『結婚後の趣味としても理想的』なことで、男性からのイメージが良くなるだけでなく、実際に家庭生活でも役立つのがポイントですね。

こうしたものは専門の教室もあるように、女性にとって実用的な趣味であるという認識も強いです。時間があって新しい趣味を始めたいと思ったら、家庭的なものから検討してください。

なお、モテるためだからといって極める必要はありません。自分自身が満足できて、尚且つ好きな男性や家族ができたときに活かせるレベルになれば、すでにモテる女性になっているでしょう。

お金がかかりすぎるとダメ?モテるために見直したい趣味

あまりにも趣味に口出しをしてくる男性は、はっきり言って良い相手ではありません。ただ、モテたいなら見直すべき趣味があるのも事実で、それらはお金に絡む場合が多いです。

  • お金がかかりすぎるファッション
  • 濃いメイク
  • ギャンブル

女性が好みやすいファッションやメイクは、度合いによっては男性が倦厭することがあるため、こだわりがあるなら少し見直すと良いでしょう。

ただし『お手軽な値段で揃えられるコーデ』や『ナチュラルな魅力を活かした薄いメイク』はむしろ好ましいため、ファッションやメイク自体を止める必要はありません。『少ない出費と手間でどこまで魅力的になれるか?』を意識する良い機会だと思いましょう。

なお、金額の度合いに関わらず『ギャンブル』はイメージが最悪です。女性でハマる人は少ないですが、興味があったり、すでに嗜んでいたりするなら、可能な限りやめましょう。

モテる女性は価値観の逆をいく!?

モテる女性の特徴を見ていくと分かるように、男性が好む女性像は『現代的な女性の真逆であることも多い』のですね。

性別による価値観の違いは仕方ありませんが、それらを理解して少しでも近づける努力ができれば、それこそがモテる女性です。ゆえに、『モテる女性はときとして価値観の逆をいく』のもポイントですね。

「価値観の逆と言われても難しい…」と感じたら、『昔ながらの大和撫子』を目指すようにすれば比較的簡単でしょう。

価値観は時代によって移ろうため、大和撫子なんて聞くと「そんな古くさいのは嫌!」と思うかもしれません。しかしモテる女性は価値観の違いにも寛容なように、『古き良き理想像』を活かすことができるのです。

大和撫子については検索すればいくらでも情報が出てくるため、それらを参考にしつつ無理をしない程度に男性の理想像に近付いて、彼らの願いを叶えてあげましょう。